政治と経済

選挙の投票は国民の義務でもあるのだが、私はあまり政治には興味を持たない。しかし、経済活動を行っている我々にとっても政治は密接な関係があり、政治抜きでは経済も語れないことは自覚しています。

なぜ私が政治に関心を持っていないか。政治の世界は一般社会と異なる世界のようだ。いったん選挙となると、その特殊性から人間も変わってしまうようだ。候補者は「お願いします。お願いします」の連呼で、後援者を連れて自宅まで押し寄せる。

それはそれで良いのだが当選してしまうと知らんふり。お願いしたんだから当選したら「ありがとうございました」ぐらいの挨拶があってもよいだろう。お願いしたら礼を言うのが日本の文化ではなかったのか・・・。小さいことですか、日本のよき文化さえないがしろにする自己中心的なところが、私が政治の世界が嫌いな理由のひとつでもあります。

選挙演説を聞いても、その内容は「他党の悪口ばかり、足を引っ張ることばかり」である。私の語録に「もっともやさしく、もっとも愚かしいこと。それは人を非難すること」とある。政治家は大きなビジョンを持って国民を正しい方向に導き、そして、それらを実行することが役割ではないだろうか。それなのに・・・。

しかし、政治家にだけ問題があるわけではない。我々国民の方にも問題はある。不景気になると、国民はこぞって「政治が悪い」などと連呼する。たしかに不景気になるとその要因を誰かのせいにしたくもなる。景気が悪い、雇用が増えない、賃金が上がらないなど、その不満の矛先を政治が悪いからとして非難する。

私は常に世の中を客観的に見ていると自負しています。そのような視点から日本の政治を見てみると「日本の政治は世界の中ではまだ良いほう」と感じています。世界には、民主主義には程遠い独裁的な国もまだまだ多いようですから・・・。

ついでですので政治の話をさらに突っ込んで解説してみましょう。それは投資家でなくても知っている「リーマンショック」にまつわる話です。ご存知のようにリーマンショックは、アメリカ金融界のインチキなサブプライムローンを債権として世界中にばら撒いた結果起こったものです。

しかし、問題はその後です。アメリカ政府はこれらの混乱を収拾しようと対策を講じました。その対策を民間銀行であるゴールドマン・サックスが担当したというのです。つまり、危機担当は全員ゴールドマン・サックスの出身者であったという。自分たちが起こした問題を自分たちで処理するというのは当然かもしれませんが、これが更なる問題を引き起こすのです。

政府がするべき仕事をゴールドマン・サックスが担当したのです。ここで「ゴールドマン・サックス政府」が誕生したのです。ゴールドマン・サックスは、一民間銀行なのですが・・・。

そこで「ゴールドマン・サックス政府」は、緊急支援に税金を投入しようと、国民の税金7000億ドルを審査もせず法案を通してしまいました。当然、議会は当初「ノー」を突きつけたものの反対派を賄賂などで次々と抱き込み「金融クーデター」を起こしたのです。まさに犯罪者集団です。

問題は、その国民の税金7000億ドルの使い道はいぜん不明であるということです。これらが現実的にアメリカを動かしているのは政府ではなく、ウォール街であると言われる所以であろう。

これらを見ていた国民はアメリカ政府に嫌気が指して、市民運動家である民主党のバラク・フセイン・オバマを大統領として選んだ。しかし、オバマ大統領も最近では歴代最低の大統領としてレームダック化して凋落が鮮明のようです。このような状況下では到底アメリカの弱体化は避けられないだろう。

最近、近・現近代史を勉強している私としては、以上の状況から「日本の政治は世界の中ではまだ良いほう」と感じるのです。

私として、ただひとつ政治に対して申し上げたいことがあります。それは「戦後レジュームからの脱却」です。敗戦後の日本のあり方に問題があります。これは敗戦国としての日本が、戦勝国から現在でもなお、政治から経済まで、さらに安全保障、憲法問題までコントロールされている現実から脱却しなければなりません。そして、真の独立国家として、本来のすばらしい日本を取り戻したいと願うものです。

人間の欲は果てしないものです。しかし何事にも、そこに規制やモラル、道徳心などがなければ、いずれ崩壊することになります。投資においても自己規制を図り、継続性のある安定した投資活動をしたいものですね。

『吾唯足知』(われ ただ たるをしる)。
人は欲張らず、今の自分を大切にしなさい。足る事を知る人は不平不満が無く、心豊かな生活を送ることができるという意味です。

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
                   3つの最新戦略を期間限定で公開中!」

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【7月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【7月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【7月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する