逆張りと順張りとの捉え方

市場が高値を更新してくると、長期投資家の話題が中心になってくる。長期に持ち続け、今ではこれだけの資産になっているとか自信たっぷりである。相場の世界は「勝てば官軍」ではあるが、相場には上昇期、下降期があり、長期投資派は相場下降期にはつらい思いもしたであろう。

たまたま現在の相場環境で見れば「長期投資で良かった」となるが、長い目で見ればゼロサム・ゲームではないだろうか。現在、長期投資派が脚光を浴びているが、相場低迷期に長期投資派の記事を見ることはない。

私は長期投資が問題であるとは言っていない。長期投資でも短期売買でも、投資家の資金量や投資家の性格に合っていれば、それがその投資家においてのベストの投資手法であると思っています。

投資手法には上記のように、長期投資と短期売買がある。FXにはスキャルピンという一瞬で売買する超短期売買もある。いずれにしても投資家に合った手法で売買すればよい。また、実際の売買手法には、逆張り手法と順張り手法とがある。こちらも投資家に合った手法で売買するべきでしょう。

ここで少し逆張りと順張りについて考えて見ましょう。たとえば、逆張りにおいて買い下がりをしたとします。株価1000円から100円刻みで3回買い下がれば900円、800円、700円となる。一方、順張りでも買い上がりをしたとします。株価1000円から100円刻みで3回買い上がれば1100円、1200円、1300円となる。

ここで、買い下がりと買い上がりを3回行った時点の損益を考えて見ましょう。買い下がりの平均買いコストとは800円「(900+800+700)÷3」となる。一方、買い上がりの平均買いコストは1200円「(1100+1200+1300)÷3」となる。

ここで、買い下がりを3回行った時点の株価700円での損益はマイナス100円「700-平均買いコスト800」となる。一方、買い上がりを3回行った時点での株価は1300円での損益はプラス100円「1300-平均買いコスト1200円」となる。

これは何を意味するのだろうか。買い下がりと買い上がりでは総投資額は異なるものの、買い下がりでそのまま株価が下がり続けると何回買い下がりをしても評価はマイナスのままである。他方、買い上がりでそのまま株価が上がり続けると何回買い上がりしても評価はプラスのままである。

実際、株価は上がり続けることもないし、下げ続けることはないので、上記の考えは当てはまらないかもしれませんが、逆張りと順張りとの捉え方を一考する余地はありそうな気がしますが、いかがでしょうか。

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する