決断の早さ

株式市場の全体の変動は、これらの世界情勢や国内の経済状況などあらゆる要素を織り込みながら変動し、さらには投資家の心理動向も加味され変化していくわけです。このように株式投資の判断は多岐にわたるため、投資家の投資決断は容易なものではありません。

あるニュース記事がありましたのでご紹介いたします。テーマは「お金を稼ぐ人は自分なりの判断基準を持っている」です。

『お金が稼げるせっかち人間の人に共通するのが判断の速さです。成功している経営者は全員決断が早い。たとえば経営上の判断を仰ぎに誰かがくると、その場で明快に指示をして対応します。動きの速い現代になるほど、その瞬間の早さが大切になります。ビジネスチャンスをものにするのも、危機を回避するにも瞬間の判断と決断の速さが勝負。その点お金を稼げない人は判断や決断も先延ばしにしがち。とくに重要な事項になるほどその傾向が強いようです。短時間で判断することに自信がなかったり、怖かったりするのでしょう。そのくせ先延ばしにしても、その分じっくり考えるかと言えばそうでもない。たんに問題と面と向かうのを避けているだけのことが多いのではないでしょうか?。結局そうやって時間を引き延ばしても、問題が面倒に複雑になるだけ。お金を稼ぐせっかち人間はそれが肌身でわかっているので、できるだけ短時間で結論を出します。ではどうすれば判断や決断が早くなるか?。私はあらかじめ「意思決定の原則」を決めておくことだと考えます。たとえば「やるかやらないかで迷うなら、やる」と決めておく。迷って時間をロスすることもありません。もちろん致命的なリスクがないと判断したうえで、しかも実際に失敗したと思ったらすぐに次善策を講じる。いずれにしても素早い対応が可能になります。そのためにも、普段から経営の勉強をしておき、「原理原則」が身についていることも大切です。間違った判断を拙速にやり続けたら大変ですからね。』

上記の記事は経営について書かれたものですが、株式投資にもぴったり当てはまるのではないでしょうか。要は決断の速さなのです。

株式投資において決断を迫られると「少し様子を見るか」などと考えますが、これは良くありません。つまり決断を先延ばしにしているだけです。問題と面と向かうのを避けているだけのことです。

では、素早い決断をするにはどうしたらよいか。上記では「意思決定の原則」を決めておくと述べています。これを株式投資で言えば「売買ルール」を決めておくとなるはずです。つまり、自分なりの「原理原則」が身につけていることです。経営でも投資でもその根本は皆同じということでしょう。

また、デイトレーダーなどでは瞬時の判断か必要となってきます。そのときの瞬時の判断を正しいものとするには多くの体験が必要となってきます。体験には多くの情報が詰め込まれており、これらのデータベースから瞬時に正しい判断を引き出し決断を下すことになるのです。

以上、投資においては常に何かのテーマを見つけて、これらを完遂したいものですね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する