マスメディア

さて先日、どこから聞いてきたのか、あるテレビ局から出演依頼の申し出がありました。内容は、現在活躍している株式トレーダーの特集を行うためとのことであった。ある程度話は聞いたが、考えるところがあってはっきりとお断りしました。その代わりではないが、知り合いのトレーダーを紹介してあげました。

私は、今まで新聞社のセミナーで講演したり、マネー雑誌の記事を書いたりしたことがありましたが、現在はほとんど行っていません。今でも講演や投資記事の申し出はあるのですが、そのほとんどはお断りしています。

我々投資家はトレーダーであると同時に株主でもあるわけです。会社は株主のものであると言われますが、一般の株主にとっては会社の応援団みたいなものでしょう。会社が収益を上げることによって株主も潤うわけですから・・・。大株主は別として、通常は会社が主役で株主は脇役と言ったところではないでしょうか。

以前に「もの言う株主」として、一時マスコミにもてはやされ表舞台に登場し、話題になった投資家(株主)がおりました。しかし、彼も目立ちすぎたのか、結局は叩かれて消えてしまいました。これが日本の現状でしょう。これは私の考えですが、個人投資家の場合は「裏方」「黒子」に徹するべきだと考えています。よって、裏方はメディアなどの表舞台には出るべきではないと思っています。

投資家があまり表にでても良いことはありません。マスコミに散々持ち上げられて、最後には神輿の担ぎ手が誰もいなくなったということになりかねません。私は今まで、カリスマ・トレーダー、時代の寵児などと、もてはやされた投資家が消え去っていく状況をたくさん見てきました。

マスメディアは現在ブームになっているものを取り上げ煽り立てます。またマスメディアは「今これが流行ってます」などと謳いブームを作ることさえします。マスメディアも商売ですからやむを得ないところでもありますが・・・。

しかし、それらのマスメディアを見ていると、特に投資関係のメディアは投資家の方を向いていないことがよく分かります。あることない事を書きたて、ある時は、やらせで投資家を煽りたて初心者を誘導します。そこに視聴率を上げることや発行部数が増えればよいという自己中心的な姿勢が見え隠れします。そして、ブームが去ると知らぬふりをします。そこにマスメディアのポリシーなど一切感じられません。このようなことから、私は今後も煽られて神輿に乗るようにことはしたいと思いません。

しかし、個人投資家のグループなどによる座談会などには喜んで出席したいと思っています。機会がございましたらお声かけください。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する