投資は得意分野で

市場のボラティリティが大きくなると、投資活動でハイリスク・ハイリターンとなる。最近は前日の終値と翌日の寄り付きの始値の間に大きく乖離することが多いようです。つまり、窓空けして寄り付くということになります。

酒田五法による窓空けには「三空叩き込み」や「三空踏み上げ」などがあります。「三空叩き込み」とは、下落相場で3回も窓を空けてしまうと、さらに下がるのではと恐怖を感じますが上昇転換のチャンスとなることが多いと言われています。「三空踏み上げ」は、上昇相場で3回も窓を空けてしまうと、行き過ぎだから売っておこうという心理が働き下落転換となることが多いと言う。

「三空叩き込み」や「三空踏み上げ」などを売買手法に組み入れるのはやや危険な感じがしますが、相場のひとつの見方として捉えればよいのではないでしょうか。

ではなぜ、このような窓空けとなるのでしょうか。もちろん何らかの突発的なニュースや材料が出たときなどはパニックになり、売買が集中して窓明けで寄り付くことも多い。上記の「三空」などはその典型ではあるが、このような状況が発生すると、たしかに相場も材料出尽くしとなって反転することが多いようです。

しかし、以前は現在のような窓空けは少なかったような気がします。考えるに、窓空けの要因のひとつとして、現在は先物の夜間取引やCFDが影響していると思います。夜間に大きく変動すると当然ながら翌日には大きく乖離して寄り付くことになります。あまり乖離して寄り付くと、投資家も売買の判断に迷うことにもなります。

東京市場の夜間取引の変動は何によって大きく影響するかというと、もちろん突発的な材料などよるところも大きいのですが、ほとんどはNYダウをトレースするかのように追従して変化しているようです。

経済がグローバル化する中で投資市場も同様にクローバル化されて、相場変動の要因が多岐にわたることが分かります。このように、これからは東京市場も国内の要因を分析するだけでは難しいのではないかと思います。では、分析に「海外の要因も・・・」と言っても、個人投資家レベルではやはり無理があります。

私としては、ファンダメンタル分析や材料、海外の情報等の分析は不得手であるため、いきおいテクニカル分析にのめり込んでいったという経過があります。だからと言ってファンダメンタル分析や材料、情報の分析は必要ないというわけではありません。それぞれの得意分野で実力を発揮すればよいのです。

現在の投資環境では、投資の分析も多岐にわたり、また多様性が要求されるものですが、これらをすべて網羅することは難しいため、究極は自分の投資に対する適正(得意分野)を考え、分析範囲を絞り込んで特化し、自分に合った投資手法で売買すべきでしょう。

株式投資実践セミナー2017年3月2日(木)~新宿開催

あなたは株式投資でこんなことを悩んでいませんか?

・どの銘柄を買えば儲かるのか
・どのような投資方法が成功への近道なのか
・損しない方法は

もしこのような疑問を抱えている方は
3月2日(木)に新宿で開催する「株式投資実践セミナー」にご参加ください。
ただいま受講料3,000円のところ無料で参加頂けます。

当日は株式投資で2008年以降年間負け無しの柳橋が、 株式投資の基礎的なことから柳橋の投資手法について講義します。

無料セミナーに参加する