常識は先入観

市場は合理的だと言われています。もし合理的だとするとすべての銘柄が適正な価格のはずだから、割高も割安もないことになります。自分のリスク許容度に合わせて銘柄を組み合わせれば、いつ買っても損はしないないということです。でもそんなことはあり得ません。実際には誰もがいつ何を買うべきか悩んでいます。

長期的には合理的だという解説もよくあります。確かに極端なバブルはいつか崩壊します。でも、それがいつなのかは分からない。バブルは何年も続いたあとあっという間に崩壊して、回復するまでにまた何年もかかるわけで、市場が冷静で妥当だった期間、合理的な水準に収束して安定している期間なんてほとんどありません。

巷には、○○投資モデルなどといって、いかにも高尚な投資手法であるとうたっている手法もあるようですが、投資家心理や市場の動きがモデルで捉えられないことは、自分で実際に投資をすれば研究するまでもなくすぐに分かります。

投資の常識などもその類かもしれません。たとえば「安いところで買って、高いところで売る」など。この常識を信じて投資活動をしている投資家も多いのではないでしょうか。

この常識を実践している投資家は大いに儲けているはずですが・・・。現実的には長期的に儲け続けている投資家は3%程度と言われています。この現実から考えると、はたして「安いところで買って、高いところで売る」ことは正しい投資の常識なのかと疑問が残る。

株式投資の常識を実践している投資家には申し訳ないのですが、私はどこで買ってもどこで売っても良いのではないかと考えています。問題はどこで売買するかという問題ではなく、仕掛け後の処置の問題であると考えています。

特に仕掛け後のリスク管理です。忠実な損切りやリスクマネージメントなどがしっかりしていれば、仕掛けのタイミングなど問題ではないような気がします。買い仕掛けは「高いところで買って、さらに高いところで売る」という投資家もいるのです。

以上のように、投資に限らず、一般的にも「常識」と言われることに対して盲目的に信じていませんか。もし、その常識が正しいとすれば、その結果も常識的になるはずてす。しかし、投資に関してはそのようになっていないような気がしますが、いかがでしょうか。

ここに、一般に常識とされることが本当は間違いであったという例を挙げてみます。

◆卵を食べるとコレステロール値が上がる。
レシチンの作用でむしろコレステロール値が下がる。他にもいろいろよい成分が入っているので、毎日1個以上の摂取が望ましい。一番消化されやすいのは半熟。

◆うどんは消化に良い。
柔らかいから消化に良いと思ってるだけで、本当はうどんの粉が消化に悪い。

◆牛乳を飲むと骨が丈夫になる。
牛乳消費世界一のスウェーデンで骨粗鬆症が非常に多いのがその証拠。牛乳にはカルシウムが多く含まれてはいるが、その吸収を阻害する成分もある。飲み過ぎはよくないってことです。

◆牛乳を飲むと背が伸びる。
牛乳飲んでも骨が太くなるだけで背は伸びない

◆豆腐は高たんぱく低カロリーの理想的な健康食品。
標準的な豆腐1丁に含まれる脂肪分は大さじ1杯相当と意外と多く、また、豆腐には実質的に食物繊維がほぼゼロ。

◆お茶で薬を服用してはならない。
薬の吸収にタンニンはほとんど影響しない事が判明した為、現在はお茶で薬を服用しても別に差し支えないとされている。

◆暗い所で本を読むと目が悪くなる。
成長の過程にあって近視が進行中の子どもの場合、余分な調整力を強いられると、近視がより進行する可能性がある。少なくとも近視の度数進行がすでに止まっている大人の場合は「目が疲れることはあっても、目が悪くなることはない」という考え方が一般的です。要するに、暗い所で本を読むと一時的に目の疲労が原因で見えづらくなったとしても、それが視力の低下には繋がらない

◆デジカメは画素数が増えるほど高画質になる。
A4サイズ程度のプリントなら300万画素と1000万画素の違いはほとんど分からない。むしろ、撮像素子(CCD、普通のカメラのフィルムに相当)上の1画素の面積が小さくなるため、受光量が減り、全体として画質が落ちる。

◆鼻血は上を向いて首筋を叩くべし。
鼻血出たときに上向くのは、鼻腔内の出血が喉を通って胃に流れ込んでしまうため、気分が悪くなることがある。上を向くことによって、止血にはなんの影響もない。首の後ろ叩きは、「指を怪我したので手を振り回している」と同じような状態。安静にしておいたほうが止血は早いから逆効果。

◆毛を剃ると濃くなる。
毛の根元は太いので、剃った断面が広く毛が濃くなったように見えるだけである。

◆指をボキボキ鳴らしたら関節炎になる。
関節炎の原因となるのは老齢や怪我、肥満と遺伝で、指をボキボキ鳴らしても関節炎にはならない。

◆脳細胞は減り続ける。
脳細胞は生まれてから減り続ける一方だという説は誤解である。多くの研究で脳の数箇所では新しい細胞を生成していることが証明されている。
常識を盲目的に信じるのではなく、たまには別の角度から見てみるのもよいのではないでしょうか。
拙者の格言
『人は固定観念や自己暗示によって行動している。何の疑問も持たず常識を鵜呑みにしている。これでは「烏合の衆」となる。既成概念を破れ』

『世の中はいつも間違っている。世の中は、本来あるべき正しい姿から常に乖離しながら変化している。よって、現在の常識はいずれ非常識となる。常識は先入観』

≪ 自分の性格を知る ≫

株式投資で成功するには、単純に株式の知識だけではなく、投資家の心理も大きく左右することを理解しておくべきでしょう。しかし、気合だけでは勝てないことも理解しておくべきです。

投資家には常に強気派と弱気派が存在します。強気派には自分は常に周囲の情報を的確に把握していると自信を持ち、また投資技術においても自信を持つ傾向があります。元来持ち合わせた性格かもしれませんが、このような投資家は結構多いものです。これは、認知のゆがみと捉えることができます。

強気派は収益を上げたときの成功体験の印象を強く持ち続ける投資家である。投資成果はハイリスク・ハイリターンとなる。

一方、弱気派はすべての現象をネガティブに捉える傾向が強い。周囲の情報、関連する物事すべてがネガティブに見えてしまう。株式投資では、自分が大損してしまった銘柄を二度と見たくないという心境がはたらく。そのような心境は正しい判断の邪魔になる。

過去の失敗をいつまでも引きずるタイプの投資家である。投資成績はローリスク・ローリターンである。

強気派も弱気派も投資家の性格に起因するところが大きいような気もするが、一般的に、人の心にはさまざまな認知のゆがみや、偏ったメンタルの傾向などが見られます。ここでは強気派と弱気派のどちらが投資に向いているかという問題ではない。おそらく、どちらも投資には不向きであろう。

投資とは無機質なものであるが、そこに人間の感情を入れてもあまり良い結果は得られないのではないだろうか。投資では「冷静で、かつ客観的な判断」となるわけですが、人間である以上、大なり小なり感情が移入する。

市場が大きく乱高下すると、投資家の感情も大きく揺さぶられる。これは当然なことです。問題は次の行動です。強気派は「まだまだ大丈夫だ」と持ち株を持続する。弱気派は「もうダメだ」と損切りをする。結果は別として、パニックに陥ると感情(性格)によって行動する。

私は、投資で感情が強く出ると負けると思っている。パニックになって行動して、後になってから、どうしてそのような決断をしたのだろうかと思ったことはありませんでしたか。投資の世界でなくてもパニックになっての決断は正しいはずはありません。「あせりと緊張は失敗を招く」ということです。

しかし、これでは結局どうすれば良いのかと思い悩むところですが・・・。自分を投資向きの性格に直すことは無理があるので、まずは自分の性格を知ることから始めることです。自分の性格をモニタリングするのです。

過去の売買で、どのようなときにどのような感情であったかを記録することです。そして、これからも記録していくことです。株式投資を成功させるには、その記録に基づいて、感情に振り回されて、偏りに陥っていないかどうかを分析するのです。

投資では、投資スキルだけではなく、このような角度からのアプローチも必要となってくるのではないでしょうか。

自分の心の動きに注意を払うことが投資で成功する近道ではないだろうか。

リスク対策

投資市場では常にサプライズは付きまとう。投資家は常日頃からその対策を講じておかなければならない。相場急変で「どうしよう、どうしよう」と、うろたえているようでは投資家失格である。投資市場では何があるかわからない。急騰、急落は常である。それを承知で市場に参入してきたのではないか・・・。

多くの投資初心者は相場が急落すると「何が原因なのだろう」と考える。しかし、何が原因であろうと現実は持ち株の評価損。現実に目を向けるのが先である。急落の原因を追究する前に手持ち株の対策を考えるのが先であろう。急落の原因など考えても何も始まらない。

急落によって手持ち株の評価損が膨らんでくると「どうしたものか」と考える。そして、次に考えることは「ここまで下がったのだから戻りはあるだろう」と期待する。または「ここは少し様子を見よう」などと考える。しかし、期待や様子見では現状は変わらない。こんなことではいつまでたっても投資での収益には程遠い。

投資とリスクは切り離せない。投資には常にリスクはつきものであることは誰でも知っている。誰でも知っているものの、ほとんどの投資家はその対策を行っていない。当然ながら「下げたら損切りするんだ」と強い意志で望んだものの、あまりにも大きな急落にただただ呆然として、損切りの実行ができない。この繰り返しである。

多くの投資家は投資リスクに対しての考えが希薄である。投資市場では必ず、急騰、急落はある。そして、さらに大きな○○ショックが起こる。これらを踏まえた上での投資市場への参入であったのではないだろうか。

リスクのある市場では必ずリスク対策が必要である。リスク対策には、損切りをはじめ、ヘッジやつなぎ、また、持ち株の増減など多様な対策があるはずです。それらを講じずに、ただ「様子を見よう」などは「逃げ」以外の何物でもない。投資市場は戦いの場である。戦いの場で逃げ回ってばかりいては負けるのは当然です。

戦いには武器が必要である。それも最新鋭の武器が勝利をもたらすことになる。投資家の武器は攻め込まれたときに、いかに攻めを防御し反撃にでるかが勝敗の分かれ道となる。

投資における防御とは、損切りであり、また、ヘッジやつなぎであろう。これらの対策を日ごろから構築し、あらゆるアクシデントに対応できる体制を整えておくべきでしょう。

ボラティリティの大きい市場での売買法

最近の株式市場はボラティリティが大きい。以前は為替の動向によって企業業績が左右され、株価が上下していましたが、今年は理屈が逆になっているようです。

値動きの大きい要因は何であろうか。私はコンピュータによる高速取引が原因ではないかと考えています。統計資料によると、発注数と成約数の差が開いていることです。つまり、市場への発注数は多いものの、その成約数は発注数に比べて少ないという現象です。

これは「見せ玉」、つまり「大量」の買い注文(売り注文)を約定させる意思がないのに出して、約定前に注文を取り消す行為です。大量の注文で、発注や取り消し、訂正を用いて取引が活発であるかのようにみせかけます。これを高速コンピュータで行うものです。

見せ玉を行うには相場操縦できるほどの大きな資金(数千万円~数億円規模)が必要になります。見せ玉は相場を意図的に操作しようとする行為です。見せ玉は証券取引法で「相場操縦」として禁止されている行為なのですが・・・。

高速売買では、先物の細かな売買が一方向に続くことで値動きが大きくなるのだそうです。一方、個別では、テーマ(材料)を絞った短期売買の勝率が高いそうです。いずれにしても大きく動かしたいファンドによる先物売買が中心です。

以上のような取引は、当局が規制を行うとの噂もあるのですが、いずれにしても自由市場である株式や先物市場はフェアな取引を願うものです。

ボラティリティが大きくなれば、売買は必然的にハイリスク・ハイリターンとなります。このような状況での売買は当然ながら、ハイリスクの部分はロスカットで対処します。そして、ハイリターンの部分はできるだけ持続します。

しかし、これは理屈の上であって、実践ではなかなかうまく行かないものです。とは言うものの、実際には、これらの手法(損少利大)に近づけた売買を行わなければ利益を得ることはできません。

まず、ロスカットをどのように行うかですが、通常は投資家の資金量等によって、損切り幅を決めて実行することが一般的でしょう。しかし、以前にも解説いたしましたが、私は建玉の大小にかかわらず金額によるロスカットを行っています。

たとえば、100万円投資しても損切り金額は10万円、200万円投資しても損切りは10万円などとします。一般的に、投資金額が大きくなると、どうしても損切り金額が大きくなってしまうことがあります。

これを損切り金額を一定にして行うことによって、投資金が少ない時は損切りまでの幅が大きいですし、投資金が多い時は損切りまでの幅が小さくなり、早めの損切りとなります。金額での損切りはメンタル面でも楽になります。

そこで、損切り金額はどのように算出すればよいのでしょうか。もちろん、投資資金量により損切り金額を10万円、20万円などと固定値としても良いのですが、正しくは、その損切り金額にも理論的根拠が必要となってきます。

正しい損切り金額の算出方法は、投資資金量に対する市場のボラティリティとのバランスにより算出すべきです。市場ボラティリティが大きい場合は、その損切り金額もそれらに合わせて増額することになります。

また、ハイリターン市場での利食いは、簡便法ではありますが、できるだけ大きな利幅をとるために、上昇後の高値から何%下げたら利食いするなどの決済法が賢明かと思います。

現在のようなボラティリティの大きい市場では、以上のような売買手法で実践されてはいかがでしょうか。

後悔しないためにも

ある会合で株式投資の話題が出た。ある人が退職後に株式投資を始め、投資金は小額で短期売買であるという。5万円も利益が出れば喜んで売ってしまうと言っていた。またある人は、会社の社長で長期投資で配当を貰うのを楽しみにしいてる様子。

前者の投資家は退職後に何もすることがないので、日々の楽しみとして株式投資とバラの栽培をしているという。今までは会社勤めで好きなことができなかったが、退職後は好きなことができると笑顔で語っていた。

またある人は、退職後はのんびりしたいと思い、現在まで何もしていないという。しかし、最近は何もしないことが苦痛に感じてきたと話していた。確かにそのとおりだろう。忙しいのも辛いが、暇なことはもっと辛いものである。

統計に、退職後に何もしないという人は、退職後、7年前後で体調を崩すという統計資料がある。目的もなくただ過ごしていると老け顔になって、老人になってしまう。またまた、私の語録で恐縮ですが『夢を持たざる者は変化を恐れる。守りだけでは堕ち行くだけ。常に向上心を持つべきである。夢を失ったときに、はじめて老いる。』とある。まさしくこのことです。

何もしないということは、夢も目的もなく、日々の刺激もなく、気力も湧いてこない。このような状況では、社会的にも必要のない人間となって老いていくのではないだろうか。何か活動をしてみてはいかがだろう。たとえば、ボランティアとか。

人間は目的を持って、その目的に向かって突き進んでいるときが一番充実して、いきいしている時ではないだろうか。今までの自分を振り返って、自分が一番充実していた時を思い出してみては・・・。

統計資料に、人は晩年になって一番後悔することは何であろうかという項目があった。そのダントツは「チャレンジしなかった」との後悔が70%を占めていた。あの時チャレンジしていれば、今の自分も変わっていたかもしれないという後悔なのかもしれない。

前述の短期売買の投資家、そして配当取りの長期投資家、どちらも株価変動を注視し、成果は別として刺激的な日々を送っているのではないだろうか。楽しみのない人生ほどつまらない人生はないだろう。

私は、普段は投資についてのアドバイスはしないのだか、短期売買の投資家から、「利食いがうまくできないんだよなあ。売った後、大きく上げられて悔しい思いを何度もしているんだよ」と言うので、私は、トレイリングストップの手法について説明してあげた。彼は「いいことを聞いた」と喜んで帰っていった。
拙者の語録

『物事を始めることに遅い時はない。今から始めよ。ここから始めよ。チャレンジに年齢や時期は関係ない。』

『後悔しない人生とは、挑戦し続ける人生にある。』

『現在の自分の姿は、過去の決断の結果である。現在の決断は将来の自分の姿となる。今、何かを決断しなければ将来は何も変わらない。』