投資手法の検証

中国の証券監督管理委員会の主任は、出席した全国人民代表大会の部会で、集まった記者らに対して「株を買ってください。株を売らないでください」とパフォーマンスを披露したと言う。さすがにこれには中国メディアも「何を言いたいのか分かりますか? 私には分かりません」と酷評した。ほとんどが批判的だ。

米経済メディアのブルームバーグは、中国・上海株の暴落が加速していた昨年7月、習近平国家主席が手書きの文書で、株価維持を事実上命じていたことが分かった。異例の指令書で重大な危機感を示したにもかかわらず、国内外の投資家は総スカンで、株価対策も失敗に終わった。一方、人民元の国際通貨化も看板倒れで、当局は買い支えに必死という惨状だ。共産党一党独裁下の市場経済という大いなる矛盾が浮き彫りになっている。

中国当局は、株価も関係者を取り締まれば維持できると考えているのだろうか。市場経済は多くの人が自由な活動をすることで発展するもので、共産党の一党独裁体制で市場をコントロールすることなど不可能だろう。

『本来あるべき姿から乖離したものは、いずれ是正され、再び元の位置に戻される』と言う。結局、間違った手法は無駄であるということです。

さて、手法といえば、投資家はそれぞれの投資スタイル(手法)を持って投資活動に励んでいます。儲かる時もあるが損をする時もある。これが投資の世界である。巷には多くの投資手法が存在します。

しかし、あらゆる投資法を採用し投資に挑んだが結果はさっぱりという声が多いようです。これらについて私なりの考えを述べてみたい。

数多い投資手法の中で、明らかに使えない手法や間違っている手法がある。ひどいものには占いや星座から売買を判定するなどのいかがわしいものから、勝率80%などと謳った手法まである。

これらは論外であるが、投資とは「理論と実践」であるため、理論的根拠の希薄な手法は、まず除外するべきです。理論的根拠については投資家の判断に委ねられることになりますが、投資家自身が納得できる根拠であればよろしいと思います。勝率やパフォーマンスの良さに惹かれることなく、分析根拠を十分理解した上で採用するべきです。ただ実践で使える手法は、ごく一部でしかないことを理解しておくことです。

もし仮に、最終的には収益の上がる投資手法があったとします。その手法であっても常に勝ち続けることはないと思います。負けが続くこともあります。もし、収益の上がる手法と理解しつつも、連続して負けが続くと多くの投資家は止めてしまいます。これではいつまでたっても投資手法の確立はできません。

ここで私の提案ですが、もし、自分に合っている理論的根拠のある投資手法が見つかったなら、売買を最低単位で行い、相場の山と谷、つまり上昇トレンドと下降トレンドの両方について売買してみることです。

相場には追い風や向かい風があります。また、偶然やサプライズということもあります。そのため上昇だけ、下降だけの検証ではなく、相場の山と谷の両方において実践売買して検証するべてきです。これらによって、その投資手法が正しいか否かを見極めるのです。多くの投資家はちょっとかじっただけで「これはダメ」と結論付けしているようです。ある程度の期間は検証してみることです。

ここで、自分に合わない手法でも検証するべきかという問題が発生しますが、私は投資家に合わない手法は無理に採用する必要はないと考えています。なぜなら、投資の世界では極度のトレスが発生します。その上で自分に合わない手法の採用は更なるストレスとなる可能性があるためです。投資とは継続して行うものです。そのためできるだけストレスは最小限に抑えたいものです。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する