値段は常に正しい

お金を稼ぐことは楽しいものでもあるがお金を使うのも楽しい。女性たちはショッピングを楽しみブランド物に興味津々である。好きなものを購入し満足感に浸る。一方、男性陣はブランドのゴルフクラブを購入し、あれやこれやとウンチクを語る。腕前は別にして・・・。

私は物にはこだわらない方であり、ブランド物にもあまり興味がない。たまには私も買い物に行きますが、最近は商品の種類が多すぎてどれを選んでよいの分からなくなってしまうことがある。私だけかもしれませんが、携帯電話などはどの機種を選んでよいのか迷ってしまう。

私は買い物する時にはある程度の基準を持っています。それは一番安いものは買わないということです。では一番高いものを買うのかというと、そうではないが高めの商品を選んで買うようにしています。これが私の買い物の基準です。とにかく安いものは買わないということです。

物を売る立場からは、できるだけ商品を安くしてたくさんの商品を売りさばきたいところでしょうが、仕入れが高ければそうそう安売りはできない。高い商品にはそれなりの価値があるから価格も高いのである。であるから、私は価値のあるものを購入したいため、あまり安い商品は買わないようにしている。一番安い商品の製造元を見てみるとほとんどが「Made in China」である。

商品などは「値段は常に正しい」と私は考えています。高ければ高いなりの価値があり、安ければ安いなりの価値しかないものでしょう。よって、私は安物は買わなようにしています。「安物買いの銭失い」ということわざがあるように・・・。

さて、以上のような考え方を投資の世界に当てはめてみましょう。「投資市場は効率的である」という理論があります。たとえば、割安に売られた銘柄は、いずれ適正な位置に戻るという理論です。一方「現在の株価は常に正しい」という考え方もあります。

どちらが正しいかは別として、私としては後者の「現在の株価は常に正しい」という考え方です。現在の株価はすべてを織り込んで現在の株価になっているという考え方です。

反論もあると思いますが、私の考え方からすれば、現在において株価が高いということは、それなりに価値があると捉え、現在において株価が安いということは、それなりの価値しかないということにならないでしょうか。

投資とは価値のあるものに投資するわけです。価値のないものに投資する人はいないと思います。このような考え方からすると、現在の株価が高いということはそれなりの価値があるということになりませんか。であるならば価値のある株価の高い銘柄に投資することが正しいとなりませんか・・・。

投資家は常に株価の安い水準にある割安銘柄を探します。そして、そのような銘柄に投資します。しかし、その結果として個人投資家の97%は損をしているという現実になっているのでは・・・。

前回「ピラミッディング」について解説しましたが、ピラミッディングは高いところ、高いところと買っていくわけですから、上記の理論からすれば、価値のあるものをどんどん買って上がっていくことになります。極論かもしれませんが・・・。

投資においてはそれぞれん考え方があり、上記のような考え方は相容れないかもしれませんが、一考の価値はあるのではないでしょうか。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する