悩みの本質

株式市場は上昇を続けている。「国策に売りなし」と言われるように政策的な発表のインパクトは大きい。「国策に売りなし」を素直に好感したようだ。

このようなサプライズでは、大きく儲ける投資家と大きく損をする投資家と分かれる。多くの投資家は買いオンリーであるため、一般投資家は胸をなでおろしているのではないだろうか。

ただ、ここで注意をしなければいけないことは、サプライズはいつもあることではないので、今後の売買を今回のビギナーズラックを基準として判断すると間違いを起こすことになりかねません。追い風は、いつかは逆風となるわけで、くれぐれも今回の収益を自分の実力と錯覚しないように・・・。

さて、持ち株の成績は改善されたものの、今後はどのような対処をすればよいのか、どのように打って出ればよいのか悩むものである。上がれば悩み、下げればまた悩む、このように投資の世界は悩みから逃れられない世界でもある。

そこで「悩み」の本質とはなんだろうかと考えてしまう。そして、そこでまた悩んでしまう。人間は生きている限りや悩みから逃れることはできないのだろうか。

私の考える「悩み」とは・・・。悩みとは不安から来るものであると思う。では、不安は何から来るものだろうか。私は、悩みや不安は「先のことを考え過ぎる」「物事の成否を考え過ぎたりする」ことから起こるのではないかと思っています。

投資であれば「今日、これだけ上げたのだから、明日は利食い売りが出て弱含みになるのではないか」、また、「国策に売りなしなのだから上昇トレンドに入るだろう」などと投資家自身の気持ち中でも反対の考えが交錯する。これがストレスの原因となる。

これが「悩み」であり「不安」である。これらの悩みや不安は先のことを考えるから起こるものであり、もし、明日持ち株を全部処分するとなれば、これらの悩みや不安はなく、夜もぐっすり眠れるだろう。

つまり「悩みや不安は、これから先のことを考えることから起こる」と言っても過言ではないだろう。株式投資は、これから先の企業業績の好転を見込んで先回りして投資を行うものである。

つまり「これから先・・・」のことであるから、投資では常に悩みや不安が付きまとうのです。さらに、投資の判断は平常心で行わなければならないところを悩みや不安、ストレスを抱えての判断は、その判断を狂わせる結果になるのではないでしょうか。だから投資家はいつも儲けることができないという結末になるのか・・・。

私が推奨するシステム売買を考えてみましよう。システム売買は私情を挟まず、売買ルールに従って淡々と売買を継続するものであり、そこに「これから先・・・」という判断はまったくありません。

よって、システム売買は先を読まないから、通常の売買のような悩みや不安から開放されることになるのではないでしょうか。人間の心は、現在置かれた環境や現状に左右されるものです。大儲けしているときと大損しているときの感情は、やはり異なるものでしょう。

「決断する前に自分の鼓動に聞いてみろ。興奮状態で結論を出すな。決断は常に平常心で行うべし」とあるように、投資家は時折々の感情に左右されないような投資環境を構築するべきでしょう。

株式投資実践セミナー2017年3月2日(木)~新宿開催

あなたは株式投資でこんなことを悩んでいませんか?

・どの銘柄を買えば儲かるのか
・どのような投資方法が成功への近道なのか
・損しない方法は

もしこのような疑問を抱えている方は
3月2日(木)に新宿で開催する「株式投資実践セミナー」にご参加ください。
ただいま受講料3,000円のところ無料で参加頂けます。

当日は株式投資で2008年以降年間負け無しの柳橋が、 株式投資の基礎的なことから柳橋の投資手法について講義します。

無料セミナーに参加する