いかにリスクを低減するか

週末の株式市場は荒れ模様である。グローバル化した経済では、当然ながら世界同時株安も起こりうることになる。このような現象は、ある日突然起こるように見えますが、実際には内在したあらゆる問題が臨界を越えた時に起こるものです。

それらの予兆はいくらでもある。ギリシャ問題、中国、韓国経済の減速、原油の下落など、その要因は多い。長期投資家ならば、これらの現象は日々のニュースで感じ取れるはずです。

特に中国の問題は深刻であろう。中国市場のリアル株価を見ていると、当局の株価のてこ入れのための操作が手に取るように分かる。実に不自然な株価の動きである。

中国証券監督管理委員会は、規則に違反して上場企業株式の保有を減らした株主を厳格に処罰する方針を示した。一党独裁の国であるからこのようなこともできるのであろうが、いくら強権を振り回しても自由経済の象徴である株式市場を操ることはできない。

実際に当局が鳴り物入りで株価の下支えをしても、その週末には安値を付け、その努力が水泡に帰する。経済が下降線をたどっているのに株価を上げようとすること自体、所詮無理な話である。当局は経済の原則を理解しているのだろうか。

さて、日本の株式市場であるが、アナリスト達は、株価に連動要因をあれこれ言っているようですが、結果見てからでは何とでも言える。

前回解説しました「相場を休む時」のように、ボラティリティが大き過ぎるときは、ハイリスク・ハイリターンとなるため、あまりリスクを好まない投資家であれば戦線を縮小するか、または一旦休戦するかなどの対策を採るべきでしょう。

今回の大幅な下落の前にボラティリティが拡大傾向にあったことは解説しましたが、短期売買を目指す投資家であれば、やはりボラティリティに注視しながら売買すべきでしょう。長期投資家であれば経済指標や日々のニュースでこれらの判断は可能であると思います。

私は先物市場で売買をしていますが、先物市場は単一銘柄であることやレバレッジの高さなど現物市場との違いはたくさんあります。私が先物市場で売買した中で一番苦戦したことは、前日の終値から値が飛んで寄り付いたときです。今回のように寄付値が前日の終値から2%も変動したところで寄り付いたのではとんでもないことになります。幸いに今回は売りスタンスであったため難を逃れましたが、もし、買いスタンスであったなら・・・。

私が現物市場から先物市場に転向した理由は、商いの薄い銘柄では自らの建玉で寄付値が飛んでしまうことが多く発生したためです。先物市場では市場が大きいためそのようなことはありませんが、実際には上記のように前日の終値から大きく乖離して寄付くこともあります。

先物市場には夜間取引があります。その夜間取引中に何らかの問題が発生すれば市場も大きく変動します。そして、翌日の寄付きが前日の終値より大きく乖離して寄り付くことになるのです。これらは市場の動きであるからやむを得ないところですが、先物投資家にとっては大きなリスクです。

私はこの問題で苦戦したのです。私の投資(分析)手法はその日の終値で分析して翌日の寄り付きで注文するという手法です。そのため夜間に大きな変動があると大きなリスクが発生します。しかし、すべてがリスクということではなく反対に多くのリターンが発生することもあります。

私はこれらの寄付きリスクをいかに解消すべきか、いかにリスクを低減するかを考えました。その答えは夜間取引の寄付きでの売買でした。日中取引の寄り付きも夜間取引の寄り付きも結果的には同じではないかと考えますが、その理由はあるのです。シミュレーションの結果も良好でしたので、また機会がありましたら結果を報告したいと思います。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する