儲けたい、損したくない

投資成果が相場変動に左右されるのは仕方のないことですが、投資家は成果が上がれば、それを自分の実力と錯覚する傾向があります。注意が必要です。もちろん実力のある投資家もおりますので、そのような方はこの限りではありませんが・・・。

しかしながら、多くの個人投資家は希望する成果を得られないでいます。以前にも解説しましたが、投資を始めて5年も過ぎるとほとんどの投資家はマイナスとなっているというデータもあります。

確かに、毎年開催されるトレーダーの会合に続けて参加していると、5年も過ぎればメンバーのほとんどが入れ替わっていることが、これらを物語っているのでしょうか。

売り買いしかない二者択一の世界で、なぜ5年も過ぎると皆負けてしまうのだろうか。半分ぐらいは勝者となってもよさそうなものですが・・・。私はこれらの不思議について以前から考えていました。そして、それなりの結論を見出しています。この点を私なりに解説してみましょう。

まず、初心者に限らず投資家は誰でも「儲けたい、損したくない」という共通の意識で市場に参入してきます。ベテランになってもこの気持ちは変わらないと思います。

私は、この「儲けたい、損したくない」という意識(気持ち)が5年も経てば皆負ける原因ではないかと考えています。つまり「儲けたい、損したくない」イコール「皆負ける」という構図にはならないだろうか。不思議に思うかもしれませんが、例を挙げて解説してまいりましょう。

たとえば、ある銘柄を買い付けしたとします。その後、その銘柄は上がるか下がるかします。もし、買い付け後に下がってしまったとします。その時も「儲けたい、損したくない」という心理が働きます。「儲けたいが下がってしまった」となります。

下がってしまうと損となりますが、その損は「評価損」であり、実損ではありません。そこで、この評価損なら今後上昇となれば損は小さくなり、あわよくば利益となるかもしれないという気持ちになり、「儲けたい」という心理が働きます。投資家なら誰でも同じです。

そうして含み損を抱えながら、どうしたものかと考えます。損は損でも評価損なら耐えられると言ったところでしょうか。そして、塩漬けに・・・。

では、上がった場合はどのような心理状態になり、どのような対処をするのでしょうか。上がれば利益にもなり「儲けたい」という気持ちがどんどん膨らんでいきます。しかし、持ち株が上昇するも何となく不安がよぎってきます。

もし、ここが天井で下げに入ったらどうしようと不安になります。実際に高値から下げたとします。すると投資家は、まず「あの高値で売っとけばなあ」と思います。そして、下げが始まると、高値時の評価と現在の評価を比べて「損をした」と感じます。まだ、評価益があるのにもかかわらず、高値時と比較し損をしたと捉えてしまうのです。ここでも「損をしたくない」という心理が働くのです。

つまり、下がって損におびえ、上がっても損におびえる状況になります。この状態を実際の売買に置き換えてみると、下げられれば「損をしたくない」という心理から実損を嫌い持続することになる。上がれば、儲けたいのはやまやまだが高値覚えで、多少の押しで高値時の価格より損をしたくないので早めに利食いしてしまう。

これでは結果的に「損大利小」となり、これを繰り返して5年も過ぎれば全員が損をしてしまうことになる。何をか言わんやである。このように投資家心理をそのまま売買に繋げるような裁量トレードでは、投資家全員が負ける結果になるのです。

これらは私自身にも共通するものです。であるから、私は裁量トレードをやめて、システムトレードで売買するようになったのです。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する