金額での損切り

相場の上昇期から下降期に転換する時の売買は難しいものがある。そこで、ひとつの投資手法(損切り)について述べてみたいと思います。

たとえば、株価1000円の銘柄を1000株買い付けしたとします。売買代金は100万円となります。そこで損切り幅を設定します。損切りを10%に設定すると損切り金額は10万円です。株価が900円になったら損切りします。

これは一般的に損切りと考えられますが、もし株価が1100円に上昇し、さらに買い増し(1100円で1000株)した場合の損切り基準はどのように設定すべきでしょうか。

1000円と1100円での買い付けで2000株。それぞれを10%で損切りすると、21万円(10万円+11万円)の損となります。これらの方法で買い上がりや買い下がりを行っても投資金に対する損切りは10%となります。これらが一般的な損切りに対する概念でしょう。

これらは「率」によって損切りとなりますが、もうひとつの方法は「金額」での損切りです。たとえば、損切り金額を10万円とします。株価1000円の銘柄を1000株買い付けした場合、損切りは10万円なので株価が900円になったら損切りします。これは上記の10%損切りと変わりません。

もし、この「金額」での損切りで買い増しした場合はどのような処理をするのでしょうか。「金額」での損切りは、損切り限度額が10万円ですので、たとえ建玉が増えたとしても損切り金額の10万円は厳守します。

株価1000円と1100円で合計2000株買い付けしたとします。この場合の金額での損切りはやはり10万円です。投資金は210万円となりますが、これらに対して10万円の損が出たら損切りします。

同じ銘柄での買い付けのため、株価1000円も1100円も同じ幅で変動します。そこで、投資金は210万円で損切り10万円は株価がいくらの時か逆算します。逆算すると株価1000円での損切りとなります。(1000円での買い付けは損益0、1100円での買い付けは損益-10万円)

投資において投資金の増減はあるものです。投資金が増えてくると投資家も緊張してきます。なぜなら、万一、損切りが発生すると損切り金額も大きくなるからです。緊張が続くと投資判断も狂いがちです。

もし、金額での損切りであれば投資金が増えたとしても、あまり緊張せず気楽な投資ができるのではないでしょうか。「損はこまめに切る」という投資基本にも合致してきます。一考されてはいかがでしょうか。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する