デイトレードについて

私自身はデイトレードは行いませんが、デイトレードについてのご質問が多いため私なりの基本的な考え方を説明してみます。デイトレードについては、多くのノウハウ本が氾濫していますが、投資の基本だけはしっかり身に着けてから実践に入ってください。

株式投資の三要素は、相場観測、銘柄選択、売買テクニックですが、デイトレードは一日での手仕舞いですから相場観測はあまり必要ないようにも思えますが、デイトレードにおける相場観測は、トレンドの方向性の確認程度は必要かと思われます。

次に銘柄選択ですが、取引されるている銘柄も多くありますので、その中から銘柄を見つけ出すには何らかの基準が必要です。まず銘柄選択時には、出来高(取引量)が多いことが必須となります。株の売買をする場合、出来高の多さは非常に重要です。日中の取引銘柄の出来高がどう変化しているかにも注視しなければなりません。

出来高の多い銘柄は、出来高の少ない銘柄に比べチャート上の出来高の増減がはっきりしています。この増減に慣れてくると、それに伴って次に株価がどう動くのかある程度理解できるようになります。

続いて、株価の値動きの幅が大きい銘柄を選択します。出来高が多い銘柄でも、値動きの悪い銘柄もあります。銘柄によって出来高はランキング上位に入っているにもかかわらず、値動きはほとんどしていない銘柄もあります。いわゆる低位株と呼ばれる銘柄ですが、1日の値幅が3円から10円程度で、何千万株も取引される銘柄です。このような銘柄は資金力のある証券ディーラーなどに好まれますが、個人投資家には向きません。

デイトレードで扱う銘柄は、値動きがある程度激しい銘柄、一日の値動きの幅がその銘柄の株価に対して5%以上の銘柄を扱うことが多いようです。なぜなら、一日で利ザヤを稼ぐデイトレーダーにとって値幅の広さが重要だからです。

例えばA社の株価が現在3000円で前日の高値が3150円、安値が2950円だった場合、(高値3150-安値2950)÷3000 =0.066。つまり6.6%の値動きがあることになります。これくらいの値幅があれば十分利益を得ることが可能となります。従ってデイトレードをするなら必然的にこのような動きの銘柄を選ぶことになります。

次に、板に注文がしっかり入っている銘柄の選択となります。板とは現在の値段に対して、注文がどれぐらい集まっているかを示す買い注文と売り注文の集合体のようなものです。値動きが荒い銘柄でも、この板の注文がしっかり入っているような銘柄はチャートの動きがわかりやすくなります。

以上が銘柄を選ぶコツとなります。このような特徴を揃えた銘柄の選択となります。銘柄選択は、公開された出来高ランキング上位銘柄などから選択すると容易に選ぶことができるでしょう。また、銘柄選択時には株価の値段によって、5円刻みだったり、10円刻みだったりしますので呼値には注意してください。

銘柄選択ができたら次は実践に入りますが、その前に売買のルールを決めておかなければなりません。

第一にはやはりリスク管理です。つまり損切りの徹底です。損切りはデイトレードにおいて絶対に不可欠な行為です。デイトレードのノウハウ本やウェブサイトでも損切りの重要性は記載されています。損切りについては、いまさら詳しく述べる必要はないと思います。

さらに、ポジションサイズも決めておかなければなりません。ポジションサイズは、現在用意している投資金に対して、どのくらいの資金を一回のトレードにつぎ込むかということです。

デイトレードを始めた初心者が、投資金をフルに使用して取引を行ったならば、おそらくポジションを持った後、心理的に大きな負担がかかるかもしれません。身の丈に合ったサイズで取引するべきでしょう。

またレバレッジをかけるか、かけないかという問題も発生します。これらについても投資家の経験や熟練度によって決めるべきです。たしかに扱う資金量が大きくなれば、当然ながら利益も大きくなりますが、その分損も大きくなります。あせらないことです。

続いて利食いについてですが、利食いについては常日頃から述べていますが、投資では一番難しいのではないかと思います。一発で最高の利食いは難しいので、分割決済などで対処してはいかがでしょうか。

ある投資家が言っていました。「利食い幅と損切り幅を同じにしているんだよ」と。一瞬、それでは儲けが出ないのではないかと思いましたが、彼いわく「勝率を上げるんだよ」と言う。確かにそのとおりではあるが、どのようにして勝率を上げるのだろうか。いろいろな売買法があるもんだなと感心しました。

デイトレードには向き、不向きがあるため、積極的にお勧めするものではありませんが、いずれにしてもルール厳守で挑みたいものです。

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する