本質へのアプローチ

今年に入って株式市場はやや上昇傾向ですが、その変動幅は小さく上昇もちあい状況にあります。投資家にとって、もちあい相場は、やっかいな相場展開です。特に、私のような順張り投資手法においては、成績もいまひとつと言ったところでしょうか。

私の投資コンセプトはテクニカル分析であり、情報や材料といったものには一切頼ることのない投資方針であることは、すでにご存じてあると思います。

ある情報を得て相場上昇と判断したとしよう。とすれば、空売りはすべて手仕舞い、どてん買いに回るはずです。もし、それができたとしよう。しかし、問題はそれからです。

なぜなら、どてん買いに回った銘柄をどこで利食いするかの問題が発生するからです。日経平均がどこまで押し上がるかを考えなければなりません。実際に、これらの材料が市場にどれだけのインパクトを与えるかの判断は専門家でも難しいところです。

買った銘柄は、売らなければ損益が確定しません。的確に利食いができて、はじめて利益を上げることができるわけです。買いのタイミングを材料によって判断できたとしても、その材料によって利食いポジションを的確に判定することは困難を極めます。

よって、情報や材料での売買では、それらが市場に与える影響まで判断することは難しいということになります。また、情報などによる売買が空振りになることだってあります。結局、その確率は際限なく50%に近づくのではないでしょうか。

まず、テクニカル分析では、市場の先行指数の作成は不可能であるということです。ウェブサイトなどでは、あたかも、これからの相場展開が分かるような分析指標の解説しているところもあるようですが、これらにおいても結果的には無理です。予測はできても当りません。

情報や材料を採用しないテクニカル分析は、突発的な株価変動には対応できないという弱点を十分に理解しておいてください。なぜなら、テクニカル分析は、過去のデータをよりどころに分析を行う統計学であり、「過去のデータから分析すると、現在は、こうなっています」と判定することが限界なのです。

統計学においても突発的な事象には対応できないものです。では「テクニカル分析は株式分析には利用できないのでは」という投資家の意見もあると思います。私は、テクニカル分析は、その統計学上から突発的な現象には対応できないと言っているのであって、それ以外では、体験上、非常に効率的に機能すると考えています。

テクニカル分析は、突発的な現象には対応しきれないものの、それ以外では効率的に機能しますので、理論的に構築されたテクニカル分析においては、長期的な視点から見ればトータル的にはプラスの収益を生むはずです。突発的な現象では「損切り」以外の対処はないでしょう。

信頼できる投資手法を持たない投資家であれば、一時的な収益の悪化が生じると、運用をストップするか、または別の投資手法へと鞍替えしていくでしょう。信頼できる投資手法を持たない投資家は、いつも「迷える子羊」となります。

私は常々申し上げています「投資とは長期間にわたり継続して運用するものである」「継続は力である」と。投資とは、このような視点からアプローチすべきであると考えますが、いかがでしょうか。

何事においても、目的に向かって突き進む途上では、何らかの障害が発生するものです。その障害を乗り越えるか、乗り越えられず戻ってしまうか、これらの決断により、人間としての真価が決定付けられるものです。強い信念を持って突き進むべきです。

投資とは、荒波を越えてひたすら前に進んで行くものである・・・。