マインド・マップ

投資の世界で活動している間は「苦悩」から開放されることはないと思います。苦悩は投資の世界にかかわらず、一般社会でも何かしらの苦悩を抱えています。会社内での人間関係や売り上げの伸び悩みなど、また家庭内での問題など、その内容 […]

Continue reading...

安易に参入するべからず

日本の高度成長期を支えてきた団塊の世代はシルバー世代となりましたが、彼らは今何をしているのでしょうか。第一線でバリバリ働いていた世代がリタイヤした後に何を考え、今後どのような生活をするのでしょうか。 私が見ている限りでは […]

Continue reading...

損切りできない理由

私の投資スタイルは相場の変動に係わらず常に一貫しています。軸はブレていないはずです。相場の乱高下に対しても「ヘッジ」「分散」「ロスカット」の基本スタンスを持って対処すれば、何も怖くはないはずです。あとは実行あるのみです。 […]

Continue reading...

嘆き

相場が下がると「株で損をした」「塩漬けで動きが取れない」「投資金が半減してしまった」「株はもうこりごりだ」などの嘆きの声が聞こえてくる。相場が下落すればいつものことである。 投資家は、これらの対策に頭を痛めているようです […]

Continue reading...

怪しいやつ

以前、政府は個人マネーを株式市場に呼び込むため、「貯蓄から投資へ」とのスローガンを掲げていた。しかし、ある政治家から「株をやっていると、何となく怪しい(と思われる)」との発言があった。 私は怪しいやつなのか・・・。「怪し […]

Continue reading...

相場気質

現在、株式市場は安値圏から脱出しようとしているところですが、中、長期投資家には歯がゆいところではないでしょうか。安値圏のもちあい期の売買手法は、逆張りが効果的であることは分かっていますが、逆張り手法はいったん相場がブレー […]

Continue reading...

性格に回帰する

今まで私なりに良いと考えられる投資手法やその考え方について述べてきました。しかし、売買技術や理論を習得したからといって誰でも儲けることができるわけではありません。同じ分析システムを利用しても、ある投資家は利益を得て、ある […]

Continue reading...

流れに沿った売買 そのⅡ

我々個人投資家は外部環境がどのようになろうと、したたかにチャレンジして行かなければなりません。前回、どのような相場環境でも継続的な運用を行うには「流れに沿った売買」が適していると解説しました。 暴落などは、投資の世界の恐 […]

Continue reading...

流れに沿った売買

投資手法において、通常の相場展開では、一般的なファンダメンタル分析やテクニカル分析もある程度は機能するでしょう。しかし、相場には考えてもいないような展開も起こります。○○ショックによる急落や要人の発言などによる急騰など。 […]

Continue reading...

体験に勝るものなし

株式市場は世界的に下落した。これは、トランプ米政権が貿易赤字削減に向け、アメリカン・ファーストの一環である保護主義政策を相次いで打ち出した結果である。これらにより世界の株式市場で株価が急落するなど、世界経済は政治リスクに […]

Continue reading...