情報化社会の渦

情報や思惑で売買していると、相場が急変した場合などには情報が錯綜し混乱することになります。確かな情報があればと考えますが、間違いない情報はインサイダーの情報ぐらいなものでしょう。インサイダー情報であれば儲けることはできると思いますが、インサイダー情報で売買すると罰せられることになります。

私は情報のあり方について考えてみました。最近はブログやフェイスブック、ツイッターがブームであり、その中身を見ても他愛ない情報が多いようです。それは問題ではありません。友達どうしで情報をやり取りして楽しんだり癒されたりするわけですから大いにツイートすればよいと思います。

浸透したソーシャルメディアは、素早い情報の拡散、自由な情報発信、そして友達とのゆるいコミュニケーションの場を与えてくれる一方で、負の側面も見えてくることになります。

まず、ソーシャルメディアの現在の利用者数は42.9%にものぼるとされている。まさに情報化社会である。情報化社会はブームを引き起こしやすいものです。何かの原因で火がつくと、瞬時に情報が拡散し伝達する。しかし、ブームであるから覚めるのも早い。結局、ブームに乗った人がバカをみることになる。

また、それらの情報を得た人が「テレビで見たんだけと・・・」「ツイッターでブームになっているよ」などと第三者に話をし拡散される。このようにして情報だけが独り歩きして、その情報の根拠が正しいのか誤っているのかの原因追求はなされていない。

投資の世界の情報も同じようなものではないだろうか。我々個人投資家に伝わってくる情報に儲かる情報などあるのでしょうか。あるのは偽情報を流して売り逃げするための情報ぐらいのものでしょう。

私も駆け出しの投資家であったころ「投資とは情報の先取りである」という諺を鵜呑みにして売買を行ったときもありましたが、証券業界の裏側を知ってからは一切情報での売買はやめました。

「証券業界の裏側とは何ぞや・・・」と疑問に思う方もいると思いますが、業界にいる私としても、ここでの記述は差し控えたいと思います。実際に自分で調査して納得するべきです。

何事にも表と裏があります。表裏一体です。それらを踏まえたうえで物事を判断すべきです。棚からぼた餅はありません。これからも投資活動を続けていく考えであれば、現在のような情報化社会の渦に巻き込まれず、自分を見失うことなく投資の基本に則って売買を継続していくべきと考えます。

時代が変わっても変わらないものは、投資の業界ぐらいのものかと考える今日この頃です。

株式投資実践セミナー2017年3月2日(木)~新宿開催

あなたは株式投資でこんなことを悩んでいませんか?

・どの銘柄を買えば儲かるのか
・どのような投資方法が成功への近道なのか
・損しない方法は

もしこのような疑問を抱えている方は
3月2日(木)に新宿で開催する「株式投資実践セミナー」にご参加ください。
ただいま受講料3,000円のところ無料で参加頂けます。

当日は株式投資で2008年以降年間負け無しの柳橋が、 株式投資の基礎的なことから柳橋の投資手法について講義します。

無料セミナーに参加する