ギャンの投資手法

私は常々「ブームはバブル」と述べています。投資体験の長い方には理解いただけると思います。これは投資の世界に限ったことではなく、あらゆる経済活動や一般社会にも言えることです。

最近のブームと言えばやはり仮想通貨でしょうか。ある米国の経済学者が述べていました。「我々の考えでは、ビットコインの内在的価値はゼロだ」とし、「例えば国債や株式、紙幣にはそれに対して支払いの義務を持つ対象があるが、ビットコインにはない。ビットコインは収入も生み出さない」と論じた。

そして、ビットコインは資産バブルの本質的な基準を全て満たしていると分析。過剰取引や「新時代」的考え方、高いレバレッジを挙げ、教科書通りのバブルだと指摘。「恐らく今にもはじけるところだ」と記した。仮想通貨ビットコインのバブルがはじけるのは時間の問題。ビットコインは本質的に無価値だからだと述べている。

投資とは自己責任であるが、ビットコインの内在的価値はゼロであるならば、これを投資と言えるのだろうか。ギャンブルと投資は根本的に異なるはずです。Googleが仮想通貨の広告を2018年6月から禁止する。

さて、私は最近、積み上がっていた本棚を整理した。私の本棚には3種類の本しかない。「投資関係」「パソコン関係」それと「心理学」の3種類です。少し整理して処分しようかと思ったが、今は役に立たない本でもなかなか思い入れがあって捨てられない。

投資初心者向けの書籍もあるので、これらは処分しても良いと思った。しかし、心理学の書籍は捨てられなかった。投資で苦しんでいたときの思い出がよみがえり、大いに癒されたこともあったので処分しきれないでいる。そろそろ断捨離の年代でもあるのだが・・・。

本の整理をしていたら分厚い懐かしい本が出てきた。それは「W、D、ギャン」の著作集であった。だいぶ昔に読んだ記憶はあったが内容は忘れていた。そこでペラペラとめくってみた。

ギャンは1878年にテキサスの綿花農家に生まれ、家業を継ぐことなく投資家となった。1929年のNY株式大暴落など数々の相場を体験し、1900年前半に活躍した伝説のトレーダーである。

著書にはギャンの投資理論にはいくつかの法則が書いてあった。それを一項目ずつ読み返してみた。そして、現在の自分の投資法と比較してみた。

法則の内容をいくつか紹介してみましょう。

① 投資金は一度に全部投資せず、小額から運用する。
② ストップロスオーダー(逆指値注文)を使い、損失は最小限に抑える。
③ 過剰取引はしない。資金配分を守る。
④ 含み益が出たら利益を減らさないように逆指値を上げていく。
⑤ トレンドには逆らわない。
⑥ 迷ったときは手仕舞い、ポジションを解消する。
⑦ 値動きがあり、売買が活発な銘柄(市場)で取引を行う。
⑧ リスクを避けるために、分散投資をする。
⑨ 指値注文ではなく、すべて成り行き注文で売買する。
⑩ 根拠のない理由で手仕舞いしない。
⑪ 買い乗せ(売り乗せ)のタイミングに注意する。
⑫ ナンピンはしない。ナンピンはトレーダーの最大の誤りである。
⑬ 小さな儲けと大きな損は避ける。(損小利大)
⑭ 建玉と同時に逆指値を行い、これをキャンセルしない。
⑮ 極端に頻繁な売買は避ける。
⑯ 買いだけでなく空売り(信用売り)も積極的に活用する。
⑰ 値ごろ感にとらわれない。安い(高い)という理由で買って(売って)はならない。
⑱ 明確な理由なしにポジションを変えてはいけない。
⑲ 相場の天井、底を闇雲に決め付けない。
⑳ 他人の助言を鵜呑みにしない。自分で研究し、自分のルールを持つ。

など。

大筋では私の投資に対する考え方と大差はなかった。また、当欄に解説している内容にも合致する。

特に「⑤トレンドには逆らわない」「⑨指値注文ではなく、すべて成り行き注文で売買する」「⑫ナンピンはしない」「⑬小さな儲けと大きな損は避ける。(損小利大)」「⑯買いだけでなく空売り(信用売り)も積極的に活用する」「⑳他人の助言を鵜呑みにしない。自分で研究し、自分のルールを持つ」などは当欄で何度も解説している内容である。

ギャンの投資手法に異論を唱える投資家もいるだろうが、投資の世界に長い間身をおいている私にも共感できる内容であり、投資家の皆さんにもぜひお勧めしたい項目も多い。ご参考までに。