怪しいやつ

以前、政府は個人マネーを株式市場に呼び込むため、「貯蓄から投資へ」とのスローガンを掲げていた。しかし、ある政治家から「株をやっていると、何となく怪しい(と思われる)」との発言があった。

私は怪しいやつなのか・・・。「怪しいやつ、信用できないやつ」は、本当は君たち政治家じゃないの。

しかしながら、ある意味では的を得ている発言でもあったと思います。前回コメントした内容のとおり、実際、日本人の株式投資家に対する認知度はその程度なのでしょう。私の感想としては、悔しくもあり情けなくもありです。

なぜ日本の投資家は、世間一般から「怪しいやつ、信用できないやつ」などとさげすまれた目で見られるのでしょうか。なぜ、投資家は信用に値しないのでしょうか。欧米では、投資で利益を得ることはステータスであるとも言われているのに・・・。

投資の世界は、たとえ投資で儲けたとしても投資の経験のない第三者からは、そのお金は「あぶく銭」のように見られます。まるで額に汗しない不労所得のように写るのでしょうか。額に汗して稼ぐことが美徳とする日本の社会だからなのか。

投資経験のある方であれば理解いただけると思います。投資で稼ぐということがいかに大変なことか。いかに悩み、苦しみ、そして神経もボロボロになり、苦悩の連続であるか。額に汗して稼ぐことがいかに楽であるか・・・。投資家は、背中に冷や汗をかいて頑張っているのに。

投資経験のない人には、このようなことはたぶん理解されないでしょう。表面だけしか見ていませんし。しかし、体験のない人に理解してもらう必要もありません。所詮、投資の世界は、体験しないと分からないものですから。実力を付けて、周りの雑音など気にせず、我が道を行く気構えで頑張りましょう。

「怪しい」などと言われる根拠を私なりに考えてみました。まず、日本の投資家で儲けている投資家が少ないことが上げられると思います。投資で損をすると、結果的に家族や周りの人たちに直接、あるいは間接的に迷惑をかけることになります。

これらは金銭的な問題だけでなく、投資家自身も損をすることでストレスやプレッシャーなどの精神的なダメージを受け、それらがさらに周りを暗くしてしまうことになります。これらの要因が幾十にも重なり、結果的に投資は「悪」であるという烙印を押されてしまうのではないでしょうか。

世間からは何と思われてもいいのですが、これらを払拭するには何といっても儲けることです。株式投資を始めるからには利益を出さなければ、その意義も達成できないことになります。

欧米には、投資で利益を得ている投資家が多く、また、その利益を慈善事業などに寄付をしている投資家も多いと聞く。かの有名なジョージ・ソロスなども慈善事業に力を入れている。このようなことから、欧米では投資家が社会的に認知されているのでしょう。

儲けなければ寄付もできません。日本の投資家も慈善事業に寄付できるよう、そして、世間からも認知されるよう頑張らなければならないなあと感じました。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する