様子を見る

世界経済は混沌としており、リーマンショックを彷彿とさせるような荒れた相場が続き日経平均株価は音を立てて下落しています。日本をはじめ各国中央銀行の量的緩和だけでは、この状況を打破できるはずもなく悪戦苦闘しているようです。さらに中国経済のハードランディングが懸念されてきており、新興国に暗い影を落としている。

このような中、投資家は、自分の買った銘柄が下落しても、それを認められず、買った自分を正当化しようと必死になる。それでも株価の下落が止まらないと投資家は耐えられなくなり、損切りを迫られる。最後まで下落相場を受け入れなかった投資家がついに保有株を手放したとき下落相場は終息する。

通常、最後まで諦めなかった投資家が大量の投げ売りが出ると出来高は通常よりも多くなり、これにより売りが出尽くしたと判断できる。そして新たなトレンドが生まれる。投資の際は、買い残と出来高の両面に注視したい。

以上が通常の相場の転換点となるのだが・・・。しかし、現状を見てみると世界経済はあまりにも不安材料が多い。株価の混乱、原油安、産油国ファンドの売り、円高など。最近はドイツ銀行の不安説なども出てきている。やはり、何と言っても中国経済の危機であろう。一説では中国経済のクラッシュは、リーマンショックの4倍以上となるだろうと言われている。

このようなことから、我々個人投資家は不安でいっぱいです。荒れ狂う相場の中で、新規に仕掛けてもすぐに損切りとなってしまう。頭を抱えている投資家も多いのではないだろうか。

確かに、現在の相場はボラティリティが非常に高い。しかし、このボラティリティ対策をしっかり講じて売買すれば特に問題はないような気がしますが、いかかでしょうか。我々は「買い」だけではなく「空売り」という手法も利用できるわけですから・・・。空売りは怖いなどと言っているようでは荒れた相場を乗り切れません。

もし、多くの銘柄を保有していまさら引くに引けないという投資家もいるでしょう。長期投資だから我慢しなければという投資家もいることでしよう。そのような投資家も現在の混沌とした金融市場を見ると心穏やかではないはずです。

このように状況に追い込まれた投資家は、保有株をそのままにして、ヘッジ(保険)をかけてみてはいかがでしょうか。もちろん日経先物でも良いでしょうし、株式市場に上場されている225の投信などでも良いでしょう。しっかりとした対策を講じることです。

投資において一番いけないことは、窮地に追い込まれたときに「もう少し様子を見よう」という考えです。投資家の多くは、この「様子を見る」ことで、現状の窮地から逃げているに過ぎないのです。自分に対する方便でしかないのです。そして、結局は保有株が塩漬けとなり動きが取れなくなるのです。

「様子を見る」なら、何らかの対策をとってから様子を見るべきです。たとえば、損切りをするとか、ヘッジをするなどしてから様子を見るべきです。損失を恐れるあまり何の対策も講じないで、ただ様子を見ようなどとは初心者以下に成り下がっていることです。

もし、しっかりとした自分の売買ルールを持ち合わせていたなら、上記のような「様子を見る」ということはなくなるはずです。

投資市場は自由市場です。どのような売買しても自由です。しかし「自由」とは、規則があっての自由です。規律やルールのない自由は暴走し、最終的には崩壊を辿ることになるのです。自己ルールに忠実であれ。

 

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する