ふしぎな国、それは・・・

我々は資本主義の社会にいます。資本という意味は、金融資本=お金や株式など。物的資本=土地や設備など。ヒューマンキャピタル=人的資本などがありますが、一般に資本は「お金」を意味するところが多く、お金というものは、お金のない […]

Continue reading...

歓喜と絶望

相場の世界は歓喜と絶望の世界と言われています。投資家の皆さんも大なり小なり味わったのではないでしょうか。これは相場の世界だけではなく、一般社会にも通用することです。 大学受験に合格した、会社の採用通知がきた、結婚が決まっ […]

Continue reading...

投資指針

株式投資とは「今後成長が期待できる企業に投資して、その見返りとして配当を受け取る」。この「配当の収益」が株式投資の原点であり、正しい姿であろう。 その投資の派生として、キャピタルゲインによる収益がある。我々投資家は、主に […]

Continue reading...

五感

人間には五感というものがある。つまり、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五つの感覚である。人間には勘の鋭い人がいる。そうでない人もいる。普通とは少し違う感覚の持ち主もいるだろう。 思考、感情、感覚、そして直感もいずれにしろ、 […]

Continue reading...

持ち株の放置

私の友人も先物取引をしている。売買では、ある程度の目安のところでナンピンを入れるという。もちろん損切りもするのだろうが、先物取引にはナンピンは馴染まないような気もするのですが・・・。 以前も解説しましたように、相場変動は […]

Continue reading...

出来高の多い価格帯

株式市場は2万円を挟んだ往来相場となっている。ではなぜ2万円を挟んだ展開となっているのだろうか。私は以前、価格帯と出来高によるデータを集計したことがあります。 その集計結果によると、ある一定の価格帯に出来高が集中していた […]

Continue reading...

バランスの取れた投資活動

投資市場に参入してまず考えることは、どのような投資手法が良いのだろうと考えます。そして、あらゆる投資技術書を読み漁り、投資必勝法を探し求めます。しかし、その投資手法も最終的には好むと好まざるにかかわらず投資家自身の性格に […]

Continue reading...

偏向報道と印象操作

私の友人はテレビの国会中継をみて「それはおかしい」とテレビに向かって怒鳴っているそうです。私も同じ年代なので見れば私も怒鳴るような気がします。なのでテレビは見ないようにしています。 年齢を経てくると、それなりの経験も積ん […]

Continue reading...

スキルアップ

私の解説(当欄)を自分で読み返してみると、どうしてもネガティブな解説が多くなっていることに気づきます。この点は私も気にはなっています。「もう少し夢のある解説をしてくれ」という要望もありますが、私も夢のある解説をしたいのは […]

Continue reading...

景気動向より株価

我々投資家も社会の一員であり、各々いろいろな経済活動をしています。それらの活動の中で、現在の景気動向などは何となく肌で感じているものです。では、これから景気が悪そうだと感じたときに、投資家はどのような行動を取るでしょうか […]

Continue reading...