専門に特化すべき

投資において一番大切なものは何か?。投資に対する考え方、投資手法、情報の入手など大切なことはたくさんあります。どれを取っても欠かすことはできません。しかし、個人投資家がこれらをすべて網羅することは不可能でしょう。

ご存知のように投資世界では、どの考え方、どの投資手法が正しいということはありません。すべて一長一短があり、これが絶対、これが完璧ということはないのです。翻って考えれば、どのような考え方や投資手法でも収益を上げるチャンスはあるということでもあります。では、このような問題に対して、個人投資家はどのようなアプローチをすればよいのでしょうか。

このような問題に私は「専門に特化すべき」と考えています。何かひとつの方法に特化して投資すべきであると思います。ファンダメンタル分析でもよし、テクニカル分析でもよし、短期売買でも長期投資でもよし。誰にでも得意な分野というものがあるはずです。それらに特化して、その分野を深く掘り下げていくべきです。

ちなみに、私の場合は「テクニカル分析の短期売買」に特化しています。昔から、「専門は強い」と言われています。商業で言えばデパートではなく、専門店ということになります。たとえば、三越ではなくユニクロとなるでしょうか。

現代社会は情報があふれています。私は「情報過多は迷いを引き起こす」と思っています。「情報の90%はノイズ」とも思っています。専門分野を持たない投資家は常に情報に振り回されてしまいます。「こっちの水は甘いぞ、あっちの水は苦いぞ」となって、最後にはどっちつかずになります。

相場には絶対はないので、やはり自分の得意分野で、その研究に特化するべきです。しかし、長く相場の世界で活動していると、自然に自分の投資スタイルができ上がってくるものです。損益は別として、それがまさに自分のスタイルに合った投資手法ではないかと思います。

しかしながら、自分のスタイルで投資活動をしても一向に成果が上がらない。どうしたものかと考えるも、その答えが見出せない。そこで「他の投資手法は?」となる。結局は他の投資手法でも結果は同じです。遠回りしているだけです。自分に合わない投資手法では、最終的にストレスが積み重なり途中で頓挫するのは明白です。

長年投資活動をして、現在の投資手法にたどり着いたのであれば、その手法を徹底的に研究してみることです。その手法が自分に一番合っている手法なのですから。今まで気がつかなかった「何か」が見出せるはずです。そして、この分野では誰にも負けないという気構えが必要です。

私の語録に「答えは常に自分の手の中にある。ただ気がつかないだけである。今まで自分が辿ってきた道に、その答えがある。」とあります。これも自分の体験から出てきた語録です。

私も投資初心者のころはどの手法が良いのかと迷いに迷った時期もありましたが、今では「テクニカル分析の短期売買」の軸はぶれることはありません。今でも短期売買について研究を怠らず、わき目も振らず頑張っています。なぜなら「テクニカル分析の短期売買」が自分に一番合っているからです。

自分の得意分野を見つけ、その分野を深く掘り下げ専門家になることが、投資で成功するひとつの要因なのではと考える今日この頃です。

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
                   3つの最新戦略を期間限定で公開中!」

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【7月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【7月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【7月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する