金融派生商品

散歩の途中ぶらりと書店をのぞいてみた。投資関係のコーナーは当然ながら現在の相場状況を表すかのように縮小されていた。そのような中、目に付いたのは「仮想通貨」「FX」の投資指南書である。

今、仮想通貨がブームなのだろうか。仮想通貨は投資金が少なくても売買ができ、また、株式投資のような面倒な銘柄選択なども必要ないため人気なのだろうか。

また、日経225の先物にも人気があるようだ。そのような投資技術書が幅を利かせているように感じました。また、CFDなる取引もある。

CFDとは?
CFD (Contract For Difference、「差額決済契約」)は、通常の金融取引商品に比べ、さらにパワフルでより有利な金融取引を個人投資家に提供する革新的な金融取引商品であるなどと説明されている。物理的に現物株(原資産)等を所有することなく、原資産取引と同様に売買価格の差で決定する。

つまり、戦前に行われていたような差金決済である。例えば、トヨタ自動車現物株CFDを1現物株CFD購入したとします。この現物株CFDの価格は、実際のトヨタ自動車現物株の値動きを反映しますが、実際に現物のトヨタ自動車株を保有しているわけではありません。しかし、通常の現物株取引と同様に、売買価格の差額がCFD取引の損益となります。

FXにおいてもしかり。日経225の先物、CFD、仮想通貨にしても、小額の資金で大きなレバレッジをかけて大儲けができますとのキャッチフレーズです。最近、FXのレバレッジが高すぎるので10倍程度にすると検討されていましたが、業者側の反対によって却下されたようです。

各証券会社もこれらの勧誘に力を入れているようです。まるで投資市場はギャンブル場と化しているようです。このような市場に素人投資家や初心者を勧誘するのは、いかがなものか。証券会社や出版社のモラルを問いたいところである。

私は、投資において企業の収益以上の収益率を上げようとすることは、その裏には、それらと同様、あるいはそれ以上のリスクを孕んでいると申し上げています。投資市場で取引する投資家は、これらを十分理解した上で慎重に取引していただきたいものです。老婆心ながら・・・。

投資では、それなりの投資資金を準備し、投資知識を習得した後に参入するものです。それでも市場から収益を上げることは困難なものです。特に金融派生商品は、さらに高度な知識の習得を必要とし、これらに素人投資家や初心者が参入することは、もってのほかである・・・と考えるのは私だけでしょうか。

今後、ますます新たな金融派生商品が開発、発売されてくると思います。これらの仕組みの多くは、それらを販売する側、取引させる側に有利な仕組みとなっていることを理解しておかなければなりません。「儲かりますよ」の甘いささやきに惑わされないように心がけたいものです。
『欲しい物があったら必ず自分で取りに行け。外部のささやき、甘言などはすべて拒否せよ。外部のすすめで失敗すると「恨み」だけが残る。』

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する