システム売買と自己判断

一般的に投資家は暴落にあい、持ち株が評価損となると、今後の反転を期待して頑張ります。さらに評価損が拡大してきても、自分にあれこれ言い訳しながら我慢強く耐え忍びます。

しかし、さらに損失が拡大すると冷静な判断能力は失われ、追証なども発生し我慢しきれず持ち株をすべて投げ出し損切りとなります。もう株式投資は、こりごりだなどと深く反省し、その後は、株式のニュースなど聞くこともなく時が経過します。

しかし「日経平均が急上昇」などとテレビのニュースが流れると、今まで眠っていた本能をピクリと刺激します。しかし、冷静さを取り戻しているので「もし、あそこで我慢して持ち続けていたら良かったのかなあ・・・」などと客観的な判断をします。

それなのに、投資金をどこからともなく集めてきて「もうこりごり」だったはずの市場に再度チャレンジするものです。私は長い間相場を見続けてきていますが、悲しいかな、いつもこれらの繰り返しです。

何の技術も持たず感情的な売買を続けると、このように「大底で投げ、天井で買い」という最悪の構図となってしまいます。これらは、いつの世にも変わらぬ光景です。投資の世界はなぜ進化しないのでしょうか・・・。

実際の運用を投資家から聞いてみますと、相場急落時に空売りの評価益があまりにも多くなったので早々に利食いしてしまった。その後は買いのタイミングを見失ってしまった。また、買い持ちの銘柄が大きく引かされてしまったので恐ろしくなって処分してしまった、まだ買いには入っていないなど。

投資とは、投資家の自由意志により売買するものですが、そこに投資家なりの投資哲学がなければならないと思います。何度も申し上げていますが、相場の世界は、一般社会と異なるところであり、人間の本能の部分までもかき回されてしまいます。

投資家は客観的な立場が取れなければ相場では勝つことができません。投資家は、大暴落やその後の上昇場面においても客観的、かつ冷静な立場で相場を見ることができる状態を作り出さなければなりません。

「客観的、かつ冷静な立場で・・・」のためにシステム売買をお奨めしています。その理由について、すでにご存知であると思います。しかし、実践すると、その実行に悩み、継続が困難であることも事実のようです。なぜでしょうか。

特にシステム売買においては、その本質を理解しないまま、儲かりそうだからと安易に参入し、損が続くとすぐにやめてしまいます。また、システムの指示が投資家の判断と異なるときなど、その売買を見送ってしまうなどの勝手な判断を下してしまいます。

なぜそのような行動を取るのか。システム売買の本質を理解していないと言ってしまえばそれまでですが、何事でも自分の確たるものにするには、それなりの苦悩や試練があるものです。

赤ん坊は時々熱を出します。はしかにもかかります。そのたびに母親は心配しながら看病します。子供はいくたびか熱を出しながらも成長していきます。それは大人になるための準備をしているのです。

システム売買にも、それなりの試練は付きまといます。それらを乗り越えて初めて自分のものにできるのです。

一度、システム売買の指示に忠実に従い、そして継続的に運用した場合と自己判断での運用を比較し、検証してみてはいかがでしょうか。

上総介氏の投資手法を期間限定で初公開!

250万円で始めて2億円を稼ぎだした人気トレーダー上総介氏の投資手法を動画で初公開しています。期間限定の公開となりますので、お早めにご覧ください。
slide1
【2月7日(木) 18:00 第1回動画公開スタート】
「15分で約27万円の利益をあげた逆張りトレード手法」
1回目の映像では13年間の株式投資で資産を2億円に増やした 専業投資家の上総介氏が実践している投資方法の中からデイトレードについて 非常に有効な方法を事例や根拠とともに紹介しています。

【2月11日(月) 18:00 第2回動画公開スタート】
「上総介の2%ルールとは?」
2回目の映像では上総介氏がスイングトレードにおける、 損切りやポジションサイジング、また、利益確定の位置などの設定方法を 具体例を用いてお伝えいたします。その他、投資の正しい考え方や、 人間心理の理解についても合わせてお話します。

【2月14日(木) 18:00 第3回動画公開スタート】
「利益を最大化する防御の理論」
3回目の映像では上総介氏が自身のトレードの土台としている 「防御の理論」について、その理論や考え方についてお話します。 この防御の理論は13年間の株式投資で資産を2億円に増やした 上総介氏の成功の秘訣となっていますので必見です!

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のフォームから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する