性格に回帰する

今まで私なりに良いと考えられる投資手法やその考え方について述べてきました。しかし、売買技術や理論を習得したからといって誰でも儲けることができるわけではありません。同じ分析システムを利用しても、ある投資家は利益を得て、ある投資家は損をするという結果もあるわけですから不思議なものです。

それでは投資損益を左右するのは、投資理論や売買技術のほかに何が必要なのか考えてみましょう。

投資家は仕掛け時に、あれこれシナリオを描いて仕掛けに入ります。意に反し、仕掛け後に企業業績が下方修正となり株価が下落してしまったとします。当然ながら評価損が発生します。しかしながら、持ち株はそのまま持続。仕掛け時のシナリオが崩れたりにもかかわらずです。投資初心者のお定まりコースです。

投資家は自分なりにルールを作り、絶対厳守の決意で市場に参入します。しかし、実際に売買すると、当初決めたルールも守れない。システム売買だと言ってもあれやこれや自分に言い訳しながらシステムの指示が守れない。誰でも経験があるのではないでしょうか。

システム売買が続かない理由はこの辺りにあるのです。システム売買は完全に投資家の意思を無視した売買であるため、通常の裁量的売買よりきついかもしれません。よって、システム売買が一般化しないのはこのあたりではないでしょうか。

これではどのような素晴らしい手法を持ってしても収益にはつながりません。どのような分析システムを利用しても収益は望めません。投資活動をしていると、このような投資家特有の心理状態に陥ることも多く、結果的に操縦不能となって沈没してしまうことになりかねません。

なぜでしょうか。投資家は誰でも大なり小なり自分は投資知識があり、その手法も理解しているというプライドを持っています。「私に限ってそんなことはない」と。つまり、心理の深い部分で、自分の非を認めたくないという心理が働くものです。

むかし、投資家でもあり評論家でもある人が「自分の考えは間違っていない、間違っているのは相場のほうだ」と言った話はあまりにも有名であり、こっけいな話でもあります。このような考えは潜在的に誰でも持っているようです。

相場では迷いや苦悩の連続であり、常に決断を迫られ、人間の本能の部分が大きく揺さぶられることになります。地位や年齢など一切関係のない、本来の人間に備わっている潜在的な心理や潜在的な部分まで入り込んでくるのです。このように投資の世界はメンタル面において非常にハードなビジネスであることを理解しておくべきです。

投資では、常に緊張状態の連続であり、大きなストレスがかかってきます。「緊張状態の連続とストレス」。人間が長期間このような状況下に置かれた場合どのような結果になるでしょうか。

人間が極限の状態に置かれた場合、本来自分が持っている「人間性」が出てくると言われています。皆さんも体験したことがあると思いますが、普段はみんなに好かれる良い人でも突然の緊急事態となったときなどに、人格が変わり、その人の「本性」を垣間見たということはありませんでしたか。

このように普段は普通の良い人であっても、極限の状態に置かれたときに人格が変わってしまうこともあります。大暴落などにおいてパニックになり、判断が付かなくなり右往左往と・・・。このときの自分が本来の自分の姿かも知りません。

このようなことから、どのような投資理論を持っていても、どのような売買技術を身につけていても、相場では負ける人はいつも負け、勝つ人はいつも勝っているというという結果になります。私が常々申し上げている「投資の成果は、最終的には投資家本人の性格に回帰する」と言うことはこのことなのです。

このような問題は、投資家であれば誰でも今後体験することであり、また大きな壁でもあります。株式投資で多少の利益を上げても、精神的に破綻したり、日常生活に支障をきたすようであれば、本来の目的である豊かなゆとりある生活が達成できなくなってしまいます。

これらの問題は、投資理論や投資技術以前の問題です。これらは投資家に共通した問題であり、投資家本人が克服しなければならない大きなテーマでもあります。相場で儲かるか損をするかは案外このようなところにあるのかもしれません。

人間は追い込まれると弱いものです。相場におけるこのような現状を十分理解して日ごろからその対策を考えておかなければなりません。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する