投資手法の根拠

個人投資家向けに「株式投資でどのくらいの利益を上げたいか」というアンケートがあった。その結果も記載されていた。そこには「個人投資家の期待リターンは、年収程度」と記載されていました。 これらについて、皆さんどのように感じら […]

Continue reading...

大いなる中高年チャレンジャー

私は苦手とする執筆活動が終わり、ほっとしているところです。当コメント欄を毎週書いていることもあってか、原稿書きは以前より少しは楽になったものの、苦手なものはいつになっても苦手であることには違いありません。 さて、次に取り […]

Continue reading...

リスクと売買ルールと・・・

投資とは、そこに発生するリスクを受け止めながらも、将来に対して利益という見返りを求めるものです。投資家は、リスクを抑えながら、いかに多くのリターンを上げようかと日々努力し、投資活動を行っています。 こうした投資活動の中で […]

Continue reading...

個人でもできる裁定取引

一般的に、裁定取引は機関投資家や大手の金融機関が行うものであるという認識があります。たしかに、裁定取引は、日経 225先物を売って同時に日経平均の採用銘柄を買い付けして運用しますので、それらの資金量からしても個人投資家が […]

Continue reading...

くれぐれも、ルール厳守で・・・

ある経済関係の新聞社から取材を受けた。その取材内容は、個人投資家向けの損切りの方法と塩漬け銘柄の対処法についてであった。 新聞社のアンケート資料を見せられたが、それらはかなりのデータであり、現在の個人投資家の実態が如実に […]

Continue reading...

与えられた環境の中で・・・

近年の世界経済は国境という経済的障壁が消滅し、世界全体がひとつの経済圏になりつつあります。これらにより1990年以降の世界経済は、IT革命の進展とともにマネーのグローバル化が進み、現在では世界各国への自由な投資が可能とな […]

Continue reading...

本質へのアプローチ

今年に入って株式市場はやや上昇傾向ですが、その変動幅は小さく上昇もちあい状況にあります。投資家にとって、もちあい相場は、やっかいな相場展開です。特に、私のような順張り投資手法においては、成績もいまひとつと言ったところでし […]

Continue reading...

腹八分

投資において、「売り」と「買い」のどちらが難しいか。誰でも底で買って天井で売りたいと思っています。しかし、偶然はあっても狙い撃ちで、底、天井を捉えるのは無理というものです。何事でも「腹八分」であれば十分でしょう。 ところ […]

Continue reading...

自分のことは自分で・・・

1兆円を超える負債で倒産した会社を調べてみました。1位 協栄生命保険 4兆5296億円、2位 リーマンブラザーズ証券 3兆4314億円、3位 千代田生命 負債 2兆9366億円、4位 日本リース 負債:2兆1803億円、 […]

Continue reading...

ペア・トレード

■投資に対する考え方  (投資の基本) 多くの投資家は、いかに多くの収益(リターン)を上げるかに日々努力しています。ある投資家はファンダメンタルズ分析で、ある投資家はテクニカル分析でと、その手法は変われどもリターンの大き […]

Continue reading...