数値と確率

市場の動向を判断する上では、日経平均の上げ下げのみで云々するのではなく、あらゆる角度からの総合判断が必要となってきます。投資家の主観や感覚的な判断ではなく、必ず公表された「数値」に基づいて判定を行っていただきたい。

一般的な投資情報は、今後の相場展開を予想する情報が多いようです。しかし、これらも結果的には、評論家やアナリストなどの主観的な判断に基づく内容も多く、強気派は万年強気、弱気派は万年弱気の傾向が強いようです。

評論家やアナリストなどの多くは、ファンダメンタルズをベースにその解説を行っているようですが、その基本姿勢は正しいと思います。しかし、公表されているファンダメンタルの情報は誰にも同じように、同じ数値で届くはずです。

同じ情報で同じ数値であっても、それぞれに判断を下すと、強気派、弱気派に分かれてしまうようです。インサイダー情報でも入手していない限り、その判定は同じようなものになるはずなのですが・・・。

もちろん、これらの判定も短期的な判断と長期的な判断では当然ながら異なってきますが、それであっても両極端にはならないはずではと思うのですが・・・。私が考えるに、もともと、ひも付きの評論家やアナリストは別としまして、その判断に彼らの基本的な考え方の違いや主観的な部分が多く織り込まれているのではないかと考えます。

投資家でも評論家でも一人の人間ですから、そこに感情が入るのもやむを得ないところでしょう。それはそれとして、投資においては、やはり、これらの主観や感情を排除して運用したいものです。

投資家であれば、新規に仕掛けに入る時は誰でも緊張するものです。これらの緊張も、元をただせば不安からくるものです。確定的な必勝法がない世界では当然かもしれません。では、絶対的なものがない世界で生きていくには何が必要であるか。

そもそも、我々の一般社会でも絶対的などというものはありません。そのため、将来に対する漠然とした不安などを感じるものです。絶対的なものがないとすれば、我々はどのような対応でその不安を軽減すれば良いのでしょうか。

それは「確率」ではないかと考えます。確率を高めることです。たとえば、株式投資では割安な銘柄を買い付けするということが基本です。では、割安とは何か。PERが40倍の銘柄を仕掛け(買い)ようとした場合、この40倍は割安なのか。そこで、東証一部全銘柄の平均PERを調べてみた。その平均は37倍であった。

PERが40倍の銘柄は、東証一部全銘柄の平均以上である。これでは割安とは言えない。つまり、PERが40倍の銘柄は買い仕掛けはできないという結論に達する。このような分析数値の多くを積み上げていけば、より高い確率での運用が可能となるのではないだろうか。

一般社会においても同様のことが言えると思います。たとえば、企業において、ある商品を売り出そうとした時、絶対売れるという保証はないものの、綿密な市場調査を重ねて、それらの数値をもとに分析して最終的には「いける」と判断し発売するものです。

ここでの市場調査も決して感覚的なものではなく、しっかりとした数値による分析を行うはずです。そして、それらの数値を総合的に判断して「売れる確率が高い」として商品を発売に踏み切るはずです。

つまり、投資においても企業経営にしても「確定した数値をもとに、確率を高める」ということに他ならないのではないだろうか。そこに、主観や感覚の入る余地はないはずです。

もし、この考えが正しいとすれば、投資の最高峰は「システム売買にある」ということにはならないだろうか。そのように考えるのは私だけでしょうか・・・。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する