迷いのない実行

金融市場が荒れた展開になっています。こうした状況下では、投資家は「世界経済はどうなるのだろう」と不安を抱く。投資家の不安心理が増幅されると、誰でも「価格変動性の高い株式や、為替など、一旦処分してリスク資産を減らしておきたい」という行動に走るのも当然だろう。

こういう時こそ落ち着いて行動すべきだと言われていますが、明日の追証を考えると落ち着いていられるはずもない。相場の経験のない人に言われたくない。相場の世界はそんな理屈や理論通りにはいかないものです。

統計によると、このようなショック安は10年で平均2回は起こると言われています。コツコツと儲けてきても急落ですべても吐き出す結果にならなければよいのだが・・・。まさに相場の世界は歓喜と恐怖の世界である。

今回のような急落ではどのような投資手法も当てはまらなくなる。テクニカル分析のボリンジャーバンド(短期の場合)などは通常2シグマ以下で買いといわれているが、5シグマ以上にもなっては・・・。また、ファンダメンタルズ分析でも、一時的ではあると思うが優良銘柄でも売り叩かれる。

今回の危機の震源地である中国では、官民合わせて80兆円も注ぎ込み、株価を下支えしたが、売りはとまらず、80兆円が水の泡になったという。景気対策の効果で一時的に経済が浮揚するかもしれないが、中国が抱える根本的な問題の解決ができるわけではない。

中国経済の減速とさらに米国の景気下落のタイミングが重なると、世界経済には大きな下向きの力が働くことになるかもしれない。その場合には、実体経済はさらに落ち込み、世界の金融市場も今回以上の混乱の渦に巻き込まれることになりかねない。よって、投資も多様化が求められる時代がくるかもしれません。

投資家はこのような不安の中で運用を続けていかなければならない。あれやこれやとシナリオを描いて売買するのであろうが、結局はシナリオも当たる時もあれば外れるときもある。五分五分であろう。

であるならば、シナリオなど描かなくても同じではないか。五分五分なのだから。私は、シナリオを描いて売買するとあまりよい結果にならないと思っています。なぜなら、相場が描いたシナリオ通りに展開しなかった場合の投資家の心理状態を考えてみてください。

投資家は誰でもプライドと自信を持って投資活動をしています。相場展開がシナリオの反対に展開した場合、当初は「このようなこともあるだろう」などと様子を見ます。しかし、さらに反対の展開になった場合「こんなはずはない」と。自分の分析に間違いはないと意地を張ります。

最後には「自分の判断に間違いはないが、株価が間違っている・・・」などとは言わないと思いますが、結果的に損切りが遅れるということになります。

私も仕事上、経済ニュースなどを見たりしますが、これらの情報により今後の相場展開を無意識のうちに描いています。しかし、私の投資手法はシステム売買であるため、必ずシステムの指示に従って売買します。当然ながら、描いたシナリオの反対の売買指示があった時などは「どうなんだろう」などと考えますが、最終的にはやはりシステムの指示に従って売買します。

私は短期売買であるため、今後の相場展開を予想しての売買はあまり意味がないと考えています。私は今まで、シナリオを描いての売買によい思い出がありません。私だけかもしれませんが・・・。

長期投資は別として、短期売買では今後の相場展開など予想せず、現在の値動きで判断すべきであると思うのですが・・・。しかしながら、今回のような急落では、どのような分析手法も役に立たない。このような状況下では対策のしようがないのではと悩むところです。もし、暴落時でも機能する手法があるとすれば、それは「順張り手法」ではないだろうか。

もちろん順張りでも失敗することがある。それは変動幅が小さい相場のときです。変動が小さい相場では損切りが続くことになりますが、その幅は小さいはずです。しかし、相場変動の大きい場合は、順張りでは大幅に稼ぐことができます。

順張りか逆張りかは投資家の自由です。相場展開により、これらの手法を使い分けするのが効率的でしょうが、今後の相場変動が予想できない状況では、これらの判断も難しいでしょう。

今回の世界同時株安パニックで、米国株や中国株、さらには日本株が恐ろしいまで乱高下しています。相場急落はいつ起こるかわかりません。また、いつ起こっても不思議ではありません。投資家は、そのための対策を取っておかなければなりません。

投資をする上でまず学ぶのはリスクという概念です。投資のリスクとは下がることだけではありません。投資の一番のリスクは何と言っても相場か短期間に、しかも大幅に乱高下することです。投資家は振り回されてしまいます。しかし、これも相場です。

投資にシナリオを描くことも結構なことですが、やはり重要なことは投資家自身のリスク管理を含めた投資手法の確立でしょう。そして、その手法の迷いのない実行でしょう。

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する