見つめ直す

株式市場は外部要因的な不安はあるものの順調に推移しているようです。株価が上昇してくると外部(メディア)が煩い。メディアの情報の9割はノイズ(雑音)であることを理解しておくべきである。

さて、投資家が今までの投資活動を振り返ってみると、どのような思いを抱くであろうか。大きく儲けた時や大きく損をした時の印象は今でも鮮明に残っていると思います。大きく儲けた時は自慢げに話をしたのではないだろうか。また、大きく損をした時は「ロダンの考える人」になっていたのではないでしょうか。

そこで、大きく儲けた時と大きく損をした時を株価チャート(日経平均など)に照らし合わせてみてください。多分に大きく儲けた時は相場上昇期であり、大きく損をした時は相場が暴落した時ではないだろうか。

もしそうであるならば、相場が上昇期では儲かり、下落期では損をすることになります。相場の変動がそのまま自分の投資成果となってはいないだろうか。これは何を意味するのだろう・・・。

その要因は、相場の展開の中に投資家の投資技術が機能していない、または間違っていることになるのではないだろうか。もちろん投資家は、投資活動中にはあらゆる技術を駆使し最善を尽くしていると思います。しかしながら、結果として投資成果が相場の変動と同じとなってしまっている。

これは投資家の投資技術が機能していない、あるいは利用の方法が間違っている、はたまた、投資家の投資に対する考えが間違っているという結果ではないだろうか。つまり、投資成果と相場の変動と同じということは、技法なり考え方が間違っているということを証明すことではないだろうか・・・。

つまり、何かが間違っているから儲からないわけです。あれやこれや技法を変えながら売買しても、その手法が間違っているから儲からないのです。もし、このような結果になっているのであれば、根本的な何かを変えなければなりません。それが何であるかは、今までの投資経歴を検証し投資家自身が考えるべきであろう。

投資家の夢は、自分なりの投資手法を駆使して大いに儲けることにあるのではなかっただろうか。今、投資の原点に立ち戻り見つめ直すべきです。
拙者の格言

『追い風を自分の実力と錯覚するな。追い風はいつか逆風となる。』

『現在の自分の姿は、過去の決断の結果である。現在の決断は将来の自分の姿となる。今、何かを決断しなければ将来は何も変わらない。』

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する