特に投資家にとっては・・・

先日、投資家交流会なるものに出席したのですが、その時に私はある株価チャートを持って行きました。ふだんはそのような資料は持っていかないのですが、最近研究した指標であったため、どのような反応があるか聞いてみたいという気持ちからであった。その資料は分析指数と日経平均を連動したチャートです。出席者にそのチャートを見せました。

その反応は明らかに二分されました。「ふん、ふん」と言ってあまり関心を示さない人と食い入るほど見ている人に分かれるのを感じました。その後も反応を観察してみました。

関心を示さない人は、きっとファンダメンタル派なのではないかと思ったり、まだ初心者なのではないかと思ったりしました。一方、非常に関心を示した人から質問された。「この分析指標のところは売りとなっているが、私だったらここでは売らない」と。指標で売りになっているところは「だまし」のところであり、その後、チャートでは上昇となっている。

その上昇を見て「私だったらここでは売らない」と言ったのか、本当に本人が「ここでは売らない」と思ったかは定かではないが、私は返事に困った。「投資家にもいろいろな考えがあり、また手法も異なるので、自分の信じた手法で判断すればよいのではないでしょうか」という返事にとどめた。

交流会の最後のころに私に質問した人に私から質問してみた。「あなたは投資キャリアはどのくらいですか、また、トータル成績はいかがですか」と。その人曰く、「投資キャリアは7年ほどで、最初に大きく負けてしまったので、これを何とか取り戻そうと必死になってやっているのです。トータルではまだ負けています。」という返事か返ってきた。

私は、トータルで負けているということは、その手法なり考え方が間違っているのではないかと思っています。このことは以前から当欄で述べています。「儲からないことは何かが間違っている」と・・・。

交流会や投資家の集まりに出席すると必ずと言っていいほどワンマンショーになる。一人が喋りまくる。自分の考えや投資手法、さらには今後の見通しなどを確信的に喋る。たしかに投資家はパソコン相手の孤独な仕事であるため、ストレスがたまるため、そのような会合でストレス発散のため喋りまくる気持ちはわかる。しかし、周りの空気も読んでほしい。

上記の内容から、なぜこのような会合に出席するのかという疑問もわいてくるだろう。出席してもあまり意味はないだろう・・・と。私もひとりの投資家であり、毎日パソコンの前で黙々と売買したり、開発の仕事をしていると、人との交流がまったくなくなってしまいます。私は、今までの体験から「独りで考え悩むほど、その答えは曲がる」と考えています。それを矯正するのは人との交流です。

よって、人との交流は必要なものなのです。特に投資家にとっては・・・。私も投資キャリアは長いのですが、投資家の会合などでは思いがけないヒントを貰うこともあります。だから、いそいそと出かけていくのです。
拙者の格言

『饒舌は信用に値しない。饒舌は自分の「非」を無意識に隠す行為である。知る者は言わず、言う者は知らず。巧言は徳を乱る』

『人間、ひとりでは生きていけない。ひとりでは幸せになれない。人は人とのつながりの中で生きていく。晩年は人との交わりが幸となる。人とのつながりは財産』

『ひとりで考え悩むほど、正しい解決方法から遠ざかり、そして曲がる。考えすぎると、人間は臆病になる。しかし、人間は努力している限り悩むものでもある。悩み、迷ったら原点に戻れ』

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する