流れに沿った売買

投資手法において、通常の相場展開では、一般的なファンダメンタル分析やテクニカル分析もある程度は機能するでしょう。しかし、相場には考えてもいないような展開も起こります。○○ショックによる急落や要人の発言などによる急騰など。 […]

Continue reading...

体験に勝るものなし

株式市場は世界的に下落した。これは、トランプ米政権が貿易赤字削減に向け、アメリカン・ファーストの一環である保護主義政策を相次いで打ち出した結果である。これらにより世界の株式市場で株価が急落するなど、世界経済は政治リスクに […]

Continue reading...

ギャンの投資手法

私は常々「ブームはバブル」と述べています。投資体験の長い方には理解いただけると思います。これは投資の世界に限ったことではなく、あらゆる経済活動や一般社会にも言えることです。 最近のブームと言えばやはり仮想通貨でしょうか。 […]

Continue reading...

相場の真実

投資家は常に理想と現実の狭間で悩んでいる。理想とは「このくらい儲けられればいいんだがなあ」との期待感です。現実とは、理想と現在の自分の成績のギャップにある。また、投資家には自分の考えは常に正しいというプライドがあるため、 […]

Continue reading...

少数派

投資家は常に不安の中にいます。下げても不安、上げても不安になるから不思議です。そのような時、投資家はどのような行動をとるのでしょうか。頭を抱えてウツ状態になっている人もいるかも知れません。あるいは、その不安を解消しようと […]

Continue reading...

投資での痛手

投資で失敗するともう投資関連のニュースも聞きたくない。特に最近の仮想通貨の混乱ではかなりの痛手を負った投資家も多かったのではないでしょうか。「仕事も手につかないし、もう立ち上がる元気もないよ。もうおしまいだー・・・」と嘆 […]

Continue reading...

時を待て

最近の株式市場の下落の理由として世界の中央銀行が金融政策を引き締めるとの見方が強まりつつあることが理由の一つだと米ニューヨーク連銀のダドリー総裁が述べた。「世界経済が非常に速いペースで成長しており、その結果として世界の金 […]

Continue reading...

インタビューを受けて

先日、私が林投資研究所の林知之氏(林輝太郎氏のご子息)のインタビューに答えた記事が書籍として出版されました。タイトルは「億トレⅢ」でマイルストーン社、定価(本体2500円+税)。個人トレーダー10名の共著ですが、私の経歴 […]

Continue reading...

収益の源泉

仮想通貨取引のコインチェック社で、顧客の預かり資産を引き出されるというニュースがあった。投資の世界では何があってもおかしくない。いつしか自分を見失い、暴走し破綻してしまうことのないようにしたいものです。特に需給関係のみで […]

Continue reading...

信用バブル

アメリカの株価は2008年のリーマンショック以降、金融緩和もあって回復基調を続けいますが、各方面から「もうバブルではないのか」「いやまだまだだ」などの声が聞こえてきます。相場格言に「もうはまだなり、まだはもうなり」とあり […]

Continue reading...