証券投資の優位性

東京市場は往来相場からやっと変化が出てきたようです。相場格言に「小回り3ヶ月」とありますが、その格言どおりになるのでしょうか。

キャピタルゲインを得ようとするには株価に変動がなけれはなりません。儲けようといくら頑張っても株価変動がなければ利益を得られません。自分の成績と株価変動(ボラティリティ)の相関性も考えておかなければなりません。

ただ、相場に変化が見られるといっても最近は外部要因のリスクが高くなってきています。ご存知のように、北朝鮮、韓国、中国、米国などのリスクです。中国の経済指標は、ほとんど捏造であり、実態が分かりません。中国の株価は不思議と3000ポイントを割り込みません。もちろん株価維持のための操作をしています。

韓国の経済も低迷しています。1997年のアジア通貨危機がきっかけとされる韓国の金融機関の不良債権問題が一気に吹き出て、国家破産のすれすれのところまで追い込まれたが、国際通貨基金(IMF)の支援で命拾いをした経緯があります。また、日韓通貨スワップ協定は延長されない見通しで、両国の関係悪化が続いています。北朝鮮問題もしかりです。

投資家は、このような外部要因によるリスクを常に考えておき、その対策を十分備えておかなければなりません。最大のリスク管理は「損切り」にあることは常々申し上げています。

さて、話題は変わりますが、資本主義経済で一番利益を上げられるものは何でしょうか。それはもちろん起業することでしょう。そして上場して大株主になることではないでしょうか。

世界の億万長者のランキング上位のほとんどはビジネスオーナーです。ビジネスオーナー、イコール自社の大株主である。しかし、起業が成功しビジネスオーナーになり、大株主になることは株式投資で勝者になることより難しいのではないでしょうか。

もし、起業ができないとすれば次はなんだろうか。それはもちろん投資でしょう。投資にもいろいろありますが、代表的なものは証券投資や不動産投資です。不動産投資はある程度まとまった資金がなければできません。一方、証券投資は小額な資金でも可能です。であるから私達個人投資家は証券投資に励んでいるわけです。

株式投資の所得税は20%です。株式投資の所得税は他の税率の中で一番低いのではないでしょうか。それだけでも有利なはずです。私が証券投資で一番魅力に感じているのは税率はもちろんですが、一番の魅力は「換金性」です。必要になれば即換金できます。

証券投資では、かなりの面で優位性があります。この優位性を利用しない手はありません。あと残るのは「投資手法」です。よって、投資家自身の投資手法に磨きをかけて投資資本家となることです。

経済書として話題になっているトマピケティーの21世紀の資本では、資本家とそれ以外の人(労働者)の格差がなぜ広がるのかについて記載されています。彼は「財産を持つ金持ち全体が、株式投資や不動産収入などで、どんどんお金が増えていくペースと労働者全体が働いて経済を成長させるペースを比べたら、前者の金持ちの財産が増えるペースの方が上である」と説いています。

どうした日本

最近、国会は大事な法案をないがしろにして、一地方の問題を云々して騒いでいる。国民もいい加減にあきれているのではないだろうか。騒いでいるのはメディアだけだ。大事なのは法案の議論や世界情勢であろう。北朝鮮からはミサイルが発射されているというのに・・・。また、中国も沖縄県・尖閣諸島への攻勢を強めている。わが国を取り巻く安全保障環境の変化への対応など、重大問題が山積しているのにメディアはどこ吹く風だ。

私はいつもマスメディアの情報の9割はノイズ(雑音)であると言っている。時としてメディアにより真実が嘘の情報のもとに隠蔽されることがあるとも言っている。

よって、私はテレビや新聞は見ないことにしている。一方通行の情報であるテレビや新聞では編集者や製作者の意図に大きく左右される傾向がある。これでは、知らず知らずのうちに洗脳されてしまうことにもなる。

一方、ウェブサイトのブログやフェースブック、ツイッターなどは賛成意見や反対意見など双方が網羅されており、両方の意見を見て、聞いて自分で判断することができる。もちろん過激な意見や常識外れの意見もあるが・・・。

一般的に反対する声は大きく激しい。常識的な人たちはあまり意見も言わず静かに見守っている。そのため、メディアは声が大きく激しい方に耳を傾けてしまう。そして売らんかなの商業主義のメディアが面白くおかしく報道する。報道内容が正しかろうが間違っていようが報道の自由をかざして報道する。

本来メディアとは中立で、事実を賛成意見、反対意見を織り交ぜて報道すべきであるが、最近のメディア報道はかなり偏っていると思う。偏向や隠蔽、捏造報道が蔓延しているような気がする。これでは日本国民を正しい方向には導けない。

ご存知のように米国トランプ大統領は米国メディアを激しく非難している。メディアの偏向、歪曲報道をして、自分の意見や考え方を正しく報道していないと怒っている。そのためツイッターなどを利用し、広く国民にストレートに広報している。

メディアの偏向、歪曲報道は世界的な傾向なのか?。最近の日本のメディアを見ていると多分にそのような傾向が強いように感じる。私はメディアの偏向、歪曲報道が日本を貶めているような気がしてならない。

よって、メディアの報道には十分注意していかなければならない。投資関係の情報においても「カリスマ投資家」「勝率80%」「絶対に儲かる」「○万円を○億円にした」「極秘の情報」など興味をそそるタイトルが並ぶ。

相変わらず投資詐欺の事件が起きている。困ったものだ。これからは自分の考えや理念をしっかり持って、他人に左右されることなく投資活動にまい進していただきたいものです。

日本人は勤勉である

投資とは一体なんだろう。「投資」とは主にお金に関係することであり、損・得というイメージがつきまう。しかし、これら投資の定義に共通する投資の本質とは、「将来の為に行動を起こすこと」です。

投資とは一般に、株式投資、投資信託、国債、不動産投資などであろうか。しかし、日本人は投資に対して消極的であるように思われる。もし投資に対してマイナスなイメージを持っていたとしたら、恐らく投機やギャンブルと混合し、儲かるのは一部の人と勘違いしているのではないだろうか。

野村総合研究所がアンケート調査した、一般個人に投資のイメージを聞いたところ、「リスクが大きい」(39%)を筆頭に「素人には難しい」「不安・心配」「損をする」など、上位にはずらりとマイナスの言葉が並んだ。「利益が得られる」(14%)と、少し前向きな評価が登場するのはようやく14番目だ。

投資や資産運用は、そんなに危なっかしくて、一部の人たちだけしかできないことなのか。多くの人が投資に抱いているイメージであるが、ここで投資の意味を改めて考えてみよう。

「投資の利益は不労所得。お金は額に汗して稼ぐもの」と 日本には投資に対する偏見が根強く、それが「個人マネーの大半が預貯金に滞留している大きな理由」との見方がある。確かに投資や資産運用で額に汗することはないかもしれないが、投資も立派な頭脳労働である。「投資では額に汗しないが、背中に冷や汗をかく」。

日本人は勤勉である。この勤勉さが現在の豊かな日本を築き上げてきたのだろう。最近は少し元気がないようにも見えますが、この勤勉さがあれば、これからの日本も安泰であると思います。しかし、日本人が勤勉である反面、稼いだお金を運用することには不得意のようである。

誰でも「今よりも資産が増え、将来的には金銭的不安のない暮らしを実現したい」という考えは持っているだろう。そこでこれらを満たすものが「投資」ということになりはしないか。つまり、「勤勉な労働」プラス「投資」が将来を豊かにすることになるだろう。投資の目的もそうあるべきです。

そのためにも「投資」について真剣に考えなければならない。しかし、投資をした結果、大損をして不幸になってしまっては元も子もない。今より少しでも金銭的に、心に余裕のある暮らしを目標にするのであれば、しっかり勉強をして、それなりのルールを守って投資に臨まなければならない。

投資については、投資の金額や資金の性格、また、投資家自身の考え方によって、さまざまであろう。そこで、投資家自身の目的に合った考えの中でルールを決め、投機やギャンブルにブレることなく投資を行うことです。

投資にはリスクが伴う。しかし、投資利益の源泉は「経済の成長」にあり、私は日本人が勤勉である限り、投資は割に合う(長期的な視点で)と考えています。

究極の目的は?

私の周りの人達も中高年になり、多くの人が何らかの薬を飲んでいる。聞くところによると血圧を下げるための「降圧剤」を飲んでいる人が多かった。さらにコレステロールを下げる薬を服用している人も多かった。

高齢になればやむを得ないことなのだろう。テレビなどでは血圧の標準値は「130」などと言っている。病院に行っても同様に言われるようだ。私は専門化ではないが、やや疑問に思っている。この血圧「130」は何歳の平均値なのだろうかと。20歳、それとも80歳?。

ある人は、血液検査でコレステロール濃度が「基準値」を超えているので動脈硬化のリスク抑えるため、食事や運動などの生活習慣を図るよう指導される。そして、コレステロール濃度を下げる薬を渡される。しかし、食事を制限しても血中のコレステロール値にはほとんど影響がないことが明らかになったという論文もある。

以上のように中高年者は何らかの薬を服用している人が驚くほど多い。我々は医学には素人であるため医者やメディアの情報を盲目的に信用するしかないのだろうか。

ある老人が病院で検査を受け、医者は「特に悪いところはありません」と告げたものの、その老人は「何か薬をください。薬を飲まないと不安で、不安で」という。笑い話のような話であるが、薬を飲んでいると安心するのだろう。

薬を飲めば当然ながら副作用がある。薬は身体にとって「異物」であり、ある意味では毒でもある。毒が体内に入ると肝臓で分解して無毒化する。しかし、毎日継続して薬を飲んでいると肝臓も疲れてしまうのではないだろうか。酒も同じである。

私の知人に血圧が「220」の人がいる。医者からは「このままでは死にますよ。薬を飲みなさい」と言われていると聞いたが、その知人はガンとして聞かない。何か考えるところがあるのだろう。彼は冬も半袖のシャツで、正月には禊のため神社の池に入って冷たい水を被るという。いつも元気だ。

ある女性は手足が冷えて冷えて困っていると言う。どうしてだろうと考え込んでいた。その女性は血圧が「150」で「降圧剤」を飲んでいる。血圧が低くなって手足に血液が行かないのだろうか。聞くと「降圧剤」を飲んでからだという。高齢になって血圧を下げると脳にも血液が届かなくなりボケてしまいはしないだろうか。

高齢にもなると身体に自信がなくなり、運動をしたり薬やサブリメントを飲んだりして健康維持を図る。冬の零下ともなる寒い朝に一生懸命にジョギングなどしている中高年の姿を見かける。寒いのに大丈夫なのかと心配します。余計なお世話かもしれませんが・・・。

皆、健康が一番だという。確かにそのとおりだろう。しかし、私は次のように考えます。健康な身体を維持することは素晴らしいことですが、要は、健康な身体になって何をするかにあると思います。その「何をするか」を忘れているような気もします。

お金についても同様です。お金を儲ける、貯めることは良いことです。しかし、その先にあるもの、つまり、そのお金で「何をするか」が究極の目的ではないだろうか。

健康もお金も「手段」でしかないのです。健康な身体になって「何をするか」、お金を儲けて「何をするか」。目的を強く持つことによって健康な身体となり、そして、お金も増えてくるのではないだろうか。
拙者の語録から

『健康は笑いから、病はストレスから。病人は笑わない。ストレスは万病のもととなる。ストレスの原因は、不安、不満、苦悩、恐怖、憎悪、嫉妬、緊張、羨望、絶望、怨恨である』

『「薬」とは毒のことである。毒は身体を蝕む。薬は、それを治すことができるかもしれないが、必ず、ほかの多くの機能を害することになる。薬は人体にとって異物である。人体に一番良い薬は「水」である』

『世の中はいつも間違っている。世の中は、本来あるべき正しい姿から常に乖離しながら変化している。よって、現在の常識はいずれ非常識となる。常識は先入観』

『誰でも長生きしたいと願う。しかし、長生きして何をするかの目的意識を持つ者は少ない。健康は最終的な目的ではなく、健康は豊かな人生を送るための手段である。夢や目的を持って行動することにより健康で長生きできる』

『情報過多は迷いを引き起こす。マスメディアの情報の9割はノイズ(雑音)。時として、メディアにより真実が嘘の情報のもとに隠蔽されることがある』