投資における対処法

株式市場も高値となり、初心者の参入も考えられます。今回はそのための解説ですが、キャリアのある投資家においても初心を忘れず、投資の基本を再確認していただきたい。

投資で負けてしまったら投資家は次に何を考えるでしょうか。負けを認めて市場から撤退するでしょうか。もちろん投資金がなくなってしまったら、投資家の意思に係わらず退場する以外はありません。

まだ投資歴が短く、余裕資金が残っている場合は「投資の損は投資で取り戻そう」と考えるはずです。100万円の損を出したら、急いで100万円を取り戻すために必死になります。マイナス100万円が頭にちらつき、そこに損を認めたくない心理やブライドが働くわけです。

しかし、投資市場はそのような個人的な問題を受け入れる場所ではないのです。投資家は損を取り戻そうと冷静さを失い、負けると投機的になり、通常は取らないような高いリスクを選択しがちです。

損を被り慌ててしまうのは、投資を始める段階で損失の許容範囲や損失が発生した場合の対処法をあらかじめ決めておかないからです。投資で損をしないことはあり得ないわけですから、事前に対処法を決めておくことにより慌てることはなくなるはずです。

その対処法とは、

あらかじめ自分自身の最大損失金額を決めておく。儲かるとつい気持ちが大きくなり最大損失金額も忘れがちですが、この最大損失金額についても、いつまでは必ず実行するという期限を設定することです。その期限は絶対厳守すること。

投資市場ではプロもアマも同じ土俵で勝負します。ハンデキャップは一切ありません。自分の投資キャリアなどを考え慢心することなく、儲かっても損をしても常に平常心で投資活動に努めること。特に初心者はリスクの低い銘柄に投資するとか、投資金を少なめにするなどの対策を講じます。

投資初心者であれば、ある程度の損失は「授業料」として捉え、その損失の原因を検証して次の売買に生かすぐらいの気持ちも必要です。

どのような投資手法でも良いのですが、自分で決めた投資手法は期限を設定して、その期間はたとえ損失となっても実践すること。自分で決めた投資手法でも、3回も続けて負けるとすぐに止めてしまう。これでは何の経験にもなりません。

投資の世界は自己責任です。自分の決めたルールも守れないようでは投資家失格です。即刻退場すべきです。ルール厳守以外に市場にとどまることはできないことを肝に銘じておくことです。

株式投資実践セミナー2017年3月2日(木)~新宿開催

あなたは株式投資でこんなことを悩んでいませんか?

・どの銘柄を買えば儲かるのか
・どのような投資方法が成功への近道なのか
・損しない方法は

もしこのような疑問を抱えている方は
3月2日(木)に新宿で開催する「株式投資実践セミナー」にご参加ください。
ただいま受講料3,000円のところ無料で参加頂けます。

当日は株式投資で2008年以降年間負け無しの柳橋が、 株式投資の基礎的なことから柳橋の投資手法について講義します。

無料セミナーに参加する