分散投資と分割売買

投資にはリスクがつきものである。投資家は誰もこのリスクから逃れることはできない。しかし、リスクがあるからリターンがあるわけで、リターンを求める者は、このリスクを受け入れなければなりません。リスクとリターンは表裏一体であることは周知のとおりです。

投資家はリスクから逃れられないとしても、そのリスクを低減することはできないだろうか。アメリカのある経済学者が投資リスクを最小限にするにはどのようにすべきかの研究を行ったそうです。その最終結論は「分散投資」に行き着いたとの論文を読んだことがあります。

確かに分散投資こそがリスク低減の一番の方法であることは理解できる。実際に私も実践しています。しかし、リスクの低減は分散投資以外にはないのだろうか。このような考えは「あること」によって疑問がわいてきたのです。

あることとは、以前にも解説しましたが、私の実践において仕掛け時に建玉が多いと寄り付き値が飛んでしまうという問題です。薄い商いのところに多くの建玉を入れれば値が飛ぶのも当然です。

では、商いの多い銘柄で売買するとか、指値を入れて値が飛ばないようにするとか、その対策はあります。しかし、私の売買では多くの銘柄に分散投資をしていますので、商いの多い銘柄だけを選択するわけにもいかないのです。また、仕掛けは必ず寄り付きの成り行きと決めていますので指値はしません。

もし、指値をして建玉が入らない場合にはシステム売買の基本から外れてしまいます。また、どてん売買のため決済と新規の建玉を同時に行うので株数は2倍となり、さらに寄り付き値が飛んでしまうことになります。

たとえば、薄商いの銘柄に寄り付きで新規と決済の建玉を入れると、買い気配となって値が付かず、しばらくして値が付くとその値が当日の高値であったということがしばしば起こりました。ひどい時には寄付き値が前日の5%も高かったこともありました。寄付き値が前日の1~2%も高い(安い)などは毎度のことです。

これでは投資パフォーマンスにも影響してきます。投資で成功すれば当然ながら投資金額も増えてきます。そうなると、さらに寄付きが飛んでしまうことは明らかです。そこで私は考えたのです。これらを改善することはできないものかと。

システム売買であるため、寄り付き成り行きは変えられない。すると後は、商いの多い銘柄だけを選択するということになります。しかし、多くの個別銘柄の売買では出来高の多い銘柄だけという問題は解決できません。

出来高の多い銘柄・・・。常に出来高の多い銘柄は「指標」ではないかと考えました。つまり、現在上場されている日経平均やTOPIXの指標です。さらには、先物の日経平均やTOPIXの指標です。

しかし、これらの指標は出来高は多いものの単独銘柄のため分散投資ができません。そこで私が考えたのが、指標の「分割売買」です。たとえば、投資額を100等分して、相場の安いときには買いの金額を多くして、相場が高いときは空売りを多くするなど資金配分に変化をもたせ、常に投資金全額を運用するというものです。

そこで問題なのは現在の相場状況を的確に判定し、それらにより買いと空売りを的確に配分する指数の作成にあります。この指数が的確でなければ、この運用は不可能となります。これらの判定指数は現在のヘッジ比率に近いものになりますが、この分割売買指数においては、さらにその精度を高めなければなりません。

現在、私はそのシミュレーションを行っていますが、結果は、投資パフォーマンスはやや低めですが、その安定性においてはある程度納得できる成果が得られています。これで現在のような寄り付き値が飛んでしまうという問題から開放されるような気がしますが、いかがなりますでしょうか。