流れに沿った売買

投資手法において、通常の相場展開では、一般的なファンダメンタル分析やテクニカル分析もある程度は機能するでしょう。しかし、相場には考えてもいないような展開も起こります。○○ショックによる急落や要人の発言などによる急騰など。そのような時、投資家は通常の分析手法が役に立たないことを実感されたことでしょう。

そこで、相場急転で懲りた投資家は、急騰、急落でも通用する手法を模索することになります。あれこれ苦心して、急騰、急落でも凌げる売買手法がある程度でき上がったとします。しかし、急騰、急落にも対応した売買手法を見つけたとしても、その手法がオールマイティにどのような相場展開でも通用するでしょうか。

相場には上昇相場、下降相場、そしてもちあい相場とあります。さらに上昇期には大暴騰もあるでしょうし、下降期には大暴落もあるでしょう。これらに対応した売買手法が、果たしてすべての相場変動に通用するでしょうか。

テクニカル分析を好む投資家は、多くのテクニカル指標から自分なりに合った、いくつかの指標を組み合わせなどして利用されると思います。この時に急騰、急落に指標を合わせ、それらを利用し理屈の上では急騰、急落を乗り切ったと仮定したところで、これらは実際の運用では通用しないと思います。

これらはファンダメンタルズ分析においても同様なことが言えると思います。なぜなら、通常相場では機能するPER、PBRは、急騰、急落の時に適用できるでしょうか。これらの指標の水準が未来永劫、基準として採用できるでしょうか。

つまり、投資の世界には絶対的な基準がないということです。ではどうするか。これらの問題は、投資家の永遠のテーマとなっています。しかし、現在投資活動をしている投資家とっては切実な問題でもあります。私とて、これらの問題に対峙し、日夜孤軍奮闘している状態です。

投資とは、これから有望だろうと思われるところに先行して資金を出資するものです。「これから有望・・・」を心の支えとし、また信じての行為ですが、そこには、不確定要素というリスクも多く内在していることでもあります。

現在のような情報化社会では、その経済状況がめまぐるしく変わり、対応できない状況にあります。暴落時には、まるでバンジージャンプをしているようです。企業経営者も想像すらしていない状況になるのです。

経済状況の急変により、経営者も想像できない状況下で、結果的に、我々投資家はさらに想像もできない事態となっています。これから先の経済状況も読めない状況では、さらに投資に対する自信も持てなくなってしまいます。

傷ついても八方塞がりの状況下であっても、投資を志す者は、あきらめず勇気と気力と知恵を持って進むべきです。そこで、上記の問題を解決する方法、つまり、どのような相場展開になろうとも運用が継続できる方法は何か考えて見ましょう。

これらの問題の解決策は非常に簡単なものです。これらは、私自身が実践し、長い間相場の世界で生き抜いてきた考え方です。それは、当欄でも何度も解説しています「流れに沿った売買」です。

「流れに沿った売買」、つまり、株価が下げ始まったら「空売り」し、株価が上げ始まったら「買い」に入るという、いたってシンプルな手法です。相場の流れに逆らわず、流れに沿った売買です。これらの考えを基本として、売買手法を組み立てることです。

投資家は、企業業績の見通しを立て投資するわけですが、これらの企業業績も遅かれ早かれすべて株価に繁栄してくるわけです。また、企業業績(暴落以前の業績)も無視した大暴落においても「流れに沿った売買」であれば無難に運用継続が可能になるのではないでしょうか。

どのような相場展開でも通用するオールマイティな投資手法があるとすれば、それは「流れに沿った売買」であると私は確信しています。よって、これらの考え方をベースにして投資手法の構築を図るべきではないでしょうか。