少数派

投資家は常に不安の中にいます。下げても不安、上げても不安になるから不思議です。そのような時、投資家はどのような行動をとるのでしょうか。頭を抱えてウツ状態になっている人もいるかも知れません。あるいは、その不安を解消しようとあらゆるメディアを検索し、その情報収集に必死になっている人もいるようです。

これらは不安から生ずる当然の無意識な行動であり、メンタル面での不安を解消するのには、ある程度の効果があると思われますが、根本的な解決には至らないような気がします。

しかし、情報化社会となった現在では、それらの情報が氾濫し、その真偽のほどを確かめるのも難しいものです。これらの情報は、受け取る側の状況や心理状態によって大きく変わってしまうものです。

あまりにも大きな損失を被り、パニック状態のところに「この銘柄で一発逆転」などの記事があれば、ついつい見入ってしまうのではないでしょうか。人間は、言葉で聞くより活字になった情報を信じる傾向が強いとも言われています。

ある記事に「大きく下がれば下がるほどチャンスは大きくなるので、株式市場が大きく下がったら目をつぶって買うという投資戦略を取るのが、相場の鉄則ということになる」とあった。このようなとんでもない記事には驚いた。名前を明記して書いていただきたいものです。無責任極まりない。

不安を解消するのに情報収集をすることは良いと思いますが、その際には、情報を受け取る側が常に客観的で冷静な状態でなければ正しい判断ができないと考えます。しかし、損失が増大して「客観的で冷静な」といわれても無理な話である。冷静でない不安な状況であるから情報収集に走るわけですから、ここに矛盾が生じてくるわけです。

矛盾は悪循環を引き起こすことになります。悪循環は、投資の世界においては損失を意味することになります。

一般的に問題を解決・決断する場合には、プラスの面とマイナスの面の両方から判断しなくてはなりません。株式投資の場合は、たとえば「ここは大底だから買いに入ろう」と判断した場合、情報収集も自分にプラスの情報を意識的に見るようになってしまいます。しかし、投資にはリスクもあるわけですから、万一、反対の展開になったら「このようにしよう」という対策も同時に取っておかなければなりません。

要するに、投資家は中立的な立場から市場を判断しなくてはならないということです。さらに言えば、できるだけ少数派の意見にも耳を傾けなければなりません。特に相場の世界の情報は、市場の動向に追従し、振り回されて極論に走る傾向があるため注意しなければなりません。

私は常に相場の世界から社会を見ています。すると、一般社会にも大きな矛盾があることが良く分かります。感じることは、現在の社会は情報化社会であり、その多くはマスメディアからの情報であり、これらのマスメディアの報道の仕方によっては、善悪は別としても社会を大きく変化させてしまうことにもなります。

たとえば、現在大きな社会問題となっているのは地球温暖化の問題です。誰しも環境問題に関心があり、二酸化炭素の削減に関心を持っています。また、個々では禁煙問題などがあります。

これらの問題についても少数ながら異なる意見があることをご存知でしょうか。二酸化炭素問題では「人類排出の二酸化炭素による温室効果より、太陽活動の変化など自然由来の原因の方が大きそうだ。IPCCは、人類排出の二酸化炭素が主因だと断定しているが、これは間違った結論だ」というものである。

また、禁煙問題では「最近は禁煙ブームで喫煙率は下がっているのに、肺がんが増加しているということはどのように説明するのか。」などである。いつの時代も少数派の意見は異端扱いされています。

以上のように、今騒がれている問題に対しても異なる意見もあるわけです。我々投資家においても、マスメディアなどの情報に振り回されることなく、自分で考えて、自分で体験して、自分なりの投資スタイルで挑みたいものです。

投資で成功している人は少ないのです。成功している人が少ないということは、成功者は少数派であることになります。一般に少数派は時に非難を浴びることもありますが、少数派が常に間違いである根拠はないのです。

投資成績が芳しくないときは、苦痛であり何かに頼りたくもなるものです。このようなときほど責任を取らないマスメディアの情報などを鵜呑みにすることなく、自分の今までの投資スタイルを検証し、原点に立ち戻り考え直してみることです。マスメディアの情報は「大多数」であることを認識すべきです。

投資の世界で利益を上げ続けられるということは、翻って、大きな損を経験し、それらを苦悩の末に乗り切った先にあるものです。最初から勝ち続けるような投資家は、結局どこかでやられてしまいます。しかも最初に負けた投資家よりも大きくやられることになるのです。負けることは決して嬉しいことではありませんが、負けることも時として必要であると思います。

自分の考えで判断することは、そこに成長があるということです。

「8年間で30万円を2800万円に増やした 3つの実例を期間限定で公開中!」

slide1 わずか数日から数週間で数十万~数百万を稼ぐことができるイベント投資法。夕凪氏の考え方、具体的な事例を動画で公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第1回動画公開スタート】
「30万円を2800万円まで増やした事例を公開」
1回目の映像ではイベント投資という投資手法を実践して、30万円の資金を 2800万円にまで増やした夕凪氏がどのようにして、成功をしたのか秘訣をお伝 えいたします。また、夕凪氏がメインで使っているイベント投資法の中から1つ の投資手法を具体的に事例を公開してご紹介します。

【11月12日(月) 18:00 第2回動画公開スタート】
「たった1日で30万円稼いでしまった投資法」
2回目の映像では前回の映像でご紹介したイベント投資法の中から夕凪氏が メインで使っている2つ目の投資法をお伝えいたします。この投資法は「●●● ●」というイベントに注目し、●●●●による株価の変化を利益のポイントにし ています。映像では●●●●の構造から利益をあげるためのノウハウ、そして、 夕凪氏の実例を公開してご紹介します。

【11月15日(木) 18:00 第3回動画公開スタート】
「10営業日で150万もの利益を叩きだしたイベント」
3回目の映像では夕凪氏がメインで使っているイベント投資法の中から3つ目の 投資法をお伝えいたします。この投資法は日経平均やTOPIXという株価指数の イベント「●●●●●●●●」に注目し、イベントが発生したタイミングを 収益機会にしていきます。 動画では夕凪氏が10営業日で150万もの利益を叩き出した実例を公開します。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のフォームから登録して今すぐご覧ください。

今すぐ参加する