コントロールの錯覚

私が投資関係の仕事をしていることを知る人は「最近顔色がいいね。儲かっているでしょう。」と、株式市場の上昇を見て言う。私は苦笑いをしながら「そうでもないよ」と返事する。

実際に、私の投資法は両建てであるため、市場の上昇と比例して収益が上がるものでもないことは自分でも納得している。詳しく説明する必要もないし、説明しても理解されないことは分かっているので適当にお茶を濁している。

また、私が投資の仕事をしていると知ると必ず質問されることがある。それは「これから相場は上がりますか?」「この持ち株はどうでしょうか?」、この二点です。投資を仕事としているので、相場についてはすべて分かっていると思い込んでいるようだ。

ご存知のように、相場の行方などは誰しも分からないし、ましてや個別銘柄の上げ下げなど分かる由もない。「分からないよ」と返事すると、「知っているくせに教えないんだろう」などと皆けげんそうな顔をする。投資の本質を理解していない輩の言いそうなことである。そのような連中には投資の資格すらない。

私は、個人的に今日まで誰にも投資を勧めたことがない。「もし、晩年を豊かに楽しく過ごしたいのであれば、投資の世界には一切足を踏み入れるべきではない」とまで付け加えている。読者であれば理解いただけると思いますが、投資の世界ほど苦しく辛い世界はないわけですから・・・。

ノーベル経済学賞受賞者で「シンキング・ファースト&スロー」の著者であるダニエル・カーネマン氏が「コントロールの錯覚」と呼ぶ、多くの投資家が市場を見据える際に抱く思い込みを克服することだ。あなたの手で自由になるのは、投資額と投資頻度、貯蓄額だけにすぎないと言っている。

ここで言う「コントロールの錯覚」とは、投資に対する常識を思い込みすぎるなと言うことであろう。また、一般投資家が抱く、相場の行方に対する先入観における警告であろう。つまり、常識と先入観を排除しなさいと解釈できるでしょう。

投資の常識については当欄で「投資の常識は非常識」と何度も解説しています。また、先入観は投資家であれば誰でも抱くものですが、それは投資家にとって都合の良い方への思い込みです。つまり、偏った思い込みです。たとえば、相場は上がると判断し仕掛けたものの、意に反し下降となった場合、思い込みが強ければ強いほど損切りが遅れるはずです。

「投資の常識」もある意味では思い込みでもあります。バブル期までの常識がその後も通用するはずもありません。投資常識や思い込みだけで相場に勝利するはずもありません。やはり、相場に感情移入せず、自分なりの投資手法や売買ルールに従って客観的に売買することが勝利への近道ではないでしょうか。

さて、相場は上昇しているものの私の成績はいまひとつです。「私は苦笑いをしながら『そうでもないよ』と返事する」もまんざら間違いではありません。その原因は分かっています。

私は現在、両建てで50~100銘柄を運用しています。最近、一銘柄あたりの投資金額を増額したのです。私の仕掛け、決済はすべて寄り付きの成り行きで売買しています。寄り付きの成り行きでの売買であるため、出来高の少ない銘柄では、寄り付き値が飛んでしまいます。当然ながら各銘柄の出来高はチェックしています。

さらに、私の手法は「どでん売買」であるため、たとえば買った銘柄を売り決済するとともに新規に空売りを仕掛けるため、玉数が通常の二倍(決済と新規)となるわけです。そのため、寄り付き値が飛んでしまい、仕掛けるとほとんどの銘柄が前日比マイナスとなってしまいます。毎日数銘柄は売買していますので頭の痛いところです。

対策としては、分割仕掛けや出来高の多い銘柄のみとするなどが考えられます。ここで私が学習したことは「急激な環境変化は良くない」ということです。たとえば儲かったから投資金を倍増する。また、損をしたから持ち株すべても一度に処分するなどなとは急激な投資環境の変化に当たるのではないでしょうか。

昔、台湾の友人が話してくれたことを思い出しました。「焼けた石を水に入れると割れてしまうが、ゆっくり冷ませば割れることはないよ」と。投資に限らず、何事も急激な変化は良くないものですね。

私も「日々是勉強」です。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する