収益の源泉

仮想通貨取引のコインチェック社で、顧客の預かり資産を引き出されるというニュースがあった。投資の世界では何があってもおかしくない。いつしか自分を見失い、暴走し破綻してしまうことのないようにしたいものです。特に需給関係のみで変動する理論のない取引には要注意です。

しかし、理論があるからと言って儲かるものでもありませんが「原因なくして結果なし」です。私たちの立場から考える投資(特に株式投資)とは、実体経済の二次的な要素であり、理論的には、その収益を実体経済以上に求めることはできないということです。理にかなわないものは、いずれ崩壊してしまうということになります。

一般に、株式投資は、今後成長が有望視される企業に株主として参加するわけです。投資した企業の利益の中から配当などを得て、さらにはキャピタルゲインによる収益の可能性が発生してきます。これらを含めて投資家の収益となるわけです。

反論もあると思いますが、私は「長期的な視点から捉えた場合、株式投資における投資利回りは、投資した企業の利益率を上回ることはない」と考えています。もちろん、一時的にキャピタルゲインなどで、投資した企業の利益率を上回ることもあると思いますが、長期的に見れば、それらを上回ることはないと考えています。

ですから、株式投資を長期的な視点で考えれば、企業の利益率より大きく上回り何倍もの収益を上げることはできない。なぜなら、投資投資は、実体経済である企業収益が主であり、我々投資家は従の関係にあり、投資家の収益の源泉は企業収益からとなるからです。長期的視点では、主従関係が逆転することはないと考えます。

このように、長期の視点で判断すれば、一時的な大儲けは間違い(偶然)であると言えるのではないでしょうか。このような考えに基づけば、一時的に大儲けした手法で継続運用すれば、その手法は間違(偶然)っているわけですから、いずれ同等、あるいはそれ以上のマイナスをもたらす結果になります。この点を十分理解してください。

欲張って、企業業績を上回る利益率を求めるため、大きなレバレッジをかけて収益を上げようと試みるも、最終的には、金融危機のように「信用バブル」を引き起こす結果になりかねません。注意が必要です。

以上のように、本来あるべき投資収益は投資家が思っているより大きくはないことを自覚しておかなければなりません。誰でも大儲けしたいと思うのはやまやまですが、たとえ大儲けできたとしても、それは偶然であり、その思考や手法が間違っていたと割り切って考えるべきです。

投資を客観的に、しかも冷静に考えればその通りなのですが、つい利益追求のみに走りそこに何かを忘れているような気もします。投資家の収益の源泉は何であるかを忘れてはなりません。