一番重要で難しいこと

投資家であれば誰でも「トレードで生きていこう!」と考えるのは、ごく自然のことでしょう。また、人付き合いが苦手だから「トレードで生きよう!」などと考える人もいるかもしれません。しかし、株やFXだけで生活できる人は極めて少ない。たまたま追い風に乗って大きな収益を上げることもあるが、ならしてみればトントンかマイナス。その失敗も「認識の甘さ」からではないだろうか。

実際のところ「株やFXで生活できている人がどの程度いるか」といえば、それは極めて少ないものです。カリスマ投資家も時間が過ぎればただの投資家となる。投資では、ほとんどが失敗して、けっこう悲惨な境遇になったりする。

投資に向かうひとつの理由としては、会社などでの対人関係に嫌気がさして、自分ひとりでできるビジネスはないものかと考える。ネットビジネスはいかがなものかと考えるも、ネットビジネスも相手が見えないだけで、クレームの処理などで頭を痛めてしまう。

そこで、その行き着く先に残ったのが「株」や「FXトレード」ということなにる。私は、対人関係がうまく行かない人は投資の世界でもうまく行かないことが多いような気がします。

なぜなら、対人関係がうまく行かないということは、たとえば、相手の意見に反論せずに我慢してしまう、自分が意見すると相手はどのような気持ちになるか考えしてしまい、意見しないでしまうなどが多いのではないだろうか。つまり、気持ちが入りすぎてうまく対応できない。そして、ストレスが蓄積され対人関係に嫌気が差すといったところだろう。

また、あるときは自分が批判されると、我を忘れてキレてしまう。受け流すことができず、とことん攻撃してしまう。つまり、対人コミュニケーションが上手くいかない典型的なパターンは、感情コントロールができなくて、いわゆる「キレてしまう」ということです。

「感情コントロールができない・・・」。これは当欄で何度も解説しましたように、投資で一番重要で難しいことは、感情のコントロールなのです。投資の世界は歓喜と絶望の世界と言われるように、まさに感情が大きく揺さぶられる世界でもあるのです。

しかし、感情が揺さぶられれば投資の世界では負け組みに入ります。実社会でも同様ではないでしょうか。よって、対人関係がうまく行かないということは、ある意味では感情のコントロールがうまく行かないということでもあり、そのような方が投資の世界に参入してもうまくいかなということにならないだろうか・・・。

とは言うものの、実は私も人付き合いが苦手なひとりです。そのためか今まで相場の世界では散々苦労してきました。相場では、感情、欲と恐怖のコントロールができなければ最終的には負けることになります。

現在でも感情のコントロールは苦手な方ですが、できるだけ自分のメンタル面の弱さを理解し、感情にブレや歪みがないかを確認しながらトレードを続けています。

投資家の皆さんも感情をうまくコントロールして、投資の苦しみを楽しみに変えるような状況を作り上げるべきです。投資技法などはその後ということになります。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する