投資の習慣と常識

私の語録に『世の中はいつも間違っている。世の中は、本来あるべき正しい姿から常に乖離しながら変化している。よって、現在の常識はいずれ非常識となる。常識は先入観』とある。最近は私も年を重ねてきたせいか、このことが痛切に感じるようになってきました。

人は習慣のなかで生きている。人はある程度決まったローテーションのなかで生活しています。朝起きて歯を磨いて食事をして出勤する。会社に行って定められた範囲で仕事をこなし帰路につく。このような行動に何の違和感を持たず生活しています。つまり、人は習慣と常識の中で日々生活しているものです。

では、投資の世界をこの習慣と常識から見てみましょう。投資の場合、その投資スタイルは長期投資から短期売買、さらにはデイトレードと多様なスタイルがあります。

長期投資であれば、朝刊を経済欄から読み、夜はテレビの経済ニュースなどを見て今後の経済展望などを考えます。短期売買であれば寄り付きの株価を確認し、昼にはスマホなどで株価をチェックします。夜は翌日仕掛ける銘柄や決済する銘柄の検討をします。デイトレードであれば日中パソコンに張り付いて売買を行います。

以上が各投資スタイルによるローテーションではないかと思います。これらが習慣となって投資活動を行っています。意識せずに日々同じような行動をとることになります。これが習慣です。もし、これらの習慣的な行動の結果として、投資収益が上がれば特に問題はないと思いますが・・・。

一方、投資の常識についてはいかがでしょうか。投資の常識と言えば「安いところで買って高いところで売る」というものです。また、株式であれば企業業績の上昇傾向の銘柄を買うなどでしょう。また、テクニカル分析であれば移動平均線を利用した売買でしょう。

では「安いところで買って高いところで売る」は正しいのでしょうか。確かに株価チャートなどを見ると、ここで(安値)で買って、ここで(高値)で売れば儲かると考えます。しかし、これは後講釈に過ぎません。株価は新値をとった方向に進むと言われています。

つまり、上に新値を取れば上昇となり、下に新値を取れば下降となる傾向が強くなります。この考えに基づく手法がブレイクアウト手法です。もし、この手法が効率的であると考えるならば、新高値を買ってさらに高いところで売り、新安値を空売ってさらに安いところで買い戻すとなります。

このブレイクアウト手法と「安いところで買って高いところで売る」手法は、相反する手法となります。どちらが正しいかはシミュレーションをしてみれば明らかです。

企業業績の上昇傾向の銘柄を買うということに対しては「現在の株価はすべて織り込まれている」という考え方もあり、もしこれが正しいとすれば、業績の検証も意味を成さなくなります。

もっともポピュラーな移動平均線について考えて見ましょう。たとえば、分かりやすく100、200、300、400、500円の株価の移動平均線は300円= (100+200+300+400+500)÷5となります。つまり現在の株価500円のときの移動平均線は300円となります。しかし、この300円は過去の数値ではないでしょうか。移動平均線とはこのようなものなのですが、過去の数値を現在の株価の比較として利用するのは問題ありと考えべきではないだろうか。移動平均線とは遅行線であるため判断が遅れることになります。

投資では今後の展開を判定するものですが、遅れている指標で分析するのはいかがなものでしょうか。移動平均線は誰でも知っていますが、この移動平均線で儲けることができないのは、このあたりに原因があるのでしよう。

よって、平均値で計算されたテクニカル指標は移動平均線と同様に使えない指標となってしまいます。私が過去に検証した結果として、指数を変えないで長期に利用しトータルで収益を上げることのできるテクニカル分析指標はまったくなかったと検証結果があります。

以上のように、間違った投資の常識を習慣として身につけてしまうと、未来永劫投資で儲けることはできないような気もするのですが・・・。要は投資収益が上がらないということは何かが間違っているということです。よって、投資の常識がすべて正しいと考えるのはいかがなものでしょうか。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する