一番シンプルな売買判定法

あるニュースから。『株式投資の経験の有無を聞いたところ、「現在もしている」が21.7%、「現在はしていないが、以前はしていた」が10.7%で、32.4%が株式投資の経験があった。「売買をしたことがない」は67.6%だった。株式投資の経験率をみると、男性や高年代層、世帯年収が高い層で高く、30代以上の男性は、約3割が「現在もしている」と回答した。

調査結果によると、個人投資家に金融資産の保有意向を聞いたところ、「国内株式」は「増やしたい」が52.0%で、「減らしたい」が11.1%、「増やしたい」という回答比率から「減らしたい」という回答比率を差し引いた「DI値」は40.9だった。「預貯金」では「増やしたい」が37.2%、「減らしたい」が5.5%、DI値が31.7、「国内投資信託」では「増やしたい」が17.0%、「減らしたい」が6.7%、DI値が10.3、「金」では「増やしたい」が10.2%、「減らしたい」が0.2%、DI値が9.9だった。個人投資家がさまざまな金融資産の中でも国内株式に注目している様子が分かる。

株式投資をしている人の割合が年々減少傾向にある中、すでに投資を行っている多くの個人投資家は国内株式に期待しており、保有割合を増やしたいと考えているようだ。』

*注〕〔DI値〕とは、「良い/悪い」「上昇/下落」といった定性的な指標を数値化して、単一の値に集約する加工統計手法のこと。

つまり、現在、投資活動(株式投資)を行っている投資家は、さらに積極的に投資を行おうとする様子が伺えます。良い傾向だと思います。

さて、積極的に投資活動を行うからと言って、投資資金を増やせば良いという問題ではない。投資額を増やせば、それだけ儲かるという世界ではない。そこには運用するスキルが重要なファクターとなってきます。

いつも述べていることですが、投資には売りと買いしかない。テクニカル分析で分析指標をたくさん組み込んでもあまり意味はない。指標はせいぜい2、3の指標の組み合わせで十分でしょう。ひとつの指標でもかまわないと思います。それ以上の指標の組み合わせても、私の体験上、あまり意味をなさないような気がします。

投資の世界では、○○理論などと高尚にもてはやされることがありますが、あまり、それらの理論で儲かったという話は聞かない。もちろん投資基礎要因として理論が重要であることは分かります。しかし、実践向きでない難しい理論をかざされても私たちにはどうも・・・。投資には売りと買いしかないので、できるだけシンプルに捉えるべきではないだろうか。

そこで、一番シンプルな売買判定法をご紹介しましょう。これは以前の勉強会で説明したことがありますが、理論的根拠は希薄なものの、誰でも分かるシンプルな判定法です。

まず、A4のコピー用紙に判定したい銘柄の株価チャートを2枚印刷します。そしてその2枚を重ねます。下側の用紙をAとします。上側の用紙をBとします。

合わせた2枚の用紙の裏から光を当てます。そして、上側のBの用紙を少し右にずらします。下側の用紙Aを現在の株価の変動とします。ずれた用紙に後ろから光を当てると必ずAとBの株価チャートが交差するところがあります。これらはラインチャート(折れ線グラフ)にすると、より明確に判定できます。

Aの株価がBの株価を上に抜いたところが買いとなり、Aの株価がBの株価を下に抜いたところが売りとなります。これはすべて順張りになります。さらに、Aの用紙の右にずらす幅により、短期売買か中期売買か、あるいは長期投資に分けることができます。いかがでしょうか。

自分に合った手法に特化して

投資活動を長く続けていると、自ずから自分の投資スタイルというものができ上がってくるものです。これは意識するしないにかかわらず、本来の自分の潜在的な性格に起因するものです。

短期売買なのか長期投資なのか、また、集中投資なのか分散投資なのか、逆張りなのか順張りなのか等の選択は、他人の話や書物からの知識にも左右されますが、最終的にはやはり自分の性格に合ったスタイルに落ち着くものです。

投資とは継続して行うことであり、その長期間の中で良い投資法だと分かっていても自分の性格に合わない投資手法や投資スタイルは苦痛に感じるものです。よって、その苦痛は長期間の中では続かず、最後にはそれらを排除し自分に合った投資手法なり投資スタイルに収斂していくものでしょう。

そこで、良い投資法だと理解していることは苦痛に感じても我慢して継続していくべきなのでしょうか。苦痛が長期間続くと当然ながらストレスが蓄積されます。良い投資法で収益を上げる(確実ではないが)か、ストレスの蓄積を天秤にかけることになります。みなさんはどちらを選択しますか。

投資の基本はファンダメンタズからが常識とされていますが、私はこのファンダメンタルズの分析が不得意です。ファンダメンタズの分析は企業業績の分析から世界経済の見通しまで多岐にわたります。その分析には多分に主観も入ります。

私には、これらの多くの情報を収集する能力もありませんし、その資料を分析するマルチ的な才能を持ち合わせていないことを自分では良く分かっています。では、投資の基本であるファンダメンタズを無視して投資の世界でやっていけるのか。

投資の世界にもあまりファンダメンタズの影響を受けない分野があります。そうです、短期売買です。売買が短期になればなるほどファンダメンタズの影響を受けなくなります。デイトレードなどはその典型かもしれません。

私は短期のテクニカル分析に特化しています。そして、その分析をさらに深く掘り下げていくことが私のライフスタイルとなっています。自分の好きなことは長時間作業してもあまり苦痛は感じないものです。

しかし、若い頃は徹夜も平気だったのですが、最近は気持ちだけ先走りして身体が付いていかないようで・・・。気持ちは歳を取らないが、体力がついていかない。しかし、愚痴を言っても始まらないので、自分の信じた道をひたすら歩んで行きたい。

余談になりますが、友人が「歳を取ると何もいいことはないなあ、髪は薄くなるしシワもシミ増えてきたし、体力もなくなってきたしなあ」とぼやいていた。確かにそのとおりではあるが、私は「知識と経験だけはあるだろう。さらに自由になる時間もあるだろう」と強がりを言ってみた。

自分に合わないことを長く続けてもうまくはいきません。ストレスが溜まるだけです。それなら自分に合ったことに特化して深く掘り下げて自分の能力を存分に発揮すべきです。

市場の懸念

隣国、韓国では多くの経済問題を抱えているにもかかわらず、韓国株価(指数)はあまり変動していない。なぜだろうか。海運最大手(韓進)が破綻したのはすでにご存知でしょう。サムスン電子はスマートフォンのバッテリーの爆発による大規模なリコール問題が発生。さらには数多くの特許訴訟など多くの問題を抱えている。

サムスン電子の株主構成をご存知だろうか。サムスン電子の外国人持ち株率は54.0%となっている。外国人持ち株率が50%以上ということは韓国企業といえるのだろうか。見方を変えて、これはグローバルなマーケットとして世界から信頼されているという意味なのだろうか。また、サムスン電子の配当性向は5.2%と極端に低い。

最近はロッテ騒動問題が噴出している。野球ファンは、ロッテ球団が身売りされるのではないかと心配しているようだ。

一方、中国では経済低迷にもかかわらず、3000ポイントぎりぎりで維持している。これは当然ながら共産党による官製相場であることは間違いない。まさしく株価操縦である。これは資本主義の根幹を成す自由市場を脅かすことになり、いずれ誰にも見向きされないことになるだろう。

中国のGDPは世界第二位とされるが、このGDPを国民一人当たりで計算したらいかがだろうか。経済大国もいいが、飲めない水、汚染された土地、汚染された空気。経済大国になっても人の住めない国では意味がないだろう。

一般的に、株価はファンダメンタルズを反映していると言われているが、市場操作やディスクロジャー(情報開示)、コンプライアンス(法令順守)を無視した市場は、投資家からは、いずれ見放されることになる。

逆に株価変動から、その企業の実態を知ることもできる。このところのドイツ銀行の株価である。ドイツ銀行の株価が下げ続けています。それらを表すように、ここにきてドイツ銀行の経営不安説が急浮上しています。

日本ではあまりニュースになっていないようですが、ドイツ銀行における米国の住宅担保ローンに絡む不正販売を巡って、米司法省が同行に対し140億ドル(約1兆4000億円)の支払いを求められています。簡単に払える金額ではないので、経営危機説が流れているのです。

つまり、ドイツ銀行は世界的な金融危機(リーマン・ショック)を起こした投資銀行であるリーマン・ブラザーズと同様に、インチキをしていたと言うことです。

世界最大のデリバティブ(金融派生商品)・ポジションを持つドイツ銀行に、複数のヘッジファンドが委託していたデリバティブの取引を縮小したと一部で伝わったことでさらに懸念が広がっています。

また、ドイツ政府が冷戦以来初めて、国家的緊急事態に備えて「食料や水を備蓄するように」と国民に呼びかけているという。これは何を意味するのか。なにか背筋がゾッとする不気味な感じです。

現在、市場の懸念は「ABCDショック」です。Aはアメリカにおけるトランプ大統領の誕生、Bは英国のEU離脱(Brexit)、Cはチャイナの景気減速、そしてDのドイツ銀行です。

いずれにしても、投資の世界は一寸先は闇。明日のことは分かりません。「備えあれば憂いなし」です。よって、リスク管理だけはしっかりと。

実践に勝る勉強はない

東アジア情勢が混沌としています。北朝鮮はミサイルは撃つし核実験をするわで危険極まりない。韓国では海運最大手(韓進)が破綻したし、中国は景気減速しているのにもかかわらず公表されている経済指標はデタラメ。まさにプロパガンダである。

中国による東シナ海、尖閣諸島の問題。また、南シナ海のほぼ全域を領海だと主張する中国。それを全面的に否定する国際司法の判決。中国は現在も国際ルールに従わないという強硬な姿勢を示し続け、中国が南シナ海で着実に進める実効支配の実態。さらに、12月にはロシアのプーチン大統領の来日も予定されている。北方領土は戻ってくるのだろうか。

このような状況下、我々投資家も外部要因に目を離せないところです。しかし、一喜一憂しないことです。明日の相場など誰も分からないのです。相場の急変にはロスカットで対応すべきです。投資家は収益を上げるために行動しているのですが、儲けることより大損しないことを念頭に入れて対処すべきでしょう。

さて、相場に絶対はないわけですが、ある投資家が一定期間シミュレーションして、「これならいける」と意気込んで連絡してきた。もちろんテクニカル手法であるが、その手法をくどくどと説明して私に意見を求めてきた。

聞くところによると、分析期間は半年程度であるが「これがうまく行くんだよ」と嬉しそうに言う。まだ、実践はしていないと言う。しかし、私に言わせれば、半年程度のシミュレーションの結果でうまく行くはずはない。

シミュレーションも長ければよいと言うものではないが、半年程度では話にならない。このような短期的なシュミュレーションは、株価変動にテクニカル指標を合わせているに過ぎない。つまり、株価変動にテクニカル指標を最適化させているだけである。その指標の内容やテクニックを聞くまでもない。

このように小手先の分析は、投資初心者が陥りやすいものです。かつて、私もこのような罠に何度はまってしまったことか・・・。ちょっと相場から距離を置いてみれば、初心者でも分かることですが、投資経験の浅い投資家はどうしても近視眼的になってしまうものです。もし、6ヶ月程度のシミュレーションでうまく行くなら、もうすでに誰かが発見しているはずです。

投資はやはり実践から学ぶべきです。理論(シミュレーション)と実践には、それなりの乖離があるものです。私ごとですが、以前、株式の両建て売買をしていましたが、銘柄数も多く、また、システム売買のため寄り付きの成り行きでの注文であるため、自分の注文で値が変動してしまうという現象が起こり、やむなく先物市場へ転換しました。

しかし、最近は先物市場でも寄り付き値が異常に乖離する現象が見受けられます。このように些細なことですが、シミュレーションと実践では誤差が生じることもあり、繰り返し売買するとその差は次第に大きくなるものです。

私は、前述の投資家に「とにかく、それで実践してみてはいかがですか」と返答した。私があれこれ説明しても、入れ込んでいるため聞く耳を持たないようでしたので。ただし、ロスカットだけは絶対に入れておくようにクギを刺した。ロスカットを入れておけば大怪我はしないと思いますし・・・。

やはり、相場は実践です。机上の理論だけでなく、ある程度体制ができたら実践することです。そしてそこから学ぶのです。相場とは体得していくものです。実践に勝る勉強はありません。