マインド・マップ

投資の世界で活動している間は「苦悩」から開放されることはないと思います。苦悩は投資の世界にかかわらず、一般社会でも何かしらの苦悩を抱えています。会社内での人間関係や売り上げの伸び悩みなど、また家庭内での問題など、その内容に大小はあっても悩みは尽きません。

これが人生だと割り切ってしまえばそれまでですが、どうしても解決しなければならない問題も発生してくるでしょう。投資活動にかかわらず皆さんは悩みや問題などをどのように対処しているのでしょうか。

これらの諸々の問題を解決する方策などはないものでしょうか。物理学者などは問題解決の方程式まで作ってしまうと言うのですが・・・。しかし、我々凡人にはチョット無理なようです。

そこで、参考になるかどうか分かりませんが、私が苦悩の相場人生を歩んできた中から、その解決策や対処法、考え方などを少し述べてみたいと思います。

人間は記憶の中に生きています。記憶がなければ悩みなどはないはずです。記憶は非常に大事なものですが、この記憶が時として悩みを発生する原因となるのです。

たとえば、現在相場で大きく負けているとします。これはこれで悩みでもあるのですが、もし現在の状況が以前に相場で破綻したときの状況と酷似していたとすると背筋がゾーとして恐怖を感じると思います。「また、以前の二の舞か!」と。

同じ人間が投資活動をするのですから、その行動パターンも同じようになってくるはずです。ですから、投資市場で「負け組みはいつも負け組み」と言われるわけです。では、これらを少しでも改善する方法はないものでしょうか。

ではまず、この記憶の整理から行ってみましょう。現在考えていることをできるだけ脳内に近い形でノートに書き出すことです。たとえば今考えていることが投資で良い成績を収めたいと考えるならば、まずノートの中央に「株式投資」と記入します。

そして、株式投資で成績を上げるためには何が必要かを考えます。たとえば「分析手法」「資金管理」「リスク管理」「投資心理」などと、ノートの中央の「株式投資」のまわりに各項目を書き入れて、それらを線で結びます。

「分析手法」であれば、自分に合った手法が「短期売買」であれば、「分析手法」から線でつないで「短期売買」と記入します。さらに「短期売買」でもどのような手法か記入します。デイトレードとかスイングトレードとか。そして、さらに細部にわたって線を繋げながら記入していきます。

同様に「資金管理」の項目には、現在利用できる投資金額や信用取引であれば投資限度額などを線で繋げながら記入していきます。さらに最大の損切り金額や損切り幅などを記入していきます。

以上のように、あまり深く考えず今考えられることを「株式投資」を中心に書き込んでいくのです。とにかく今考えられることを記入します。時間を置いて、何か浮かんだら追加しながら記入していきます。

ある程度書き込んだら各項目について毎日、検討、修正し一覧表を作るのです。これを「マインド・マップ」と言い、問題解決の手法の一つです。私もこれらを記入し検討しています。

私は以前より「投資とは継続するものなり」と述べています。私の記入したマインド・マップには中央の「投資」から「継続する」という項目があります。その先には「継続する」→「相場を見ない」→「趣味など他のことをする」という一連の項目があります。

これは毎日相場変動を見ていると相場にのめり込み、我を忘れ客観性がなくなってしまうことや時間の無駄であること。自分を戒めるための項目でもあるのです。

以上のようなマインド・マップは、現在多くの企業や個人の問題解決策として利用されています。

「マインド・マップ」の定義は・・・。
『頭の中で考えていることを脳内に近い形に描き出すことで、記憶の整理や発想をしやすくするもの。中心となるキーワードから関連する言葉やイメージを繋いでいくことで、考えをまとめたり、複雑な問題の解決策を見いだすことが容易になる。コミュニケーションや企画力、精神力などのトレーニングとして教育現場やビジネスで広く使われています。』

私はさらにもうひとつの方法を採用しています。決して難しいことではありませんが、あまりなじみの薄い方法かもしれません。それは、その問題について考えつくあらゆるすべての事項(問題点や思いつく解決策)を箇条書きに書き出します。これ以上考えられないという限界まで考えつくすべての項目を書き出します。そして、それを何度も読み返します。

暗記できるほど読んだら、その書き込んだものを燃やすか捨てるかします。その後は、そのことを一切考えず日常生活を送ります。ここで大事なことは、その後は一切考えないことです。

しばらく日常生活を送っていると、ふと解決策がひらめきます。そして、自然と正しい方向に進みます。このような話をすると、なにか胡散臭いとか科学的根拠がないじゃないのと言われます。

私は次のようにたとえて話をしています。まずジグソーパズルがあります。そのピースが少なければすぐに完成します。もしピース多ければ完成には時間がかかります。「ふと解決策がひらめきます」は、それぞれのピースが組み合わさり完成したときです。何も考えなければ、ひらめきも起こらないはずですから。

話を戻して、人間は記憶の中に生きています。脳は箇条書きに書かれた問題を今までの記憶の中から最適な方法で組み合わせ解決を図ります。しかし、脳内での最適な組み合わせには時間がかかるものです。

ジグソーパズルのピースは箇条書きに書かれた問題に該当し、その数が多ければ多いほど組み合わせ(解決)には時間がかかるわけです。「その後はそのことを一切考えず・・・」は、脳が必死に解決策を考えているときに邪魔をしないということになります。

ここで「脳は記憶の中から最適な方法で組み合わせ解決を図ります」とあるが、なぜこのようになるのかと疑問が湧いてくるでしょう。私はこれらは「人間の生存本能に由来する」と考えています。

もうひとつあるとすれば、ポジティブなマインド・コントロールでしょうか。

問題解決策は各自それぞれお持ちと思いますが、ご参考までに。

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
3つの最新戦略を期間限定で公開中!

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【9月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【9月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【9月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する