大いなる旅路

投資家は投資家自身の性格や資金量によって投資手法を構築しなければならないことすでに述べています。投資手法構築に当たっては「相場には何があるか分からない」ことを前提に売買システムを構築しなければなりません。

投資に対する考え方や投資手法は、投資家それぞれに考え方もあると思います。裁量的な売買が得意であればそれでよし。逆張りが得意であればそれでよし。私はシステムトレードであり、また順張り手法を採用しています。これは私の性格に合っているからであり、これがベストであるというわけではありません。

私も当初は裁量的トレードでしたが、気の小さい私は、そのつどの判断に苦慮し迷い、相当のストレスを受けていました。ストレスが大きくなれば平常心は保てず、結局は判断を間違えるという結果になりました。

そして、長い道のりを経て最終的にシステムトレードにたどり着いたわけです。多くのシステムトレードのシミュレーションを行うに当たって、逆張りではシステムが構築できないという結論に達し、最終的に順張りを選択したわけです。

実際にシステムトレードで順張りを行うと、裁量トレードではできない無理な場面にも遭遇します。たとえば、買いから入って順調に上昇となったものの、さらにそこから急騰し、日経平均で1000円も上昇するものなら、所定の買い付け枠を全部買いというサインを出してくるのです。

一般的には1000円も上昇すれば利食いするところでしょうが、順張りでは1000円上昇の後にさらに買い付けすることもあるのです。通常の裁量トレードでは、そこからの買い付けは困難なものかと思います。

つまり、システムトレードの順張りでは、通常は行わないような売買も発生するのです。そのシステムによほどの信頼がなければ実行できないことです。

投資の世界では多くの投資家が負けているという現実があります。この現実は統計上からも否定できないところです。負けの現実の中には、投資の知識も乏しく、資金に任せて売買している投資家もいるでしょう。多少知識があっても追い詰められた状態で大きく損を出してしまう投資家もいるでしょう。

要は多くの投資家が負けているという現実です。それは以前にも解説しましたように「儲けたい、損をしたくない」という感情からくるもので、このような感情で売買すると長い間には全員負けるという結果になるのです。

これらを突き詰めていくと、感情的な売買では儲からないという結論になるのではないでしょうか。これは決して裁量トレードを否定するわけではありませんが、投資では、相場展開しだいでは投資家の感情が揺れ動くこともまた現実です。

感情が揺さぶられれば疲れます。疲れていては良い仕事ができないのも明らかでしょう。そこで「強固な精神力を鍛えて」と言っても、投資とは長い期間続けるものです。はたして人間は長い間緊張状態を保つことができるでしょうか。

このような状況から投資家は投資手法を常に模索し続けているのです。現在の私も、もっと良い方法があるのではないかと模索中です。もうちょっとアイデアのほしいところです。

投資に完璧はないのですから、裁量トレードでもトステムトレードでも良いのです。たとえば、売買の大枠はシステムトレードで、細かな売買は裁量トレードでといった方法もあるのです。

多くの投資家は常に自分に最適な売買法をあれやこれやと模索しながらトレードしていると言っても過言ではありません。投資とは模索の大いなる旅路なのです。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する