本質へのアプローチ

今年に入って株式市場はやや上昇傾向ですが、その変動幅は小さく上昇もちあい状況にあります。投資家にとって、もちあい相場は、やっかいな相場展開です。特に、私のような順張り投資手法においては、成績もいまひとつと言ったところでしょうか。

私の投資コンセプトはテクニカル分析であり、情報や材料といったものには一切頼ることのない投資方針であることは、すでにご存じてあると思います。

ある情報を得て相場上昇と判断したとしよう。とすれば、空売りはすべて手仕舞い、どてん買いに回るはずです。もし、それができたとしよう。しかし、問題はそれからです。

なぜなら、どてん買いに回った銘柄をどこで利食いするかの問題が発生するからです。日経平均がどこまで押し上がるかを考えなければなりません。実際に、これらの材料が市場にどれだけのインパクトを与えるかの判断は専門家でも難しいところです。

買った銘柄は、売らなければ損益が確定しません。的確に利食いができて、はじめて利益を上げることができるわけです。買いのタイミングを材料によって判断できたとしても、その材料によって利食いポジションを的確に判定することは困難を極めます。

よって、情報や材料での売買では、それらが市場に与える影響まで判断することは難しいということになります。また、情報などによる売買が空振りになることだってあります。結局、その確率は際限なく50%に近づくのではないでしょうか。

まず、テクニカル分析では、市場の先行指数の作成は不可能であるということです。ウェブサイトなどでは、あたかも、これからの相場展開が分かるような分析指標の解説しているところもあるようですが、これらにおいても結果的には無理です。予測はできても当りません。

情報や材料を採用しないテクニカル分析は、突発的な株価変動には対応できないという弱点を十分に理解しておいてください。なぜなら、テクニカル分析は、過去のデータをよりどころに分析を行う統計学であり、「過去のデータから分析すると、現在は、こうなっています」と判定することが限界なのです。

統計学においても突発的な事象には対応できないものです。では「テクニカル分析は株式分析には利用できないのでは」という投資家の意見もあると思います。私は、テクニカル分析は、その統計学上から突発的な現象には対応できないと言っているのであって、それ以外では、体験上、非常に効率的に機能すると考えています。

テクニカル分析は、突発的な現象には対応しきれないものの、それ以外では効率的に機能しますので、理論的に構築されたテクニカル分析においては、長期的な視点から見ればトータル的にはプラスの収益を生むはずです。突発的な現象では「損切り」以外の対処はないでしょう。

信頼できる投資手法を持たない投資家であれば、一時的な収益の悪化が生じると、運用をストップするか、または別の投資手法へと鞍替えしていくでしょう。信頼できる投資手法を持たない投資家は、いつも「迷える子羊」となります。

私は常々申し上げています「投資とは長期間にわたり継続して運用するものである」「継続は力である」と。投資とは、このような視点からアプローチすべきであると考えますが、いかがでしょうか。

何事においても、目的に向かって突き進む途上では、何らかの障害が発生するものです。その障害を乗り越えるか、乗り越えられず戻ってしまうか、これらの決断により、人間としての真価が決定付けられるものです。強い信念を持って突き進むべきです。

投資とは、荒波を越えてひたすら前に進んで行くものである・・・。

腹八分

投資において、「売り」と「買い」のどちらが難しいか。誰でも底で買って天井で売りたいと思っています。しかし、偶然はあっても狙い撃ちで、底、天井を捉えるのは無理というものです。何事でも「腹八分」であれば十分でしょう。

ところで、買い方、売り方のどちらが有利であるかお分かりですか。株価をある一定の水準から、上昇した場合と下降した場合の株価分布の統計を取ってみると、断然、買い方が有利であることが分かります。当然といえば当然なのですが・・・。

買った銘柄が倒産してしまえば投資金はゼロとなります。投資金からの率で見れば100%の損失です。一方、株価上昇となれば上限が100%ということはありません。500%だって、1000%だってあり得ます。

これらは、買い方が有利だから投資では買いのみにして、空売りはするなということではありません。空売りにおいては、その利幅に限界があるものの、実際に売買してみると分かりますが、買い方も売り方もそう大差はないものです。買い方であっても、簡単に2倍になるまで持ち続けることは困難なわけですから・・・。

空売りは怖いからやらないという投資家も多い。これらの多くは知識の欠如からくるもので、しっかり理解して実践すれば空売りも買いも同じです。株価チャートをひっくり返してみれば買いも売りも同じではないですか・・・。

株式市場でコンスタントに利益を上げていこうとするには、やはり空売りは欠かせないものです。よって、空売りを絡めた売買は必須のものとなります。

もし、今後の相場見通しが正しく判断できたとします。そして、その判断が相場下降と判断を下した場合、買いのみで売買している投資家は、しばらくは休みということになります。「休むも相場」とも言いますので、それはそれで正しいと思うのですが・・・。

私の話で恐縮ですが、私は株式投資を生業としていますので、もし、今後の相場展開を下降と判断したときには、やはり買いのみでは休まなければなりません。しかし、株式投資を生業としている者にとっては、いつ回復するか分からない相場を指をくわえて待っているわけにはいかないところです。

そこで、どうしても下降相場では空売りを採用する必要に迫られます。売り方は、買い方に比べ不利であるなどと言っている場合ではありません。果敢に空売りを仕掛けて売買を継続していきます。実際に、最近の暴落を含めた相場展開では、空売りで多くの収益を得ています。

すでにご存知のように、私の売買は、買いと空売りを利用した運用手法を採用しています。なぜ、このような複雑なシステムに至ったかということですが、それにはそれなりの理由があるのです。

私の分析システムは、基本的には株式投資をビジネスとして捉えたシステムであるということです。株式投資を職業とするならば、上記で説明しましたように、相場が下降だからと言って休むわけには行きません。どのような相場展開になろうとも休むことなく、売買を継続していかなければなりません。

投資の究極は、投資利回りにあるわけです。相場が下降だからといって投資金が休んでいては、その利回りも低下します。投資金の一部で投資して、たとえ多少の利益を上げたとしても、その利回りは、投資金(投資のために準備した資金)に対する利回りで考えなければなりません。

そこで株式投資を生業としている私としては、どのような相場展開になろうと継続的な運用ができ、また準備した投資資金をフル稼働させることができる売買手法を考えざるを得なかったわけです。

試行錯誤の上、「どのような相場展開でも・・・」については、買いと空売りの両建てによる売買手法を考えました。そして、これらを適切に判定するヘッジ比率(ポジション比率)を採用することにしました。ヘッジ比率も一朝一夕で、でき上がった指数ではありませんが、現在では、他では見られない私のオリジナル指標です。

更に、「投資資金をフル稼働させる・・・」については、同銘柄における買いから空売りへ、空売りから買いへの「どてん売買」を採用することになりました。「どてん売買」によって、投資金を休ませず運用することが可能となります。

ひと口に「どてん売買」と言っても、「どてん売買」を採用するにあたっては長い歳月がかかったのは言うまでもありません。なぜなら、投資手法で一番難しいとされる手法は「どてん売買」だからです。いまだかつて、インターネットのサイトでも、完全な「どてん売買」手法(分析システム)を紹介した記事は見たことがありません。

「どてん売買」が難しいとされるのは、同銘柄で継続して買いと空売りを行うわけですから、買いにおいても、また売りにおいても両方を満足するポジションでの売買を実行しなければなりません。これらの買い売りの転換ポジションを長期間にわたり的確に当てていかなければならないわけですから・・・。

これらの転換ポジションを後から見てみると、おおむね、買いは底値から上がったところ、空売りは天井から下げたところとなっています。決して、買いが底、空売りが天井とはなっていません。客観的に見ると効率的ではないように思いますが、結果的に「腹八分」のポジションで売買しているということになります。

私なりに考えると、「どてん売買」に採用されているような「腹八分」の売買ポジションがベストではないかと思っています。底や天井などは後になってからでなければ分かりませんし、底を確認してからの買い、天井を確認してからの空売りが現実的であると考えます。相場格言に「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉もありますように・・・。

私の分析システムは、以上のような経過を辿り、オールラウンドの運用システムとして構築されています。

自分のことは自分で・・・

1兆円を超える負債で倒産した会社を調べてみました。1位 協栄生命保険 4兆5296億円、2位 リーマンブラザーズ証券 3兆4314億円、3位 千代田生命 負債 2兆9366億円、4位 日本リース 負債:2兆1803億円、5位 マイカル 負債:1兆6000億円、6位 日本航空インターナショナル 負債:1兆5279億円、7位 タカタ 負債:1兆5024億円、9位 日榮ファイナンス 負債:1兆円、などです。

もちろん、これらの企業はその後消滅したり、再建されたり吸収合併されたりしている企業もあります。企業であってもそれなりのリスクを背負って運営されているわけです。

日本航空は、会社更生法に基づき経営再建を目指し、48年間の上場会社としての歴史に幕を下ろし、市場から退場した。そして、東京証券取引所で最終売買日を株価1円で迎えた。日本航空の株数は6割程度を個人株主が占めていたという。その後に再上場を果たしました。

私も若いときに海外へ出かけ、外国の空港で鶴のマークの飛行機を見るとホッとしたものでしたが・・・。以前は、誰も日本航空が倒産するなど考えてはいなかったでしょう。日本航空が経営難であるという話を聞いても「何とかなるだろう」と思っていたに違いない。

しかし、その甘え体質が消えず、ついに法的整理に追い込まれてしまった。不倒神話を信じていた個人株主も大損でその責めを負うことになった。株主優待券を目当てに購入した投資家もいたでしょうが、結果的に、やぶへびになってしまった。これらの状況を客観的な立場で、投資という前提で考えれば、何があってもおかしくはないのだが・・・。

経済は生き物であり、大きく成長することもあるが、倒産という憂き目にあうこともある。投資家であれば、このようなことは常識であり、これらを受け入れて投資活動をしているはずです。つまらない思い込みや入れ込みが通用しない世界であることも十分承知しているはずです。

日本航空は、もともと国営企業であった。そのためか「親方日の丸」的な甘え体質になっていたのだろうか。もともと、日本人は「国のやることだから」などと言って、国に依存する体質がある。日本国民だからやむを得ないのだが・・・。

私は、あまり国に依存する考えは持っていない。国民年金を見ても分かるだろう。社会保険庁のオンライン化したデータにミスや不備が多いこと等が明らかになり、国会やマスコミにおいて、社会保険庁の年金記録のずさんな管理が指摘され、国民から批判されている。そして誰も責任を取らない。

企業年金のない中小企業の会社員らが加入する個人型確定拠出年金(日本版401k)で、掛け金を増額する人が増えているという。老後に備えたいというニーズが多いのだろうか。

個人型確定拠出年金401(k)には明らかな問題がいくつかあるにもかかわらず、マスメディアで人気の金融専門家たちは、相も変らず、この年金プランの恩恵をしつこく売り込んでいる。その本質を見極めないと大変なことになる。

現在は分からないが、会社には「持ち株会」なるものがあった。毎月給料から一定額を天引きされ、定期的に自社株を買っていくものである。この方法は、ドル平均法的な投資手法であり、長期投資には向いているように思う。しかし・・・。

その手法はともかく団塊の世代が現役引退した。その団塊の世代の歩んできた道を辿ってみよう。団塊の世代の頑張りによって日本も成長してきた。「持ち株会」では、相場の如何にかかわらず定期的に買い付けしていくわけだから、相場の天井でもバブルの絶頂期でも買い付けしていることになる。

団塊の世代を日経平均と合わせて見てみよう。団塊の世代の歩んできた期間を日経平均の移動平均線で比較すると、現在の株価は移動平均線の下にあるのではないだろうか。つまり、平均で損をしていると言うことになる。

団塊の世代が退職したときには、日経平均は最安値になってしまう。何をか言わんやである。しかし、これらの現象を客観的に考えれば当然の結果である。なぜそうなるか、各自で考えてみてください。その答えが見出せるはずです。

賢明な方は、ここで私が何を言わんとしているかお分かりであると思います。つまり「自分のことは自分で考えなさい」と言うことです。他人の勧めや依存体質を捨てて、自分のことは、自分で考え自己責任で行動するべきであるということです。

投資においても然りです。根拠の分からない情報や他人の意見を取り入れるのではなく、自分の考えで、自分の意志で行動するべきです。たとえ、それが失敗したとしても、それは経験という財産になります。

「儲かりますよ」と言うセールストークは、私に儲けさせてくれるのではなく、儲かるのはセールスマンであるということを・・・。

ペア・トレード

■投資に対する考え方  (投資の基本)

多くの投資家は、いかに多くの収益(リターン)を上げるかに日々努力しています。ある投資家はファンダメンタルズ分析で、ある投資家はテクニカル分析でと、その手法は変われどもリターンの大きさを求め、その研究を惜しみません。

投資の世界には常に危険(リスク)が付きまとい、その収益(リターン)とは表裏一体の関係にあることはどなたでもご存知であると思います。つまり、投資とは、リスクとリターンがシーソーのようなバランスの関係にあるということです。

多くの投資家は常にリターンの大きさに関心を持ちます。大きいリターンを求めるのは大いに結構なことですが、それだけで良いのでしょうか。少し視点を変えて見てみましょう。

もし、リスクを最小限に抑えることができれば、そのバランスであるリターンも大きなものとなってくるのではないでしょうか。私は、投資の本質はここにあるのではないかと考えています。

投資の世界は、どのような投資手法であっても、その運用においては長期間にわたる継続的な売買において収益が積み上がっていくものです。運用途中に暴落などに遭遇し、運用継続が困難となるようでは、本来の投資の目的も達せられないことになります。しかし、今後の市場の行方など誰も分かりません。

一般的な投資の考え方において、今後のマーケットの方向性は非常に大きなファクターとなることは事実です。今後のマーケット展開が分かれば相場で勝つことは容易になります。しかし、投資の世界はそう甘くはありません。専門家であるアナリストやシンクタンクであっても、その方向性を当てることは至難の業です。

ましてや、個人投資家レベルで今後のマーケットの展開を予想し、実際の運用に結び付けていくということは非常に困難です。

つまり、投資家の成績は、この「今後のマーケット展開」に大きく左右される結果になります。しかし、今後のマーケット展開など誰も分かりません。実は、ここに大きなリスクが存在するわけです。多くの投資家は、永遠のテーマでもあるこのような問題で常に頭を痛めているのです。

そこで、このような問題を解決する方法はないのでしょうか。これらのリスクは軽減できないものでしょうか。そして、そのリスクを最小限にとどめることはできないものでしょうか。

これらの問題を解決し、長期間にわたる継続的な運用を可能にするひとつの売買手法をご紹介します。
■ペア・トレードの基本

ペア・トレードは、異なった二つの銘柄の一方を「買い」、他方を「売り(空売り)」として、組み合わせて売買するため、売りまたは買いの利益と損失を相殺することによって、相場全体の変動を吸収することになります。つまり、相場全体の今後の予測や方向性を無視しても収益を上げることができるという大きなメリットがあります。

このようにペアでの売買により、たとえ相場が暴落したとしても売り(空売り)銘柄が、また逆に相場が急騰したとしても買い銘柄が、それぞれ保険(ヘッジ)の役割を果たすため、不測の事態でも大きな損失を被らないで済むという仕組みです。

更に掘り下げて考えて見ましょう。
一般的に、個々の銘柄においては、そのファンダメンタルズをベースに変動するものではありますが、それ以上に相場全体の影響を受け大きく揺さぶられることがあります。暴落などがその例です。

暴落などの相場全体への影響は、組み合わせたペアの銘柄の各銘柄にも同じような影響を及ぼします。とすれば、理論的には、組み合わせたペアの銘柄の各銘柄にも同じような影響となるわけですから、これらは共通の因子とみなすことができるはずです。

そこで考えられることは、これらの影響はおおむね共通であるわけですから、組み合わせた各銘柄において相殺されるはずです。相殺された後に残るのは、各銘柄の独自の要因となります。

各銘柄の独自の要因とは、各銘柄のファンダメンタルズや株価水準などではないでしょうか。つまり、売りと買いの銘柄を同時に持つことにより、相場全体から受ける共通因子は相殺されるわけですから、ペア・トレードにおいては、各銘柄の独自の要因の分析のみでの売買が可能となるはずです。

よって、相場全体の予測や方向性を考えることなく、非常にシンプルな形で売買ができる素晴らしい投資手法であると言えます。
■ペア・トレードはなぜ安全性が高いか

一般的な売買において、相場全体がボックス圏、つまり往来相場であったなら、ある程度は高値、安値の目安は付くものです。そのようなボックス相場では、逆張りが効果的であり、経験の少ない投資家でも利益を得ることは可能でしょう。

ボックス相場とは、それは相場の調整期とも言えます。今までのしこり玉の整理と次のステップへ展開するためのエネルギーの蓄積期でもあるのです。そして、調整が済むと、そのボックス圏から大きくブレイクして、上か下に抜け出していくのです。

たとえば、このボックス圏内で買い付けしていたとします。その後、株価はボックス圏から抜け出し、下に展開していったとします。当然ながら、ボックス圏内で買い付けした銘柄は大きな評価損を抱えることになります。

一般的に、ボックス圏を脱した株価は、トレンドを形成し一方通行的な展開となるケースが多く見受けられます。そのため、この大きな評価損は、どこまで膨らむか分かりません。つまり、リスクが増大したということになります。結局は、どこかで損切りをしなければならないわけですが、このような片張りでの売買は大きなリスクをはらんでいることを絶対に忘れてはいけません。

片張りにおける空売りなどでは、損切りしなければ、その損失は、ある意味では無限大と言うことにもなりかねません。片張りにおける売買では、損切りが必須のアイテムとなります。

一方、ペア・トレードにおいては、前項で説明しましたとおり、理論的には相場全体から受ける共通因子は相殺されるわけですから、各銘柄の独自の要因を適切に分析された後の組み合わせのサヤにおいては、片張りのような一方通行的な変動とはならず、そのサヤの変動はボックス圏内での変動にとどまる傾向があります。

サヤの変動がボックス圏内での変動傾向であれば、その売買の判定も容易になるというものです。

ペア・トレードでは、相場全体の変動に左右されず、そのサヤにおいては片張りのような一方通行的な変動は少なく、そのため、リスクを最小限に収めることが可能であり、よって、投資における安全性は確保されることになります。