投資技術の以前に

当欄は投資に対しての解説であるのに、あまり技術的な解説がないのではないかと思われるかもしれません。。まさにご指摘のとおりです。私自身もテクニカル派を自認している立場からもっと投資技術の解説するべきであると思うのだが。

ここで言う投資技術とは、相場観測や銘柄選択、売買テクニックであろうが、私としては、これらの技術を習得する前にもっと大事なものがあるような気がする。たとえば、投資技術の上からここで損切りしなければならないとしても、それを確実に実行できなければ何にもならない。これでは絵に描いた餅になってしまう。

誰でも投資技術を身につければ即収益に繋がると思い、投資セミナーに出かけて行き、また、投資指南書をむさぼるように読む。その内容の真贋は別として、それらを習得して現実的に収益を上げられただろうか。何が間違っているのだろうか。

投資は投資家の最終決断によって実行される。その実行時の投資家の心理状態を考えてみよう。もし、その投資家がトータルで収益を上げているならば、損切りも容易にできるであろう。しかし、技術的にはここで損切りしけなければならないことは分かっているが、損失額を計算すると大きな損失となり損切りを躊躇してしまう。

投資の世界では、このようなことはよくあることで、大きな損失になる前に何らかの手立てはなかったのだろうか。大きな損失を被らないためにも確固たる投資技術も必要なのだが・・・。

さて、投資家は大きな損失を被ると「こんなはずではなかったのだが・・・」、あの時ルールを守っていればと後悔し心が折れてしまう。しかし、その後悔は何度も繰り返しやってきていまだに改善されない。何が悪いのか。

ある資料に「心が折れやすい人と逆境に強い人の思考習慣の違い」について書いてあった。心が折れやすい人の思考習慣には次のような特徴が共通して見られるとのことです。

「いつも誰かと比較して自分の欠点ばかり見ている」「相手の嫌な面ばかり見て、相手が全て悪いんだと思い込んでいる」「漠然とした不安や心配を堂々巡りさせている」「視野が狭くいろいろな視点から物事を見つめられない」「物事を先延ばしにして、行動できない」「自分ではどうしようもない環境にばかり愚痴をいっている」「完璧にやろうとしすぎて疲弊する」「過去の失敗にずっとクヨクヨしている」

皆さんはいくつ当てはまっているでしょうか。私としては、悲しいかな、ほとんどの項目に当てはまっている。誰でもいくつかの項目は合致していると思います。これらの「心が折れやすい人」が克服する方法は、市販のノウハウ本などにいろいろと書かれているので今更ここで述べる必要もないでしょう。

要は、追い詰められたときにどう対処するかである。誰でも追い詰められると、心が折れ、ネガティブになり最後にはパニック状態になる。これでは投資に限らず何事でもうまくいかない。

私はこのような考えています。どのような冷静な人でも追い詰められると正しい判断ができなくなる。では、追い詰められる状況をいかに回避するかである。投資には絶対はないが、追い詰められる状況をできるだけ作らない方法を考えてみてはいかがだろうか。

「追い詰められる状況を作らない」ということは、究極的に投資の世界では「大損しない」ということではないか。投資では損失は避けられないが、大損は避けられるような気もする。

大損を避けるにはどうすれば良いか。これは簡単なことです。「こまめな損切り」です。そんなことは分かっているとブーイングされそうですが、物事を突き詰めていくと、究極はシンプルでやさしいことなのです。投資の世界は、売りと買いしかないので何も複雑に考える必要はないのです。シンプル・イズ・ベスト。

上記のように、投資で成功するためには投資の技術的な問題以前に、投資家自身が克服するべき問題があるような気がします。このようなことから、当欄では投資技術以前の問題をテーマとして多く解説しています。この点をご了承ください。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する