ブームはバブル

最近は仮想通貨(ビットコインなど)が話題になっています。CMなども盛んに行われています。相場の世界には「投資経験のない人まで投資を始めたところが天井である」という話もあるのだが・・・。

仮想通貨とは『特定の国家による価値の保証のない通貨であり、主にインターネット上で「お金」のようにやりとりされ、専門取引所などで円、ドル、ユーロ、人民元などの法定通貨と交換することで入手でき、一部の商品やサービスの決済に利用できる。紙幣や硬貨のような目に見える形では存在せず、電子データとして存在し、不正防止のために暗号技術を用い、ネット上の複数コンピュータで記録を共有・相互監視するブロックチェーンで管理されている。このため仮想通貨は「デジタル通貨」「暗号通貨」と呼ばれる。』とある。

つまり、仮想通貨は「価値の保証のない通貨」である。しかし、一般的な投資対象(株や為替など)も価格の保証はない。では、仮想通貨と株式投資はどこが違うのだろうか。仮想通貨も需給関係で変動するが、需給関係が発生する要因は何であろうか。

仮想通貨は、海外などへの送金や決済時の手数料が安くすむほか、送金・決済時間を大幅に短縮できるなどのメリットはあるが、一方、法律に基づく監視の目が届きにくいため、違法取引、脱税、資金洗浄(マネー・ロンダリング)に利用されやすくなる。このように仮想通貨は、まだ熟成されていない発展途上のシステムのようにも見える。

これらの問題について、ある経済評論家と話をした。彼は「仮想通貨は利用者の信用のみに基づいているので、まったく価値がなくなるリスクもある」と言っていた。やはり投資の最終的なよりどころは、株式投資だろうとも言っていた。

仮想通貨のチャートを見ると、中国の株価が天井を打った2015年のチャートのようにも見える。中国の株価は当局の統制が入り、3000ポイント台をキープしているようだが・・・。

話題は少し変わりますが、仮想通貨のような指数をそのままテクニカル分析で判断するのは非常に危険です。大体は失敗するだろう。日経平均やTOPIXなどの指数のみで分析することも危険です。つまり、ひとつの時系列データのみを分析して、それらを売買に利用することは、そこに理論的根拠がないような気がします。

そこで私に質問があった「あなたは先物の売買をしているようだが、先物も指数であり、ひとつの時系列データのみで分析して売買しているのでは」と。そこで私は、「ひとつの時系列データのみ分析しているのではありません」と答えた。

その理由として、私の先物売買は先物の時系列データのみで分析しているのではなく、先物を構成している銘柄、たとえば日経平均先物であれば、これらを構成している225銘柄を分析し、または、TOPIX先物であれば、これらを構成している2、000銘柄を個々に分析し、それらを集計して、その結果により売買の判定を下しているのです。決して、時系列データのみで分析して売買しているのではありません。売買は先物であるものの、売買は個別銘柄の売買のようなものです。

「根拠の軽薄なものに対しては、結果はさらに軽薄なものとなる」と言うことです。系列データのみで分析では、その根拠が軽薄なものとなります。ですから、私は為替取引や仮想通貨取引はやらないのです。

ある投資家が言っていました。株式投資で投資金が半分になり、資金か少なくなってしまったので為替の取引をして資金はさらに半分となった。資金がなくなり仮想通貨取引を始めたもののタイミングが悪く、暴落に巻き込まれ投資資金はパーになってしまったとぼやいていた。

常識的なことですが、ブームだからといってあまり分からないものには手を出さないことです。楽して儲かることはないのです。「ブームはバブル」なのですから。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する