答えは常に自分の手の中にある

投資初心者や個人投資家は誰でも安いところで買って高いところで売りたいと思います。私だって望むところです。できるだけ安いところを探すため、移動平均線から、できるだけ大きいカイリ率の銘柄などを探します。

この手法は逆張りとなります。投資手法はどのような手法でも良いのですが、この逆張り手法では売買のチャンスが少なくなります。ハンターが木陰に隠れて獲物がくるのをじっと待ち構えているようなものです。

売買手法はともかく、投資市場は自己責任を前提に自由です。絶対のない投資市場ですが、私なりに長年研究してきた過程で、明らかに間違っていると思われる手法は理解しているつもりです。

では、明らかに間違っている手法とはどのような手法かと興味の湧くところでしょうが、これらについては当欄で何度も解説しています。結論的に言えば「結果的に儲からない手法」ということになります。バカにするなとブーイングもありそうですが、事実は事実です。

では、儲かる手法はどのような手法かと質問されるでしょう。結論は「分かりません」となります。またまたバカにするなとブーイング・・・。長年研究していてもなかなか結論は出ないものです。ただ、儲かりそうだという方向性は見出しているつもりです。

いつものことで恐縮ですが、私の語録に『答えは常に自分の手の中にある。ただ気が付かないだけである。今まで自分が辿ってきた道にその答えがある。』とあります。これは私の投資体験から生まれてきた言葉です。

投資の世界では欲が絡み感情的になって見えるものも見えなくなってしまいます。皆さんも体験はあるでしょう。興奮状態で売買し、後になって、なぜこのような売買をしたのかと振り返ったことがあるでしょう。

相場の世界では冷静さを失い、投資の基本を忘れ、自己の売買ルールさえも忘れてしまうことがあります。つまり、冷静さ、平常心を失っては、見えるものも見えなくなり正しい判断はできなくなります。「欲は盲目」

正しい判断(答え)は常に自分の手の中にあるのです。今まで経験した投資体験の中にその答えはあるのです。それを欲という雑念で見えなくなってしまうのです。誰でも成功体験、失敗体験から学んだことがあるはずです。通常なら、それらの体験が積み上がって成長していくはずです。しかし、相場の世界だけは、その学習が生かされないのです。同じ失敗の繰り返しです。その理由はすでにご存知でしょう。

上記の内容は、投資家個人の考え方や価値観に依存するところであり、何も私が強制するものではありません。しかし、長年投資の世界に携わってきた私の現在の投資に対する方向性は「順張り」と「損切り」です。

正しい答えは常に自分の手の中にあるのです。目の前にあるのです。