知識と潜在意識

「山高ければ谷深し」と言うことわざがありますが、これらは相場にも良く当てはまります。暴騰した株価はいずれ下落して、本来あるべき株価より更に下落し、その後は長期低迷を余儀なくされるケースも多いようです。 これらの現象は当然 […]

Continue reading...

選挙と投資

最近、自民党の党総裁選があった。沖縄県知事選もあった。私は長い間、選挙結果と株式市場について感じることは、その選挙結果は、一日ないしは二日程度は、その結果如何で市場も変動しますが、その後は何事もなかったように市場は推移し […]

Continue reading...

数値と直感

株式取引もネット取引が主流となり、証券会社の窓口などに出向く機会はめったになくなった。たまに、証券会社を覗くと人もまばらで、居たとしても年配の投資家が多いようだ。 投資家の株談義は結構長い。証券会社の株価ボードの前で年配 […]

Continue reading...

エピソード

《 エピソード Ⅰ》 大舞台で、9回の裏、ツーアウト満塁。その時、マウンドのピッチャーは・・・。そのような状況になっても野手は駆け寄ってこない。ベンチの監督からもピッチャー交代のサインは出ていない。 この時、ピッチャーは […]

Continue reading...

株価チャートの錯覚

一般的に、短期的な株式トレーダーは、パソコンなどで株価チャートを見ながら売買の判断をすることが多いと思います。ある投資家はテクニカル指数を駆使しながら、また、ある投資家は、株価チャートを眺めながら、経験に基づく主観的な判 […]

Continue reading...

視点を変えて

タクシーに乗ったとき、年配の運転手が「景気が悪くてどうしようもないよ。売り上げも以前の半分だよ。やってられないよ。」と嘆いていた。昔から、タクシーの運転手に聞けば景気が分かるなどと言われていますが・・・。 これらも世相を […]

Continue reading...

マネージメントの欠如

投資手法は投資家の数ほどあると言われています。どのような投資手法であっても、「これが一番」という手法はないわけですから、それぞれの投資家の性格や資金量などに合った手法で運用されればよろしいと思います。 ファンダメンタルズ […]

Continue reading...

レバレッジの功罪

最近の仮想通貨やFX、さらには先物などは、業者に預けた証拠金の数倍から数十倍もの額を外貨に投資できる仕組みですが、これらの倍率(レバレッジ)が高いと相場が予想通り少し変動した大きな利益を得ることができる。ある意味では大い […]

Continue reading...

夢を抱いて

その男は、今まで多くの失敗を重ねてきた。持って生まれた性格なのだろうか、みんなと一緒に行動することが嫌いだった。いつも誰もやらないことをやろうと考えていた。大きな野望を持っていた。シャイな性格でもあった。相場格言に「人の […]

Continue reading...

矛盾

投資家は常に現状に満足せず向上心を持って投資活動を行っています。その向上心がなくては、投資における収益アップにもつながらないでしょう。どの世界においても、これで満足、これで十分ということはないでしょう。人々は常に上を目指 […]

Continue reading...