相場心得

相場では勝つこともあるが負けることもある。投資手法は投資家の数ほどある。しかし、相場には絶対はない。これが正しいという正解もない。これらを踏まえて、相場には常に謙虚に向き合うべきである。

投資初心者がたまたま時流に乗り儲けると有頂天になる。相場なんか簡単だと慢心する。相場は長く続けるもの。たまたまの偶然を自分の実力と錯覚したときがピークとなる。慢心は山の頂き。そして慢心は下り坂の始まり。

相場は継続して売買することによって収益を上げることができる。継続は力なり。長い間の売買では山あり谷あり、さらに想像を絶するようなサプライズが必ずある。好調時も不調時にも常に「万が一」のための対策を取っておかなければならない。

相場の勉強をしたからといって勝てるわけではない。経済学を勉強したからといって儲かるわけではない。常識があるからといって勝てるわけでもない。勝つためには実戦を通して体験していくしかない。

理屈は誰でも知っている。分かっているが実践ができない。実践ができない理由は欲が原因である。実践できないことは欲の深さに比例する。欲は感情を揺さぶる。相場に感情を出せば必ず負ける。

相場における勝者は2~3%。相場は継続して売買してこそ収益を上げることができるが、継続して行くと勝者は2~3%となる。嘘のような話であるが現実である。投資家のほとんどは相場に夢を抱いて参入してくるが、現実は非常に厳しい世界である。勝者は夢をみない、勝者は常に孤独である。

今後の相場を見通して投資をする。投資とは将来に対する行為である。しかし、先のことは誰にも分からない。だからリスクを承知で投資をする。リスクとリターンはシーソーのようなものである。不透明な将来に投資するには、いかにリターンを得るかではなく、いかにリスクを抑えるかである。

投資活動に入ると精神状態が不安定になる。それは不安からくるものである。不安とは、先のことを考え過ぎたり、物事の成否を考え過ぎたりすることにより、限界意識が先にたち起こるものである。あまり先のことを考え過ぎるな。大事なのは今である。

相場では負けることがある。負けによる苦悩は負けを拒否しているからである。負け続けると、それを取り戻そうとしてさらに深みにはまる。正常な人間ならば誰でも同じ心理状態となる。たから、ほとんどの投資家は最終的に負けることになる。負けは素直に認め、その原因を追究することである。負けを認める強さが必要です。

相場は投資家の思い通りには展開しない。投資家の都合で指値やナンピンをしても相場は我関せずである。だから相場は投資家の思い通りの展開とはならない。主役は相場(市場)であり、投資家は脇役であることを理解しておくべきである。

相場は難しい。儲けるために近道しようと思っても相場には近道はない。たまたまの偶然はあるが、勝者として勝ち残るためには根気よく続けるしかない。あきらめないことです。他に方法はありません。