新たな発見は・・・・

株式市場は高値圏で推移しています。これらにより投資家のパフォーマンスもやや上向きになっているという話が聞こえてきます。

私は投資成績を横目で見ながら相変わらず研究開発の日々を送っています。ほとんどが室内で過ごしていますので、家族には「引きこもり父さん」と言われています。

別に出かけることが嫌いなのではなく、性格が集中型であるため、何事か始めるとある程度結論が見出せて、納得できるまで追及するタイプの人間なのでしょうか。このような性格は自分自身でもあまり好きではないのですが・・・。

答えのない世界に答えを求めるという矛盾した作業を黙々と続けています。相場の世界には正しい答えがないことは十分理解しているつもりですが、長年、相場の研究を続けていると、ある程度の方向性は見えてくるものです。

私の投資方針は短期売買であるためテクニカル分析が中心であり、この姿勢は今後も変わることはないと思います。テクニカル分析は内部要因を中心に分析する手法であり、その中心は、株価、出来高、信用残です。

一般に、この企業は業績が今後良くなりそうだと多くの投資家が判断し買い付けするわけですが、その買い付けは出来高として現れています。信用取引での売買では、信用残に現れてきます。実際に企業の業績が良くなりそうだと皆が思っていても買い付けする投資家がいなければ株価は上がりません。つまり、出来高や信用残の需給関係により株価が形成されるわけです。

では、出来高や信用残の推移を見ていれば株価も分かるはずではないか。確かにその通りです。株価は出来高や信用残の推移の結果として形成されるものであるからです。

出来高分析では、出来高が非常に少ないところは株価の安値圏ですし、出来高が最大となっているところは、おおむね高値圏となります。また、信用残においても売残の多いところは高値圏であるし、評価損率がプラスになると天井となります。また、評価損率がマイナス15%にも達すると安値圏となります。このように、出来高や信用残の推移は、株価と相関関係にあることが分かります。

しかしながら、出来高の内容を詳細に分析すると、その出来高はクロスであったり、裁定取引のSQの出来高であったりします。正しくは、これらを除外し真の出来高を求めて分析しなければなりません。しかし、これらは現実的な作業ではありません。

また、信用残においては、その数値発表が一週間遅れとなっています。これでは短期売買の投資家にとっては参考になりません。

このようにテクニカル分析において、いくつかの問題やハードルがあり正しく分析できない現状があります。このような状況を嘆いても始まりません。私は常に「与えられた環境の中で最大限の努力をする」を心情としていますので、このような状況下でもベストを尽くすべきと考えています。

そこで、需給関係の結果である「株価」のみで分析できないものかと考え、以前から研究を継続しています。他の投資研究家からは「邪道だよ」と非難されていますが、悲しいかな、偏屈親父の私としては、非難されればされるほど邪道を追求したくなるものです。

この「株価」のみでの分析もかなり長期間研究しています。そして新たな発見もありました。私は評論家ではなく実践者であるため、これらの研究と同時進行で実践売買を行っています。おおむね良い結果が出ています。いずれ機会があれば発表したいと思います。

「新たな発見はひとりの研究者によって行われる」と言われています。私もこれらを目指して日々努力しています。
そこで一言。
『絶対無理だと言われた先にも道はある。確固たる信念と情熱があれば必ず道は開ける。不可能は行動によって可能となる。できるかできないかではなく、やるかやらないかである。人類の偉業の多くは、当初は不可能だと言われていたのだから』

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する