メンタルとルール

最近の株式市場はボラティリティが非常に高くなっている。一日の変動も乱高下して方向性が定まらない状況にある。このような乱高下では、買い方も売り方もロスカットとなってしまう。「ロスカットしなければ良かったなあ」と思うところですが、サプライズにより反対に展開しただけであって、その確率は50%であるからやはりルールに従って実行するべきです。

勝率50%の世界で勝利するにはロスカットだけです。前回解説しましたように、ロスカットすることにより投資収益は倍増するわけですから・・・。

以前、ある会合でキャンブラーと称する人に会った。彼は世界のギャンブル場を回ってギャンブルで生計を立てているという。にわかに信じられなかったが話を聞いてみた。

「ギャンブルで勝つには何が一番大切か」と聞いた。彼いわく「勝とうとする強い気持ちと自分なりのセオリーを持つことである」と。これを私なりに解釈すると「メンタル面」と「ルール」となる。投資はギャンブルではないが相通ずるところがある。

ギャンブルだってサイコロを振ったときのように、その確率は50%程度ではないだろうか。確率が50%程度で、その中で勝ちに行くにはどうするべきか。やはり勝ちたいという強い気持ち(メンタル)とセオリー(ルール)なのだろうか。

株式投資を客観的に見て、たとえば10銘柄を買い仕掛けしたとする。確率50%とすれば、5銘柄上昇して5銘柄下降となる。下降となった銘柄をロスカットする。その後上昇となった銘柄も適切に利食いしなければ、今回のサプライズのように買値を割れてロスカットとなる可能性もある。よって実践では勝率が50%を下回ることになる。

投資でロスカットを忠実に実行すると、後はいかに利食いを的確に行うかである。この点が投資では利食いが一番難しいと言われる所以であろう。損が続いていると、気持ちも萎縮してしまい、少しでも損を少なくしようと、どうしても利食い幅が小さくなってしまう。これが人間の共通した意識であろう。

しかし、このような時ほど上記のギャンブラーが言うように「強い気持ち」が必要になってくるのだろう。強い気持ちとは「相場に対する万年強気」とは異なる。

投資の世界では、やはりメンタル面(感情のコントロール)が一番重要だろう。戦う前から弱気では、すでに戦う前に負けている。そして、次に来るのはやはり自分なりの売買ルールであろう。

多くの投資家は、どのような手法で売買すれば儲かるのかと、投資技法に走りやすいようですが、やはり投資の基本をマスターしてからの投資技法であることを理解するべきでしょう。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する