饒舌は徳を乱る

イギリスのEU離脱問題で、ニュースとしてはすっかり色あせてしまいましたが、大スキャンダルとして「パナマ文書」流出がある。パナマ文書は、簡単に言えば、資産隠しに利用されるタックスヘイブン(租税回避地)の顧客名簿が流出したということです。ファンドが税務負担を安くするためにタックスヘイブンを利用することはしばしばありますが、富裕層等が税金逃れのために利用するケースもあるため、バレルとまずいという方が世界中にいるということです。

世界の権力者や富裕層がパナマのタックスヘイブン(租税回避地)にペーパーカンパニーを設立し、資産隠しや麻薬・武器取引、脱税などに利用するためのアドバイスをしていたのではないかと疑われている。タックスヘイブンはパナマに限ったことではなく、ケイマン諸島など世界にはたくさんの租税回避地ある。

これらのスクープから思うことは、口では立派なこと(課税逃れ批判、腐敗撲滅、汚職没滅)を言っていても裏では私利私欲に走り、何をやっているのかわからない。庶民には関係ないことなのでしょうが、国民から税金を吸い上げておいて、国民に牲を強いて自分は・・・、というところが垣間見える。

この問題がスクープされて早々に辞任した首相もいる。あまり金銭には関係ないと思われる欧州サッカー連盟元会長の名も挙がっている。おとなりの中国では汚職追放を叫んでいるにもかかわらず、パナマ文書には首脳やその親族の名が連ねている。

このようなことから、我々は何を信用してよいものかと考え込んでしまう。私は政治の裏側を見聞きしているので政治の世界には関心を持たない。政治家は話をすることが商売であり、その話し方もうまいし説得力もある。しかし、しかしである。

私の語録に「饒舌は信用に値しない。饒舌は自分の「非」を無意識に隠す行為である。知る者は言わず、言う者は知らず。巧言は徳を乱る。」とあるが、元都知事などの政治家はそんな感じではないだろうか(すべてとは言わないが・・・)。私は、あまりおしゃべりな人は信用しない。

投資の会合などでは、必ずと言っておしゃべり(饒舌)な人がいる。ワンマンショーのようだ。たまに突っ込んでみると、そのはぐらかしもうまい。私は付いていけない。

皆さんも一度や二度は投資セミナーなどに出席されたことがあると思います。講師は慣れたもので理路整然と解説し説得力もある。しかし、それだけ投資に対する理解があるのなら講師などしないで自分で投資すればと思う。

投資セミナーの受講経験者には失礼であるが、投資についてあまり理解していない講師の話を聞いても実践ではあまり役に立たない。投資についてあまり理解してない講師とさらに理解していない受講者であるから、受講者は「うんうん、なるほど」と納得している。ある意味ではバランスが取れているのだろう。(失礼)

やはり、投資の世界は実践から学び取るべきでしょう。損失を出し、その辛さを体験し、初めて成長するものです。もちろん理論も大切ですが、実際に大きな損失が発生すると理論どころではないことは皆さんも体験済みでしょう。

少し話題が飛んでしまいましたが、要は、投資ではあまり人の話は鵜呑みにせず、自分で体験して学ぶべきです。

 

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する