株価の変化に対処する

投資に対する考え方は投資家によりそれぞれ異なるものです。一般的に株式投資の場合、多くの投資家は今後の見通しの判断が重要であると考えているようです。株式投資は未来に対する投資であるため当然といえば当然でしょう。

しかし、多くの投資家が今後の展開を予想しながら投資しているものの、結果は惨憺たるものです。なぜだろうか。調査に調査を重ねタイミングよく安値で業績上昇銘柄を仕掛けて、予測通り株価上昇となったとしても、その後の利食いが問題である。

ファンダメンタルズからはなかなか目標値が算出できない。利食い幅は各自の判断に委ねられるのが一般的であろう。せっかく業績上昇銘柄を仕掛けても、利幅が10%程度ではもったいないような気もする。このあたりがなかなか儲からない原因なのだろうか。

私は、現在の株価はすべてを織り込んでいると考えています。もちろんファンダメンタルズもです(これは短期的な視点からですが・・・)。これらの考えに異論を唱える投資家が多いのは十分承知しています。しかし、投資手法も十人十色であるので、これが正しくこれが間違っていると目くじら立てて異論を唱えるのもいかがなものか・・・。

仮に株価チャートを表示され、この株価は今後どちらの方向に展開するでしょうか、と質問された場合、多くの投資家は上昇だ、下降だと腕組しながら考えるでしょう。私は、このような質問は今後の相場の見通しを立てるのと同様にまったく意味がないと思います。投資に何の役にも立ちませんから・・・。私がこのような質問を受けたら「分からない」と答えます。おそらく「分からない」が正しい答えであると思います。

私は、投資においては、予測するものではなく「もし、上がったら」「もし、下がったら」に適正に対処することが、投資で成功する道ではないかと考えています。「上昇するはずだ」とシナリオを描いて投資に入った場合に、もし、株価が反対に展開してしまうと「上昇するはずだ」と頑張ってしまうはずです。

株式投資の世界は株価が主役であり、投資家がいくら違うと頑張っても現在の株価が正しいのです。よって、投資で勝つためには先読みすることより、株価の変化にいかに適正に対処するかにかかっているのではないでしょうか。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する