安易に参入するべからず

日本の高度成長期を支えてきた団塊の世代はシルバー世代となりましたが、彼らは今何をしているのでしょうか。第一線でバリバリ働いていた世代がリタイヤした後に何を考え、今後どのような生活をするのでしょうか。

私が見ている限りでは退職後はまずゴルフ。そのゴルフのコンペも勤務していた会社の退職者のグループが中心です。序列も会社の組織のままです。すでに退職しているのに、呼び名は「部長」「課長」です。ちょっと滑稽ですが・・・。

ゴルフの次は旅行です。今までは仕事が忙しく、妻との旅行もままならなかったため、妻に感謝を込めて、ここで一気に旅行に出かけます。旅行先で妻は元気だが、夫は疲れ気味。

一般に、旅行は新しい発見や感動を求めるのですが、疲れきった抜け殻のシルバー世代では、旅行も疲れに行くようなもの(妻は除く)。旅行はやはり若いうちに行くべきですね。

そうこうするうちに、ゴルフのお呼びもかからなくなり自宅で趣味などと考えるも集中力がなくなり続かない。奥さんはいつも元気に友達と旅行やカルチャースクールなどに出かけている。いつの日からか妻と夫の立場が逆転している。

しかし、どのような状態となっても生活していかなければならない。生活していくには当然ながらお金が必要です。これらは、退職金や今後の年金などでまかなうことになると思いますが、これだけでは少々不安が残るという方も多いようです。少子化や年金問題などもありますので・・・。

これらを解決すべく、資金の運用を考えている方も多いと思います。現在は低金利時代のため、まず、国債などの債権や投資信託、株式投資、FX、商品投資などで効率的な運用を考えます。

FX、商品投資は別として、多くは、その運用先を投資信託や株式投資に求めるようです。積極的に運用を考えるならば、やはり株式投資になるのではないでしょうか。しかし、しかし・・・。

私にもこれらの相談が寄せられることがあります。「退職金を元に株式投資を始めたいのだが・・・」などです。「投資知識はありますか」とたずねると、ほとんどの方は「だいぶ勉強したし、知識はあります」と自信たっぷりの様子。

しかし、いくつかの質問をすると、まったく返事が返ってこない。今までの会社での役職などもあり、非常にプライドを持っているようであったのだが・・・。プライドが高い人ほど相場は下手というデータもあるようですのでご注意を。

そのような方のプライドを傷つけるようで大変申し訳ないのですが、私は、はっきりと「やめた方がいいですよ」と申し上げています。今後の生活のよりどころとなる退職金がなくなってしまうことが目に見えているからです。

一般に、株式市場に参入すると自分の今までの経験から投資の世界でも成功するのではないかと容易に考えてしまうようです。ちょっと待ってください!!。相場の世界は、会社で学んだことやプライド、一般常識が通用する世界ではないことを知っていますか・・・。

このような話をしても本人は馬耳東風。「今がまたとないチャンスなのに、やめとけとは何事だ」と反対に怒られてしまうしだいです。何をか言わんやである。

私自身の話で恐縮ですが、私自身も今まで大きな失敗を二度ほど経験しています。一度目は、誰でも経験することでもありますが、株式投資を始めた初心者であったころです。何も分からず、闇雲に売買して資金が膨らんだときに暴落にあい、やむなく投げたところが大底だったときです。

二度目は、ある程度経験を積んで自信がついてきてからです。慢心し天狗になってしまったのです。怖いもの知らずだった時代です。「おごれる者、久しからず」と言われるように、結局、そこでまた大きなダメージを受けてしまったのです。

以上のように、株式投資を専門として志す者にとっても、何度かの挫折や試練はついて回るものです。退路を断って、これらを乗り越える勇気がなければ投資の世界で生き残ることはできません。新規に参入される方は、もう一度、これらの点について考えられてはいかがでしょうか。

リタイヤ後の資金運用は誰でも考えることです。しかし、安易な考えで市場に参入すると返り討ちにあうことにもなります。あえて、何もしないという選択肢もあることも考えの中に入れておくべきです。

最低でも5年は辛抱できる心構えと資金を持たなければ、投資の世界に参入すべきではないと考えます。その覚悟ができなければやめるべきです。私自身を含め、多くの投資家を見てきた結論です。

最後に注意をもうひとつ。投資関係でも何でも同様ですが、人が勧める話には乗らないこと。執拗に勧めるということは、勧める人が儲かるから勧めるのであって、勧められた側は損をすることになるのですから・・・。