負け組

もう何年も投資をしているのに一向に勝てない人には、どんな問題があるのだろうか。あるデータより検証してみたい。現在の自分の投資手法と照らし合わせて考えてみてはいかがだろうか。

投資家1万人の調査データ(ザイ・オンライン)をこまめに調べ、資産1億円未満で直近1年の成績が0%以下の人を負け組と定義し、勝ち組の人と比べてみた。

負け組の平均年齢は51.5歳とやや若めで、株や投信への投資年数が浅め。日本株での過去1年の実績は0.6%増と、80%増の勝ち組と比べるとかなり低い成績だ。また、投信を買っている人はわずか20%に過ぎず、NISAを開設している人も31%。低コストのネット証券で投資をしている人も28%と3分の1以下で、コストに気を配らない投資家が多いことがわかった。

投資スタイルでも、勝ち組との差が顕著に出ている。たとえば、「投資のタイプ」では、株では株主優待狙いがダントツで、投信でも分配狙いやローリスク・ローリターン狙いが多い。さらに、「1年間で許容できる損失」については、「元本割れは許容できない」人が48%と、リスクを回避する志向が強いことも判明した。

さらに、驚くべきは「投資のルール」で「守っているルールがない」という人がダントツに多かったこと。「分散投資」はかろうじて20%近くになったが、その他の項目はおおむね10%以下。また、「銘柄選びのポイント」では、「株主優待」と「配当利回り」の2つのみが30%を超え、勝ち組に多かった「相場全体の動き」はなんと0%。非常に狭い視野で銘柄を選んでいる。そして、「会社名を知っているかどうか」を重視している人の割合も、勝ち組と比べると多いのが特徴だ。

「儲けるためのポイント」でも、売買タイミングよりも、「銘柄選び」と答える人が多く、さらに「収支の確認頻度」は、株式投資においても「1日に1回」はわずか24%で、銘柄選びをした後はほったらかしにする人が多い。総合してみると、「リスクは回避したいけれど、買ったあとはほったらかし」という矛盾する行動が負け組の特徴だ。

元本割れを許容できない人は投資が何なのかがわかっていない。投資はリスクを前提で、どう収益をあげていくかを考えなければならず、買った後にほったらかしにするのは愚の骨頂です。また銘柄選びだけに固執するのもダメ。株主優待、配当、知っている株かどうかだけで銘柄を選ぶのは、負けて当然です。

上記のように、負け組にはそれなりの理由があります。投資には「絶対」はないわけですので、投資でやってはいけないことを消去法で除いていって、やはり自分の投資手法を確立していくべきでしょう。

EU離脱

話題は少し古くなりますが、イギリスのEU離脱表明の原因は何であったのだろうか。私なりに考えると、そもそも、EUの中でもイギリスは初めからヨーロッパ大陸の諸国からは一歩退いた立ち位置にあった。イギリスはEU加盟国でありながらユーロ圏に加わらず、独自通貨であるポンドを維持している。

現在も多くの難民がヨーロッパに押し寄せています。これらの難民を各国が受け入れなければならない。しかし、離脱派の最も端的な主張としては「これ以上移民・難民を受け入れられない」ということです。

難民にとってイギリスは人気国です。それはイギリスの社会保障が手厚いからです。正式な手続きを踏んで難民として受け入れられれば、福祉手当という金銭が与えられたり、無料で医療施設を利用できたり、確実に住居が与えられます。みんな「イギリスは素晴らしい」と言うわけです。

とりあえずイギリスに行けばなんとかなる。そうして移民・難民はイギリスを目指して行くのです。EU加盟国には「難民受け入れを拒否できない」という法律があります。移民についても、特別な理由がない限り拒否できません。だから、イギリスが移民・難民受け入れを拒否、あるいは制限するには、EUを離脱しなければならないのです。

EU離脱の要因として、難民を受け入れることにより社会保障の国民負担が多くなり、経済停滞を余儀なくされることへの拒否反応だったのではないだろうか。

そもそも難民が発生した要因は何であろうか。それはシリア内戦が発端となる。シリア内戦は、現在も続く反政府運動及びシリア政府軍と反体制派による武力衝突である。

シリア内戦は収束の気配を見せず、2014年末にはシリアを難民の最多発生国とした。国外へ逃れたシリア難民は約410万人。そして国内で避難生活を送っている人々は、760万人にものぼる。これはシリアの総人口の約半数、世界の避難民の約5分の1という、他に類をみない規模となっている。

シリア内戦では、アメリカやフランスを始めとした多国籍軍やロシアやイランもシリア領内に空爆を行っており、これらの参戦により内戦は泥沼化している。つまり、シリアの内戦に「何らかの利益」を求めた多国籍軍が参戦し内戦が長期化し、多くの難民を生み出した。

つまり、多国籍軍の参戦により多くの難民を生み出し、結果としてヨーロッパに難民が押し寄せた。この原因と結果は「原因とする多国籍軍の参戦→多くの難民の発生→難民がヨーロッパに押し寄せる→EU加盟国は難民受け入れを拒否できない→難民受け入れは社会保障の負担が多くなる→経済停滞を余儀なくされる→結果としてEU離脱」となります。

多国籍軍の参戦によりEU離脱ということは、結局、自業自得となりはしないだろうか。つまり、自分の行いは最後には自分に帰ってくると言うことです。諺に「天に唾する」とあるが、まさしく、その通りであろう。

森羅万象、作用、反作用の原理で動く。与えれば与えられる。愛すれば愛される。恨めば恨まれる。騙せば騙される。作用、反作用は、調和(バランス)が取れるまで続く。

相場には常にサプライズが付きものです。相場急落、急騰では、歓喜する者、絶望する者、悲喜こもごもであろう。しかし、金融市場では、このような状態は必ず起こるものである。そのためには、何度も申し上げていますように、ロスカットなどのリスク・マネージメントは必須となります。

もし、ロスカットを入れず持ち株の大幅下落に見舞われた投資家は、これを機会に必ず「ロスカットを入れる」ことを売買ルールを明記し実践しましょう。

大いなるチャレンジ

上値抵抗線17000円前後を抜けるだろうか。17000円は5月末の高値前の平均買いコストである。

物事の結果には必ず原因があるわけで、今回の上値抵抗線は買いコスト(17000円)という原因によって上値抵抗線となっている。もちろん、上値抵抗線の買いコスト(17000円)を出来高を伴い抜ければ、今度は上値抵抗線が下値抵抗線に変化します。

株式市場では突発的なニュースやサプライズがあるため、すべてが上記のような理論的な変動となるとは限りませんが・・・。誰でも自分が買った位置から株価を見ています。よって、売買の一番多い価格帯が節目(抵抗線)となりうるわけです。

さて、当コメントを閲覧されている方で、まだ株式投資をしていない、または、現在はお休みしている方も多いのではないでしょうか。「株式投資は怖いから」「以前にだいぶ損をしたので」などの理由で市場に参加していない方もいることでしょう。

たしかに、株投資には元本保証がありませんから、投資金がゼロになる可能性は否定できません。その事実を多少なりとも理解している方は、「株は恐い」と感じるのでしょう。

また、年齢を重ねるにつれ新しいことに挑戦する意欲が失せてくるのも事実。株を始めることに関し「煩いが増えるのはいやだ」という方もいるでしょう。人というのは、年を取れば取るほどリスクを嫌がりますし、なるべくシンプルに生きたいと感じるものです。

しかし、「守りだけでは堕ち行くだけ」という話もあります。常に向上心は持つべきであると思います。格言に「夢を失ったときに、はじめて老いる」とあるように。

株は恐いと感じるのも無理はありません。もちろん無鉄砲に株投資をするのは間違っています。時間的にリスクのとれる若いうちに株投資を始める方が賢明だという話もありますが、私は「チャレンジに年齢や時期は関係ない」と考えています。株式投資では、良くも悪くも一般社会では体験できないような感覚が味わえるのも魅力のひとつでしょう。

株式投資に限らず、何か新しいチャレンジをするときにはワクワクします。考え方もポジティブになります。この前向きの高揚感が若さを保つ秘訣でもあります。

私が見ている限り、退職後は夫婦で旅行に、あるいはゴルフ三昧にと大いに人生を満喫しているように見えます・・・が。それはそれで良いのですが、私から言わせていただければ、あまりにもワンパターン過ぎないだろうか。私には、旅行、ゴルフは大いなるチャレンジとは思えないのです。周りがみんなそうしているから、何の抵抗もなく自分も右にならえとなるのでしょうか。

こんな話をすると「人にはそれぞれに価値観があるんだから、あんたには言われたかねえよ」となるでしょうが、私としては、株式投資に限らず、もっと想像力を働かせた大いなるチャレンジはいかがなものかと考えます。「想像力は道を切り開き、未知の領域に導いてくれる」のです。

あるアンケートに「晩年になり、今、一番後悔していることは何ですか」との問いがありました。その答えのトップはなんと「チャレンジしなかったこと」だったそうです。